アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


06<<  2017.07 >>08
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミンドロ島 ロハス港からパナイ島 カティクラン、その後はイロイロ市へ

2013年12月1日 SMART社 SIM LTEor3G回線更新

ミンドロ島 西海岸ルートでロハスまでたどり着いたものの。。。

前回の続きであるがロハスの港を早朝4:00出発でパナイ島のカティクランまで行くのであるが
フェリー チケットの販売は更に1時間も早いAM3:00。。もはや、真夜中って
言ってもいいような時間だけに大分悩みましたが、結果は思い切ってよかったです。


2013120316063647f.jpg


ミンドロ島ロハスから赤い矢印のパナイ島 カティクランへ向かう。
矢印のすぐ上の小さな島はボラカイ島

いつもそうだが情報の少ない土地。。
だいたいが、ガイド・ブックに載っているような場所ではないんだし、今のこの時代

ネットで検索すればほとんどの情報が手に入れられるのだが、僕が選んでるコースは
ネットでも十分な情報が無いし、そんな場所を記事にしているガイド・ブックなんてもちろん無い


20131203160132bbe.jpg


フェリー会社のスタッフが申すには、出発1時間前にはチケットを購入しておくこと。。
理由はこれだ。。バス+フェリーのジョイントチケットの客が、これでもかというくらい
ロハスの港へやって来る。。乗客は一旦バスから降ろされるので待合室は溢れかえっていた。


201312031601335a6.jpg


パナイ島側から到着したフェリーからも吐き出されるようにジョイントバスが出て来た
マニラからミンダナオ島。。またはそれの逆だ。。
アロヨ政権の時代に公約したこれぞナショナルハイウェイだ。。


201312031601280f2.jpg


まるでアルカトラズ刑務所へ収容される服役者のように規則正しく並ばされ少しでもはみ出すと

看守から罵声を浴びせられ全員二列に並ばされフェリーに乗り込むのであるww


201312031601207d1.jpg


午前6:00ようやく空は白ばみ明るくなって来た。

どこで迎えようが一日の始まりは良いもんだね。。


20131203160634986.jpg


乗船前にチケット売り場のスタッフによるとパナイ島までの航海時間は4時間とも5時間とも
曖昧な答えが返って来た。それでも航海は順調に8:40分頃にはボラカイ島付近沖の

カティクラン港、近くまで来ていたのに数珠繋ぎになってるフェリーの入港待ちである。
GPSで見た地図の青点の位置で2時間は待たされカティクランに入港出来たのは11:00過ぎである。


20131203160127f4d.jpg


ようやくカティクランに到着、2008年に訪れた際に、初めてボラカイ島に来た十数年前との
ギャップ。。自然な島から人口に作り出された島に変わり果てていた。そんな訳から
今回はスルーしてパナイ島 北東部のロハスへ向かおうと予定したのだが。。。


20131203155945a10.jpg


港から歩いて直ぐの所にガソリンスタンドが有り、そこがバスの停車場となっていた。
ロハスへ行くには11:30分発のセレスバスで先ずはシグマと呼ばれる町まで乗り
そこからロハス行きのバスに乗り換えれば良いと教わる。シグマまで240ペソ


201312031559429af.jpg


カティクランを出発したバスはカリボ「ボラカイへアプローチのもう一つの空港がある町」13:00に到着
ここで乗客がたくさん乗って来てほぼ満席で13:20分に出発し、暫くすると風景に変化が現れる。
これって前回の台風の爪痕だよね?。。

下記の地図上の赤い矢印付近が最も台風の被害を受けていた。


2013120317320439b.jpg


レイテ島のタクロバンを中心に甚大に被害を引き起こした台風30号、記憶にも新しいと思う
サマール島からレイテ島、パナイ島とフィリピン中部ビサヤ諸島を横断しているだけに
今回の旅で一番の難所と予想はしていたが、未だ復旧に手間取ってるようで

道中、幾つかの町をバスは通過しているのだが商店に灯りが確認出来ないのである。
この様子だと目的地のロハスの町も電気が通って無いのでは無かろうか。。
エアコンは贅沢として扇風機くらいは使わないと熱帯の地で寝れるだろうか


