FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


マニラからセブへ ダウンタウン底辺の安宿

2014年1月22日 アヤラショツピングセンターフリーWi-Fi 回線 ipad mini 更新

今回の越冬での使用 機材 RICOH GR APS-C

さてさて魑魅魍魎なマニラで二泊した後にセブへと向かいます。
シキホール島が目的地なんで、本来ならドゥマゲッティまでフライトするのが普通だろうが

既に何度もブログで書いてるようにマニラからドゥマゲッティまでのフライトは
日に数本しか有りません。ところがセブへの便は1時間おきに飛んでるって言っても過言ではない

何が言いたいかと申し上げると、他社の航空会社も含めて乗り入れてるって事は価格競争が
言わずと知れ起こる訳でございまして、今回もその恩恵を受けて2000円ほどで来れました。


20140123081634b2f.jpg


セブからは料金が割高だが、セブ・ドゥマゲッティ間はCeres Linerの直行バスが
結んでおりこれを利用すれば乗り換えなしで移動できる。
他にはセブ南バスターミナルとLiloanの間は、乗合バンも結んでいる。

僕の場合はセブ南バスターミナルからCeres Linerのバスでセブ島南端のLiloanへ
そこからボートで、ドッマゲッティの中心から5kmほど北にあるSibulanの港へ渡り
港からはジプニーでドゥマゲッティの市場まで乗り継ぐのが恒例となっている。


201401230816271d8.jpg


フィリピンって、訳わかんない面白い国って書きましたが、航空会社も言える事で
例えばWebで航空券を予約発券する場合の一環で座席まで指定しちゃうと別途料金が
掛かるんですよね「僕はいつも指定無しの0円」なんですが

ところが当日に空港へ出向きATMのような機械でチェツクインすれば
空いてさえすれば前の方の座席、窓側・通路側を難なく0円で取れちゃう。。

日本のピーチだったら、問答無用で機械が勝手に席を決めてボーディングパスが出て来る。
それでもって機内へ入り座席がガラガラで有ろうが機内アナウンスで座席の移動は

禁じられてますと報じている「ようは有料で指定した客への配慮」なんだろうが。。
この辺りの曖昧さもゆるゆるのフィリピン。。愛すべきとこである。


20140123081640022.jpg


マニラ発10:20分のセブパシフィック航空は快適に11:35分にセブ・マクタン空港到着
マクタン空港からゲストハウスがあるガイサノメトロ周辺まではタクシーで向かう。

料金はチップ込みで220ペソ、先ずは人気のザ・ガーディアHotelに寄るが
シングル550ペソ1200円の部屋はフルブッキングで700ペソ1500円の部屋しか空いてなく

@ 画像はHPH ホープペンションハウスのレセプション


20140123081437e11.jpg


明日も空くかどうか分からないと強気である。それならばと前回に泊まった
HPH ホープペンションハウスへ向かうがあいにく、トイレ・シャワー別の

エアコン380ペソ800円の部屋しか空いてないと言われる、このクラスになると
部屋にコンセントが無いのでデジタルパッカーには少々不便である。
希望も含めてオススメは480ペソ1000円のトイレ・シャワー付きの部屋である。

@ 画像はHPH ホープペンションハウスの料金表


201401230814034dc.jpg


迷おうが他に選択技が無く明日はチェンジねとひと言伝えて部屋に入ると運良く部屋には
珍しい事にコンセントが有り助かる、この程度で喜んでるのが何とも情けないww

無い部屋も多いのかレセプションで待っていると携帯の充電をレセプションに頼む客も現れる。

@ 画像はHPH ホープペンションハウスの380ペソ800円のエアコン部屋


201401230814198b7.jpg


料金だけで言うと◯◯の歩き方に載っているマクシェリーペンションHOUSEの
ファンルームと同等か安いくらいである。マクシェリーではWi-Fiは使えないが
一応はフリーWi-Fi ゆるゆるでは有るが各部屋の室内でも電波は届いている。

@ 画像はHPH ホープペンションハウスの380ペソ800円のエアコン部屋


ここをクリックして2013年に訪れた、この場所の記事をご覧下さい!


3_2014062805043369a.jpg


セブシテイのダウンタウン地区をはじめマニラで言えばキアポ地区等の繁華街を歩かれて
気がつかれた方も多いと思うが頭上の看板に『LOGE』と書かれた怪しそうなホテル?

日本で言うと時間貸しのラブホテルの様な類にあたると言えば良いか
フィリピンでは住宅事情も含め一世帯辺りで多くの人間が共同生活している環境上
このような宿を利用している若者(死語)を多く見かける。


2_20140628050431940.jpg


もちろん旅行者であろうが、おひとり様であろうが利用は出来る
エアコンも完備されてる部屋もあるので治安の悪い夜中に到着した場合などは
時間貸しを有効利用してコスパに朝まで過ごすと割り切れる方ならOKかも


1_20140628050429f12.jpg


もちろん、その手のお誘いも覚悟のうえで、ボーダーHOUSEとして利用されては如何かな?
私はまだ見物だけで、一歩を踏み出した事が無いだけに泊まられた方は是非レポートお待ちしておりますww










2014年度 1月20日 RICOH GR APS-C 2014年度 越冬旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2014年1月20日 越冬移動旅 先ずはフィリピンへ

2) 2014年1月20日 関西空港からJET STER 航空でマニラ、出発ロビーからタクシーで市内へ

3) 2014年1月21日 マニラ散歩 チャイナタウンで蘭州拉麺を喰らう。

4) 2014年1月22日 マニラからセブへ ダウンタウン底辺の安宿




関連記事


コメント
はじめてのフィリピン
いつも楽しみにみています
いってみたくなり質問ですが
来年1月にはじめてセブに行こうと思います
はじめてでしたらマニラも行ったほうが
いいでしょうか
[2014/07/16 09:31] URL | 松本 #- [ 編集 ]

松本さんへ
こんにちはご贔屓頂きありがとう御座います。
渡航の日数にもよりますが是非ともマニラを見て下さい

フィリピンの混沌が凝縮された場所であり
良くも悪くも今なお抱えているフィリピンの貧困、たくましさが
嫌にも目に飛び込んで来るでしょう!
[2014/07/22 04:05] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1119-8e4a8832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY