アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ・シラチャ・ゲストハウス・安宿 SRIVICHAI HOTEL

2014年3月7日 THAI AIS SIM 700B/Month 回線 ipad mini 更新
今回の越冬での使用 機材 RICOH GR APS-C

さて、バンコクスワンナープ空港で一夜を明かし事前に聞いていたシラチャまでの
アプローチをあたってみるために空港1階をうろうろ ( 前回の項を参照 )

聞くと空港からは大型バスでのアクセスは無くて苦手なロットウ ( 1BOX バン )に限られ
久しぶりにロットウに乗車するもののドライバーは早朝のハイウェイをぶっ飛ばし
約1時間で下記の赤い矢印の地点 ( シラチャ・ロビンソン前 )で降ろされた。


201403091956216b0.jpg


ロットウから降ろされた場所には、お約束のぼったくりトゥクトゥクが待機していて
これ見よがしに声をかけて来るが一切無視を決め込み予め下調べをしていた
左端の青い丸印の地点に安宿が数軒あるとの情報なので向かう事に…

地図で見る限りの距離感ではじゅうぶん歩けそうなので、取り敢えず海の方角へ
向かい歩き出すが、さすがに聞いてはいたがシラチャの町は日本企業進出を皮切りに
日本人居住街となり、世界でも有数の日本人街として成長しているだけに

在住邦人をターゲットとした、日本語で書かれた食堂やらBARが連立して建っていて
有名処では吉野家・丸亀製麺・お好み焼き… フィリピンでは餌と題し日々三度の
貧しい食事上の境遇の身であっただけに、たったこれだけで顔がにやけてきたww


201403091955311f0.jpg


ロビンソンの前からほぼ道路に従ッて10分も歩くと交通量の多い道路が有り
そこを横断して突き当たったところが、SRIVICHAI HOTELの大きな看板が見えた。

この看板からを境にホテルの敷地は全てが海上に建っており
一応は水上コテージだが、海水の色はどんより濁り、直視するのも阻まれる。
一日で潮の満ち引きが大きく有るだけに匂いは感じられないのが何よりである。

それでも外出から戻ると海風のせいも有るがアスファルトが無い分、体感的には
2~3℃は涼しく夜間は扇風機でさえ止めるほどである。
コスパにファンルーム派なら、オススメの宿と言えるだろう!


2014030919561784d.jpg


ところが、レセプションでタイ語しかほぼ理解し得ないスタッフに満室と言われ
仕方なしに他を探がそうとした時に椅子に座ってた先ほどまでタイ人とばかり思っていた

人が私を日本人と知ると驚き、その方はシラチャに10年は住まれてる方でノブさんと
紹介され、親切に隣の宿を紹介してくださり見に連れてくれると言うのでついていく

隣も海上に宿が建っており、だいたいよく似た作りなんだけど共同スペースやらの
テラスが小さい、部屋は空いてはいたが海側に張り出したベランダから遠く

何と無く湿っぽい感じだったので、ノブさんに最初のSRIVICHAI HOTELに
空きが出たら、ひと部屋を確保しておいて欲しいとタイ語で伝えて貰いに戻ると

タイ語で伝えるものだから要領が得たのか、掃除が済んで無い部屋がひとつだけ有ると
先ほどの満室から話が一転し、ノブさんのおかげで部屋を確保することが出来た。

上記画像のように、レセプションを抜け延々と続くような桟橋を歩いて部屋に戻る。
この時点で体感温度が下がりホッとする。画像の左側も全てが部屋である。


201403091956153e4.jpg


今回は長期で借りられてる方がいて泊まれ無かったが
この宿で一番のお勧めの突端にある部屋である。

ファン・TV・トイレ・シャワー 400バーツ 1300円
画像は突端のルームNO-1、その隣でNO-2 NO3 が次にお勧め順です。


20140309195528e0c.jpg


突端の一番のお勧めルームから続いて300バーツの部屋が並んでいる。


20140309195613b41.jpg


お隣さんはイサーン地方 (タイ・東北地方) からの家族で、顔を合わすとイサーンの人が
好むおやつで虫食いの習慣が有り食べろってなんともフレンドリーなのだが
さすがに好き嫌いの少ない私でもゲテモノだけは遠慮させて頂いた。


2014030919553233e.jpg


共同スペースも広いでしょう…
テラス好きのファラン(白人客)はここにはいないので、いつでも空いている。
夕食前は、ここで飲んでから町へ繰り出す日々であった。


1_201407311306536ff.jpg




20140309195530c7d.jpg


部屋の前から見たテラス、共同スペース越しに夕日が沈む


2014030919561141f.jpg


今回の部屋である。
ファン・TV・トイレ・シャワー 300バーツ 1000円

冷蔵庫は無いがレセプションの氷が入ってる大型冷凍庫で保管してくれる。
レセプションの女性は話のわかる方で宿の売店は値段が高いのでコンビニで買って来て
ここの冷凍庫で保管すれば良いとわざわざアドバイスしてくれた。


20140309195716df6.jpg


この宿は、私が泊まった時は私以外は全てタイ人で締められていた。
観光客かと言えば、そうでは無くてここで長期に泊まり込み働きに出てるようで

それ故に昼間の宿はいたって静かである。夕方に住民が手におかずを持って宿に
帰って来て生活感溢れた佇まいを見せるが決して騒音では無くて心地よく感じられる。

なんとなく後から感じたのだが宿側は最初から私のような短期客より長期の宿泊者を
望んでいたのであえて満室と言ったのではなかろうかと思った。










2014年度 1月20日 RICOH GR APS-C 2014年度 越冬旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2014年1月20日 越冬移動旅 先ずはフィリピンへ

2) 2014年1月20日 関西空港からJET STER 航空でマニラ、出発ロビーからタクシーで市内へ

3) 2014年1月21日 マニラ散歩 チャイナタウンで蘭州拉麺を喰らう。

4) 2014年1月22日 マニラからセブへ ダウンタウン底辺の安宿

5) 2014年1月23日 セブシティ AYARAモールへ美味しいものを求めに

6) 2014年1月24日 セブシティ ダウンタウン コロン

7) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-1

8) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-2

9) 2014年1月26日 セブシティから路線バスでリロアンへボートでシブラン港 ドゥマゲッティ

10) 2014年1月26日 ドゥマゲッティ 安宿 ビンテージINゲストハウス&ビザ延長

11) 2014年1月27日 ドゥマゲッティで滞在二日目

12) 2014年1月28日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る

13) 2014年1月28日 シキホール島 民宿加藤で歓迎会

14) 2014年1月30日 別の日に民宿加藤でもつ鍋の宴

15) 2014年2月1日 シキホール島 沼口邸 別宅で焼肉宴会

16) 2014年2月2日 シキホール島 Nさん宅で宴会の巻

17) 2014年2月10日 シキホール島 海 夕日 百景

18) 2014年2月15日 シキホール島 島内ぶらぶら百景 漁師

19) 2014年2月20日 シキホール島 暮らし

20) 2014年2月25日 シキホール島 Coco Grove Resort

21) 2014年3月4日 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

22) 2014年3月4日 Vol 2 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

23) 2014年3月6日 さよならフィリピン。。続いてタイ・バンコクへ

24) 2014年3月6〜7日 タイ・バンコク スワンナープ空港 空港泊

25) 2014年3月7日 バンコク スワンナープ空港からシラチャへ

26) 2014年3月7日 タイ・シラチャ・ゲストハウス・安宿 SRIVICHAI HOTEL






関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1141-a4d78d0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。