アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バタンガスからミンドロ島 西海岸 アブラ港へ

2013年11月26日 SMART社 SIM LTEor3G回線更新

旅先での更新のためにアップ出来る画像の枚数が制限されるためにようやくミンドロ島へ出発である。
当日は、宿の近場で朝食と思いつつ、何かと気が焦るので7:00にHotelチェツクアウト

宿の前のブルゴスストリートからパブリックマーケット方向へ歩いた場所から
8ペソのジプニーでバタンガス港へ向う。運良くと言えるか?助手席が空いていたので

最近の旅では荷物を小さめのパタゴニア3WAYバックに変えたのでなんとか足元に置いて
窮屈な体制のなかなのに、若い男が乗り込んで来て、しかも何かと話して来るので


201311270640252dc.jpg


適当にあしらってると、これから向かおうとするアブラ港行きのフェリーが
8:00出発なので急ぐ方が良いとかアドバイスをくれる。その時は何か魂胆があると勘ぐり

話もほどほどに聞いてたのだが、その男は港に到着後もフェリー乗り場の方向まで
教えてくれたおかげで動き回らずに済んだ。。人は見かけによらんってこの事なんだww

バタンガス港から赤色の矢印の地点、アブラ港へ向う。


201311270630130dd.jpg


フェリーの出発時刻は、くだんの男が言ってたように8:00出発でミンドロ島の
アブラ港まで260ペソを支払い乗船名簿にサインするが今日の乗客はかなり少ないようだ

201311271022539d8.jpg


ターミナルフィー30ペソを支払って出発まで時間が無いので、フェリーに急ぎ足で向う。
どうせフィリピンタイムで遅れるのが常と思いつつ焦るのは日本人の性格だ。
それにしても呑気に朝食をとっていたら乗れずじまいで次の便は12:00とか言ってた。。


20131127063013947.jpg


乗り込むと予想通りにガラ空きで船内の座席を自由に移動できた。
それと予想外にフェリーはバタンガス港を定刻の8:00に出航した。

バタンガスを出航して30分くらいしたら右岸に見えた何気に良さげな島である。
目を凝らすとツーリストが泊まれるような施設も見られるが観光客は皆無である。
バタンガス港から、ここまでのアプローチが用意で有るならお手軽リゾートも可能かも


20131127064025ec8.jpg


iPadのGPSで見るとマリカパン島って分かった。
純白の白砂で無いのが欠点だが、空いててのんびり出来そうだ!


20131127063010680.jpg


途中の航海で秘境ミンドロ島をバックに目的のアブラ港からバタンガス港へ向う
フェリーとすれ違った。背後は山深い地形が広がっている。


20131127062757ec2.jpg




20131127102254b97.jpg


出航して2時間30分後の10:30分、ミンドロ島の西海岸窓口であるアブラ港に着岸した。


2013112706275514e.jpg


港から出たところの商店は2008年に始めて訪れた時となんら変わり映えの無いままである
その時は今回の逆のルートでミンドロ島南のロハスからアブラ港へ上がって来たものだ
その時の過酷な西海岸ルートが脳裏に浮かぶ。。今回も再び挑むのかと思うと身が引き締まる


20131127062752554.jpg


だってあの旅から5年の歳月が経ったって事は5歳も年を取った事になるんだから。。
先ずはここアブラ港から乗り合いバンでマンブラオへ向う。


201311271043340f9.jpg



ここをクリックして前回のミンドロ島 横断過去記事をご覧下さい!










2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 下半期 避寒旅 LCC ピーチ航空プロモチケット

2) 2013年11月6日 関空からピーチ航空で沖縄 那覇へ

3) 2013年11月7日 仙台の安倍ちゃん台湾から沖縄へやって来るの巻き

4) 2013年11月8日 オリオンビール工場見学

5) 2013年11月9日 古宇利島 本部 沖縄そば屋 夢の舎

6) 2013年11月10日 沖縄北部 カメラウォッチング

7) 2013年11月11日 那覇 沖縄ワールド

8) 2013年11月13日 名護市から路線バスで那覇市へ戻る。

9) 2013年11月14日 那覇からピーチ航空で台北へ-1

10) 2013年11月14日 那覇からピーチ航空で台北へ-2

11) 2013年11月15日 台北 街ぶら 龍山寺周辺

12) 2013年11月16日 台北郊外 平渓線一日周遊

13) 2013年11月17〜18日 台北からセブパシフィック航空で深夜にマニラ入り

14) 2013年11月19日 マニラベイウォーク散歩〜ダスマリニャスへ向かう。

15) 2013年11月20日 カビテ州 ダスマリニャス エリアC地区-1

16) 2013年11月22日 カビテ州 ダスマリニャス エリアC地区-2

17) 2013年11月23日 ダスマリニャス、トンド地区からの移住者たちが暮らす街

18) 2013年11月25日 ダスマリニャスからバタンガスへ移動

19) 2013年11月25日 ミンドロ島への玄関口 バタンガス

20) 2013年11月26日 バタンガスからミンドロ島 西海岸 アブラ港へ









関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1085-8c70f3cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。