アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パナイ島 イロイロ市 安宿 ゲストハウス

2013年12月1〜5日 SMART社 SIM LTEor3G回線更新

ミンドロ島では台風30号の経路から微妙に外れていたのか被害を見ることは無かった。
それとは裏腹にミンドロ島からパナイ島へ渡ってみて感じたのは当初の思惑どおり

ウルトラ台風の爪痕をこの目で垣間見てパナイ島での地方都市に滞在する予定を
全て切り上げ路線バスを途中下車するのを取りやめてイロイロ市まで抜けて来た。

そんな訳から前倒しの為に当然の如く3〜4日、余裕が出来たのでイロイロ市で
少し日程調整をしようと思うのだが。。何事も予想に反するのが世の常である。


20131204112417653.jpg


さてカティクランから一気にパナイ島を縦断しイロイロ市までバスに乗り通したのだが
市内まで乗り込んでくれると思っていたバスが郊外のバスターミナルで降ろされて

ジプニーで市内へ入ろうと思うが日も暮れて真っ暗、おまけに日曜日と来たもんだから
閉まってる商店も多く、陰気でうすら淋しいなか自分なりにランドマークにしていた
ショツピングモール「ロビンソン・SM」で降ろして貰えるようにドライバーに伝えておいた。

赤い矢印が目的のゲストハウスである。


20131204111934444.jpg


画像はあくる日の明るい時に宿の全貌が分かるよう撮り直した。
ジプニーを降りてから安宿を探すにあたり何人に聞いただろうか。。

フィリピン人は親切に教えてくれるんだが人によって正反対な事を言われるので困る。。
教えて貰ったのがこのOng Bun Pension House 昼間に見ると大きく分かり易そうなんだが
なにぶん入り口が非常に小さく夜間は見つけずらかった事このうえない


20131204112003e24.jpg


このHotelと言うかペンションなんだがペンション内はそこそこ立派なうえスタッフも明るく

客室も多く陰気さは微塵も感じさせないのがいいよね。。 そんなことから凄く流行っていた。


20131204113339f9f.jpg


それでいて料金もとってもリーズナブルな価格設定なんだわ
そこで目に付いたのが今時のご時世に個室のシングルで150ペソ 320円。。

えー歳こいて泊まるほどではないのだけど、ここは一発、ブログネタに泊まってみよう!


20131204112000ea4.jpg


個人差もあるだろうが値段の割には、まだまともと思わないかな??

同じフロアーには無料給湯器があって冷たいミネラルウォーターも自由に飲める。


20131204111934039.jpg


ただ、けっこう暑がりの僕には多少辛いところが正直あった。
普通にファンルームでOKの人なら大丈夫なんだろう。。

しいて言えば同じ料金設定で建物の外側に窓が設けられてる部屋が多数あって
夜間は涼しい風が入り込むので、最初にレセプションでリクエストしてみよう


201312041120049e7.jpg




20131204111934a5a.jpg


ビサヤ諸島の最西端にあるのがパナイ島であり
イロイロ市はこの島の経済,農業の中心地で経済は全体に潤ってそうだ
50kmほどの狭い海峡をはさんで次に訪れるネグロス島のバコロド市と向かい合っている。


20131204162056f9e.jpg


到着のあくる日は、汗だくになるまでイロイロ市の中心部を歩きまわった

暑さに負けてフラフラになりかけると大手のショツピングモールが軒を連ねてるので逃げ込んだ。


2013120411200103c.jpg


ただ中心部のショツピングモールが連ねてる辺りは、よく似た景色だけに

時折、方向音痴になってしまい宿までの道を見失う事も何度かあった。


20131204111846b05.jpg


イロイロ市の第一印象は、暑いのひと事である。
それと人口が多い。。フィリピン各地で言える事なんだが学生の数も群を抜いている。
港町なんだろうか商船大学生の姿も多く見かけた。


20131204162057d6b.jpg




201312041118432ee.jpg


イロイロ市はスペイン植民地時代の残景が残っており比較的時代がかった建物も
数多く残っているのだが老築が進むだけに建物は一応に新しくペインティングが
施されてされているのが写真を撮るうえに残念である。


ここをクリックして2008年のイロイロ市のリペイントされる前の建物と現在との違いご覧下さい!


20131204111842125.jpg


明日は、ここイロイロ市でもビザの更新が可能じゃないかと先にイロイロ市に到着している
タクシンさんからメールが有りググって見ると過去に何人かの日本人もエクステンションされてる
ようなのでドゥマゲッティで更新予定であったが可能なら試してみようと思う。










2013年度 1月20日 避寒 越冬旅立ち フィリピン~インドシナ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 下半期 避寒旅 LCC ピーチ航空プロモチケット

2) 2013年11月6日 関空からピーチ航空で沖縄 那覇へ

3) 2013年11月7日 仙台の安倍ちゃん台湾から沖縄へやって来るの巻き

4) 2013年11月8日 オリオンビール工場見学

5) 2013年11月9日 古宇利島 本部 沖縄そば屋 夢の舎

6) 2013年11月10日 沖縄北部 カメラウォッチング

7) 2013年11月11日 那覇 沖縄ワールド

8) 2013年11月13日 名護市から路線バスで那覇市へ戻る。

9) 2013年11月14日 那覇からピーチ航空で台北へ-1

10) 2013年11月14日 那覇からピーチ航空で台北へ-2

11) 2013年11月15日 台北 街ぶら 龍山寺周辺

12) 2013年11月16日 台北郊外 平渓線一日周遊

13) 2013年11月17〜18日 台北からセブパシフィック航空で深夜にマニラ入り

14) 2013年11月19日 マニラベイウォーク散歩〜ダスマリニャスへ向かう。

15) 2013年11月20日 カビテ州 ダスマリニャス エリアC地区-1

16) 2013年11月22日 カビテ州 ダスマリニャス エリアC地区-2

17) 2013年11月23日 ダスマリニャス、トンド地区からの移住者たちが暮らす街

18) 2013年11月25日 ダスマリニャスからバタンガスへ移動

19) 2013年11月25日 ミンドロ島への玄関口 バタンガス

20) 2013年11月26日 バタンガスからミンドロ島 西海岸 アブラ港へ

21) 2013年11月26日 ミンドロ島 アブラ港〜マンブラオ〜サブラヤン

22) 2013年11月26〜27日 フィリピン ミンドロ島 サブラヤン

23) 2013年11月28〜30日 ミンドロ島 サブラヤン パンダン島リゾート-1

24) 2013年11月28〜30日 ミンドロ島 サブラヤン パンダン島リゾート-2

25) 2013年11月30日 ミンドロ島 サブラヤンからロハスへ移動

26) 2013年12月1日 ミンドロ島 ロハス港からパナイ島 カティクラン、その後はイロイロ市へ

27) 2013年12月1〜5日 パナイ島 イロイロ市 安宿 ゲストハウス







関連記事


コメント

イロイロで私も同じ宿に泊まりました。
確かあじあのさんのブログ仲間の方が載せていたので。
ただ、日差しが部屋に入り過ぎ、夜になっても暑くて難儀した記憶が、、w
あとイロイロって、比の中では結構、裕福なところかなと思いました。
[2013/12/05 22:17] URL | levin #Wa8vY8KE [ 編集 ]

ievinさんへ
そうですか同じ宿とは。。
西側の部屋だったのかな?
確かに夜になっても昼間に温められ温度の下がらない
部屋って有りますよね。
僕は腕時計に付けたコンパスで西向きか調べる時があります。
[2013/12/07 07:06] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1092-6c1b51d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。