アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


帰国までの数日、マニラでの日々(2) 帰国

2013年12月21~24日

今回のすべての工程を終えてふりだしのマニラへ戻って来た。
今までならだいたいマニラへ戻ると帰国後に日本で着る衣類を求め

なんでもありの『グリーンヒルズ・ショッピングセンター』へ仕入れに行くのが
ひとつの行事になっていたのだが、厳冬期に日本で滞在しているのがわずかなだけに

前回いやぁ。。前々回に買ってまだ袖の通していないのがタンスの奥に眠っている
先先の夏物を買う気もしないので今回はマニラ滞在中はあてもなしに街をぶらついただけで終わった。


2_2014010806572087a.jpg


朝起きてからの行動はだいたいいつも同じで、宿のあるマビニ通りから
ロハスブルーバードの方向へ歩き、アメリカ領事館がある手前の歩道橋を
渡ってマニラ湾沿いのベイウォークってとこを海沿いに歩きヨットハーバーまで向かう


3_20140108065725a0d.jpg


定宿のあるエルミタ・マビニ通りのいつもの風景
家があるのか無いのか、ペディキャブ(自転車タクシー)のドライバーが
人目もはばからず寝ている横を通り抜けロハスブルーバードへ向かう。


6_2014010806575959d.jpg


マニラ湾沿いの遊歩道、ベイウォークを歩き終えるとヨットハーバーにたどり着く
一部のお金持ちが停泊させてるマニラヨットクラブと不法に住居を建てている
貧民の生活が隣り合わせているのもフィリピンならではの光景である。


1_20140108065716deb.jpg


マニラ滞在中に通うところのひとつで、宿の前からジプニーに乗っかり終点の下町の
サンタクルスで降りるそこは繁華街なんだが先ず観光客が足を向けない地区なので
庶民的で飾り気のない一帯であり、何度通っても飽きることがない


9_20140108065813b16.jpg


興味が少しでも湧けばあてもなしに路地へ入りこみ好奇心のまま歩く


7_201401080658044b3.jpg



8_20140108065808d9d.jpg


上記二枚の画像はバクララン・マビニ方面からのジプニーが停車して

大多数の人が下車するサンタクルス地区で隣はチャイナタウンの入口である。


11_20140108070404384.jpg


サンタクルスでジプニーを下車した後はキアポ地区へ向かい歩くも良し
今回のようにデリソビア地区へ歩くも良し、興味本位のまま歩けば良いだけだ

いずれにしろサンタクルスは下町ウォークの起点になるだけに
エルミタ・マビニ地区からのるジプニーではダントツに利用回数が多いね


10_201401080658171c6.jpg


画像は上記二点も含めてデビソリア地区であり華僑が多く住む土地だけに

問屋も含め商店が軒を連ねている。正月用のポチ袋を売る小さな商売人も頑張っていた。


12_201401080704096a5.jpg


日本も同様だけど年末にかけての繁華街は人の混みようは半端じゃなかったね

買い物客がほとんどだけど、盗みを商いにしている不届き者も含まれている。


4_201401080657309c4.jpg


おまけに、こんなとこにでも車が入って来るもんだから身動きが取れない
バックなんて後ろに背負っていたら渋滞を抜けた頃にはナイフで切られ中身は
神からの授かりものと良いように解釈され持ってかれてるのがオチだろうね


5_2014010806573591f.jpg


デビソリアも泥棒市場あたりまで来るとまともに歩けるようになる
ただこの辺りは市場から出るゴミの収集場で12月といえ昼間の太陽で
熱せられ腐敗した生ゴミからの異臭が鼻孔にまとわりついてくる


13_2014010807041502d.jpg


この辺りは昔、鉄道が通っていたのか線路の跡が残ってるだよね


14_20140108070420f38.jpg


デビソリアからは、ここまで乗って来たジプニーの逆でバクララン方面行きに乗って
いつもなら宿から近いLAcafe(現在はマニラベイcafe)付近で降りるのだが

今日はもう少し先のハリソンプラザまで乗っかり、ショッピングセンター内で
帰国に際しての菓子類などを買い込んでから宿へ戻った。

ここも泥棒が多いので有名なショッピングセンターだからね
今日は泥棒も含め立ちんぼのご婦人もクリスマス前だけに大勢来店されていた。


15_201401080704235d2.jpg


Merry☆Christmas(正確に言えばイブ)のフライトは実にいいわ~
クリスチャンのフィリピン人はこの両日は家族でパーティーなのか移動しないだけに
大阪行きのフライトもがらがら、一人で三席独占の人がいっぱい(笑)

今回も旅ブログを最後まで見て頂き有難う御座いました。
沖縄をかわきりに台湾~マニラ、その後は陸路で移動しもって

気に入った土地と出くわしたら途中下車、勝手気ままないつもの一人旅が
これにてThe End になりました。まだまだ紹介しきれていない画像が残っていますので
暇をみて差し入れて行きますので時々、チェツクしてみてくださいね。。

フィリピンで出会った人々の感謝は決して忘れません。。マラミン・サラマット!








