アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


08<<  2017.09 >>10
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミンドロ島 サブラヤン パンダン島リゾート-2

2013年11月28〜30日 SMART社 SIM LTEor3G回線更新


さて前回のミンドロ島、サブラヤン沖に浮かぶパンダン島リゾートの続編で有るが
ここはおのずと知れたダイバーの基地でもある。だからと言ってノンダイバーは楽しめないかと

言えばそんな訳は無い。。スノーケリングセット一式だってリゾート内に併設しているところの
ダイビングショップでレンタル出来るし、その気になればダイバー船に同船も出来ちゃう。。


ここをクリックしてPandan Island Resort, Mindoro, Philippinesご覧下さい!



201311302151339b5.jpg


いろんなリゾートでも言える事だが、ここでも食う・寝る・泳ぐが主たる自分なりの行事

其れに加えて3G回線で対岸のサブラヤンの町の電波を拾ってわりと快適にブログをアップ出来ていた。


20131130215133779.jpg


なんと言っても驚きなのは直ぐ前の海で「沖合い10メートル」も行かずして
アカウミガメが水草を食べてるところを見れちゃう、人間を恐れず慣れているのか

全然逃げないで一心に水草を食べてる。。それで他にはダイバーが言うマクロものも多い
日本を出発以来、カバンの底にしまってた競泳用ゴーグルにスイムパンツが
ここに来て初めて役に立ったってわけかな。。


2013113021522757e.jpg


リゾート内の小道。。夜間はソーラータイプのほとんど灯りとして役に立たない
照明しか点灯しないので懐中電灯は必需品のひとつ


20131130215052a35.jpg


初日はスタンダードルーム1600ペソしか空いてなかったので明くる日はバジェットルームに
移動して来た。ご覧のように長屋タイプなのでこう言ったベーシックな
長屋に理解のない人は、スタンダードに泊まるのが懸命だろう。


201311302150519f1.jpg


初日にあてがわれたスタンダードルームから翌朝に空きが出たので移動したバジェットルーム
共に部屋には鍵もなく一応はカーテンが有るが窓やドアをあけっぴろげのままです。
貴重品、現金・パスポートはフランス人、ボスが自分の部屋で管理してくれます。


20131130215016d33.jpg


スタンダードルームはシャワーとトイレ付き、バジェットルームはコモントイレ&シャワーです。
シャワー及び蛇口から出るのは海水ですが、真水がバケツに用意して最後の締めにかぶるよう
毎日、スタッフが継ぎ足してくれます。部屋のベットには蚊帳があるのみ。

800ペソのバジェットルームって言っても部屋の中にベットが二つもあるので
ひとつを物置にしたりと、狭さは感じられなかったね


20131130215016803.jpg


電気は、トラック用のバッテリーが部屋にありLEDの室内照明が使えるだけ。
TVも扇風機も冷蔵庫もありませんし充電用コンセントも部屋にはありません。
カメラ、携帯、タブレットの充電はダイブショップで昼間(9:00-18:30)のみ可能でタダです。

画像二枚のベットは800ペソのバジェットルームに二つ置いてある。


20131130215227267.jpg


基本的にリゾートでの飲み食いはチェツクアウトの時、後払いなんで財布は預けましょう。
食べ物や飲み物を注文する時は自ら紙に名前を書くようになっているので

知らずに名前を覚えられて、リゾート内を歩いてても、よく名前を呼ばれたものだ
多分、リゾートで、おひとり様は僕くらいなんで珍しいから覚えられてたのかもww


2013113021505165b.jpg


夕食はビッフェ形式で夕食450ペソ、ゲストが少ないせいかあまり品数も少なかった。

最低1食はこのビッフェを利用することが義務付けられているので要注意。


2013120105061691c.jpg


この時は野菜炒めとイカのリングフライ、焼き豚、ポタージュ、サラダ 。。
滞在中は気が向けが泳いでたので、寝てたわりにはお腹も減ってたようで
ビッフェも欲張って取りすぎたかな。。って思っても完食であった。


201312010958202c9.jpg




20131201051314ba0.jpg


夕食の強制ビッフェ以外は、ここから注文可能

15:00には営業を終わりビッフェまで、何も頼めないシステムだ。


20131201051720f75.jpg


朝食や昼食はメニューからオーダー形式で可能だ
対岸のサブラヤンでパン・缶詰・カップヌードル・菓子類を持ち込もといいよ
冷蔵庫がないので日持ちのするものを選ばなきゃーね


201311302150178bf.jpg


水とインスタントコーヒーは食堂脇に置いてたので勝手に飲んでたけど
有料だったかも知れない、別段、なんにも言われなかったww










2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 下半期 避寒旅 LCC ピーチ航空プロモチケット

2) 2013年11月6日 関空からピーチ航空で沖縄 那覇へ

3) 2013年11月7日 仙台の安倍ちゃん台湾から沖縄へやって来るの巻き

4) 2013年11月8日 オリオンビール工場見学

5) 2013年11月9日 古宇利島 本部 沖縄そば屋 夢の舎

6) 2013年11月10日 沖縄北部 カメラウォッチング

7) 2013年11月11日 那覇 沖縄ワールド

8) 2013年11月13日 名護市から路線バスで那覇市へ戻る。

9) 2013年11月14日 那覇からピーチ航空で台北へ-1

10) 2013年11月14日 那覇からピーチ航空で台北へ-2

11) 2013年11月15日 台北 街ぶら 龍山寺周辺

12) 2013年11月16日 台北郊外 平渓線一日周遊

13) 2013年11月17〜18日 台北からセブパシフィック航空で深夜にマニラ入り

14) 2013年11月19日 マニラベイウォーク散歩〜ダスマリニャスへ向かう。

15) 2013年11月20日 カビテ州 ダスマリニャス エリアC地区-1

16) 2013年11月22日 カビテ州 ダスマリニャス エリアC地区-2

17) 2013年11月23日 ダスマリニャス、トンド地区からの移住者たちが暮らす街

18) 2013年11月25日 ダスマリニャスからバタンガスへ移動

19) 2013年11月25日 ミンドロ島への玄関口 バタンガス

20) 2013年11月26日 バタンガスからミンドロ島 西海岸 アブラ港へ

21) 2013年11月26日 ミンドロ島 アブラ港〜マンブラオ〜サブラヤン

22) 2013年11月26〜27日 フィリピン ミンドロ島 サブラヤン

23) 2013年11月28〜30日 ミンドロ島 サブラヤン パンダン島リゾート-1

24) 2013年11月28〜30日 ミンドロ島 サブラヤン パンダン島リゾート-2




関連記事


コメント
なるほど
良いとこみたいですね
[2013/12/01 12:16] URL | バボイパパ #fmVf3aaY [ 編集 ]

バボイパパさんへ
他の東南アジアでも言える事ですが
地方へ行くほど、その国の良いところが見えて来ますね
[2013/12/02 07:21] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]

パンダン島~
オバンでございます。パンダン島良さげですね、おフランス人オーナーならご飯も美味しいかな…? ビーチは白いみたいですが珊瑚礁はどうでしょうか? 一島一リゾートで部屋数も少ないし!! 素敵♪しかし、カミギン島もちょっと興味深い~
[2013/12/05 23:15] URL | 仙台長なす姉妹・姉 #- [ 編集 ]

Re: パンダン島~
ビッフェはまったくのフィリピン料理ですね
ダイバーのリゾートって感じで全体がシンプルでした。

カミギンもローカルな地でリゾートと呼ぶにはかけ離れるかも?
でも僕はそう言ったところを愛してやまないのですww
[2013/12/07 07:12] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1089-477106fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。