20131203155935b7f.jpg


台風の経路からして、確実にロハスは被害を受け電気は来てないだろうな。。
行くべきか、どうしたもんだろう。。
そんな中、バスは途中からも、たくさんの人が乗って来て通路にまで椅子を並べだす始末


2013120315594443e.jpg


そろそろロハスへの乗り換え地点であるシグマの町が迫って来たのがiPadのGPSを見れば
自ずと分かる。。どうしょう。。昔に行ったパラワン島の僻地ポートバートンでも

当時は電気の通ってないコテージが多くてローソクで生活したんだけど、夜間は扇風機も無く
風も凪いでたので寝付けず、うつらうつらで夜明かしした辛い思い出が脳裏をかすめる


20131204082637415.jpg


あらかじめ車掌にはロハスへ行くと伝えていたので、15:10分に乗り換え地点である
シグマの町に着いたと車掌が合図して来たので両腕でバッテンを作り予定変更

終点のイロイロの町まで乗るよって伝えアディショナルチャージ120ペソを支払い
反対側車線で待機していたロハス行きのドライバーに頭を下げるのであった。


20131203155941020.jpg


画像は終点のイロイロ市郊外のバスターミナル、市内まで行くと思ってたのに大外れ
どうやら最近は他でも見られたが市内の渋滞を避けるために郊外発着が多くなって来たようだ


201312031901202dd.jpg


GPSの青い点が郊外のバスターミナルの位置で市内までは乗り込んでいない

ここまで乗って来たセレスバスのドライバーに市内までのアプローチを聞くと
私が外人であるからかタクシーで行くように勧められる。

それならばとジプニーのドライバーに1人ひとり聞きまわり市内のロビンソンなら
通るよって言われたので乗ることに満席のジプニーは12ペソで市内まで20分近く掛かった。










2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 下半期 避寒旅 LCC ピーチ航空プロモチケット

2) 2013年11月6日 関空からピーチ航空で沖縄 那覇へ

3) 2013年11月7日 仙台の安倍ちゃん台湾から沖縄へやって来るの巻き

4) 2013年11月8日 オリオンビール工場見学

5) 2013年11月9日 古宇利島 本部 沖縄そば屋 夢の舎

6) 2013年11月10日 沖縄北部 カメラウォッチング

7) 2013年11月11日 那覇 沖縄ワールド

8) 2013年11月13日 名護市から路線バスで那覇市へ戻る。

9) 2013年11月14日 那覇からピーチ航空で台北へ-1

10) 2013年11月14日 那覇からピーチ航空で台北へ-2

11) 2013年11月15日 台北 街ぶら 龍山寺周辺

12) 2013年11月16日 台北郊外 平渓線一日周遊

13) 2013年11月17〜18日 台北からセブパシフィック航空で深夜にマニラ入り

14) 2013年11月19日 マニラベイウォーク散歩〜ダスマリニャスへ向かう。

15) 2013年11月20日 カビテ州 ダスマリニャス エリアC地区-1

16) 2013年11月22日 カビテ州 ダスマリニャス エリアC地区-2

17) 2013年11月23日 ダスマリニャス、トンド地区からの移住者たちが暮らす街

18) 2013年11月25日 ダスマリニャスからバタンガスへ移動

19) 2013年11月25日 ミンドロ島への玄関口 バタンガス

20) 2013年11月26日 バタンガスからミンドロ島 西海岸 アブラ港へ

21) 2013年11月26日 ミンドロ島 アブラ港〜マンブラオ〜サブラヤン

22) 2013年11月26〜27日 フィリピン ミンドロ島 サブラヤン

23) 2013年11月28〜30日 ミンドロ島 サブラヤン パンダン島リゾート-1

24) 2013年11月28〜30日 ミンドロ島 サブラヤン パンダン島リゾート-2

25) 2013年11月30日 ミンドロ島 サブラヤンからロハスへ移動

26) 2013年12月1日 ミンドロ島 ロハス港からパナイ島 カティクラン、その後はイロイロ市へ






関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1091-d03f5967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。