2013年度 RICOH GR APS-C 沖縄 台湾 フィリピン旅



下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2013年度 下半期 避寒旅 LCC ピーチ航空プロモチケット

2) 2013年11月6日 関空からピーチ航空で沖縄 那覇へ

3) 2013年11月7日 仙台の安倍ちゃん台湾から沖縄へやって来るの巻き

4) 2013年11月8日 オリオンビール工場見学

5) 2013年11月9日 古宇利島 本部 沖縄そば屋 夢の舎

6) 2013年11月10日 沖縄北部 カメラウォッチング

7) 2013年11月11日 那覇 沖縄ワールド

8) 2013年11月13日 名護市から路線バスで那覇市へ戻る。

9) 2013年11月14日 那覇からピーチ航空で台北へ-1

10) 2013年11月14日 那覇からピーチ航空で台北へ-2

11) 2013年11月15日 台北 街ぶら 龍山寺周辺

12) 2013年11月16日 台北郊外 平渓線一日周遊

13) 2013年11月17〜18日 台北からセブパシフィック航空で深夜にマニラ入り

14) 2013年11月19日 マニラベイウォーク散歩〜ダスマリニャスへ向かう。

15) 2013年11月20日 カビテ州 ダスマリニャス エリアC地区-1

16) 2013年11月22日 カビテ州 ダスマリニャス エリアC地区-2

17) 2013年11月23日 ダスマリニャス、トンド地区からの移住者たちが暮らす街

18) 2013年11月25日 ダスマリニャスからバタンガスへ移動

19) 2013年11月25日 ミンドロ島への玄関口 バタンガス

20) 2013年11月26日 バタンガスからミンドロ島 西海岸 アブラ港へ

21) 2013年11月26日 ミンドロ島 アブラ港〜マンブラオ〜サブラヤン

22) 2013年11月26〜27日 フィリピン ミンドロ島 サブラヤン

23) 2013年11月28〜30日 ミンドロ島 サブラヤン パンダン島リゾート-1

24) 2013年11月28〜30日 ミンドロ島 サブラヤン パンダン島リゾート-2

25) 2013年11月30日 ミンドロ島 サブラヤンからロハスへ移動

26) 2013年12月1日 ミンドロ島 ロハス港からパナイ島 カティクラン、その後はイロイロ市へ

27) 2013年12月1〜5日 パナイ島 イロイロ市 安宿 ゲストハウス

28) 2013年12月1〜5日 パナイ島 イロイロ市でビザエクステンション 更新

29) 2013年12月1〜5日 イロイロ市から西に40km ミアガオ教会

30) 2013年12月5日 パナイ島 イロイロからネグロス島 バコロドへ移動

31) 2013年12月6日 ネグロス島 ハワイアンフィリピン製糖工場

32) 2013年12月6日 ネグロス島 ハワイアンフィリピンカンパニー 自転車トロッコ

33) 2013年12月6日 ネグロス島 バコロド近郊のシライ市

34) 2013年12月8日 ネグロス島 バコロドからバスでドゥマゲッティへ

35) 2013年12月8日 ネグロス島 ドゥマゲッティで1泊

36) 2013年12月9日 シキホール島へ渡る。

37) 2013年12月10日〜 シキホール島 レンタルバイクでうろうろ

38) 2013年12月13日 シキホール在住邦人 豊臣秀吉(仮名)宅へ

39) 2013年12月15〜17日 シキホール島 民宿 加藤

40) 2013年12月17〜18日 シキホール・ラリナ港からセブ島へ深夜フェリーで向かう。

41) 2013年12月18日 セブシティ エアコン付き最安値・安宿

42) 2013年12月19日 セブシティ カルボンマーケットに夜のバーベQ 屋台街

43) 2013年12月20日 マクタン島 ・ラプラプマーケットへ渡船で向かう。

44) 2013年12月21日 帰国までの数日、マニラでの日々(1)

45) 2013年12月21~24日 帰国までの数日、マニラでの日々(2) 帰国







関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1114-b0c993f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。