アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★ ラオス フェイサイからルアンナムターへ移動

2014年3月31日 ラオス ルアンナムター
THOULASITH GUEST HOUSE Wi-Fi 回線 ipad mini 更新
今回の越冬での使用 機材 RICOH GR APS-C


さてさてタイ側の国境を抜けラオス側にやって来た。
国境が新しくなって不便に...。なんとも理不尽な話である。


7_2014091004033280b.jpg


ラオス入国側はまだまだ空いてるようだがノービザ協定の結んでいない欧米各国の
白人ツーリストが列をなしてるのを横目でノービザ扱いの日本人はすんなりとラオス入国となる。

入国後は1万円だけラオスKipに両替して待機しているトゥクトゥクに
ファーサイまでの料金を聞くとやはり100バーツと言うので少し歩いて別の場所に

待機してるトゥクトゥクに聞くと300バーツとふざけた事を言うので元の場所へ戻ると
先ほど乗ったチェンライ~ボーケオ (ファーサイ) の代行シャトルバスが止まっており

30バーツ 100円でフェイサイまで行くと言うので乗ろうと考えるが
バスターミナル行きでは無く街まで行くと言う…。不思議な話だ。

街まで行っても仕方ないのでトゥクトゥクのドライバーにバスターミナルまでの
料金を聞くと60バーツ 200円 (法外)な事を言う


9_20140910040335677.jpg


タイ側の国境から乗って来たバスは車体に書かれている行き先板通りに
ボーケオ (ファーサイ)まで行くと言う、後から解ったがこのバスは

ファーサイのバスターミナル横をかすめるので、これに乗ってバスターミナルへ
向かう方がトゥクトゥクよりも安く行ける。 その時は知るすべもなかった。


1_20140910040305a34.jpg


国境とファーサイ、またはバスターミナルへ向かうトゥクトゥクは
嫌が無しでもツーリストが使わなければならないだけに
料金設定は高めで協定を結んでる以上は交渉の余地も無かった。

ラオス入国後に国境からほど近い町、フェイサイへ向かう予定がバスターミナルへ
向かうと言う願ってもないトゥクトゥクのドライバーにつられ当初の予定であった

国境の街、フェイサイで1泊するのを取りやめて、急きょルアンナムター行きに
変更したと前項で書いたが、後あとよーく考えると、バスターミナルまでの
60バーツ200円は安くも無くバスターミナルに着いて冷静になってから気づいた。


8_2014091004033428a.jpg


このトゥクトゥクで市内、もしくはバスターミナルへ
最初から大型バスに居座り、ドライバーにはバスターミナルで降ろして貰ってれば
安くつくんだが、なにぶん初めての国境だけに要領が得なかったのが悔やまれる

バスターミナルはフェイサイの街へ行く途中なんだから、まっとうな距離+相場なら
30バーツ100円しかもここはラオスなんだから20バーツ80円でも払い過ぎである。
それにまだまだ国境付近だけにあってラオスの糞kipよりもタイバーツが幅を利かせてる。

でもこの時点の頭の思考回路は、今回の予定では意味も無いフェイサイの街で一泊して
翌る日に再びバスターミナルまで行くなんて、無駄なお金を使うだけだなぁ…
それならバスターミナルへ行くトゥクトゥクに乗り、一気にルアンナムターまで
行くのが余分な金も使わずに済むと思っただけである。まさに1人旅の利点であるね


201404012351599e8.jpg


ファーサイで1泊の予定であったが、興味の無い街に1泊しても仕方ないし要らぬお金を
使うだけなので急遽、予定を変更してバスターミナルへ向かいルアンナムターへ

行くことにした。( チェンコン同様に廃れて来ているのか見てみたい気もしたがね)
考えてみるとフェイサイはスローボートや長距離バスでやって来るツーリストが
1泊するだろうから、チェンコンとは比較の対象にならないか…


20140402192902886.jpg


赤色の矢印から青いGPS青い点のルアンナムターへオンボロバスで移動中
現在は道が良くなり、3時間半でルアンナムターの長距離バスターミナルに到着

全線舗装される以前は8時間もかかったそうですから、それを思えば快適なバス旅ですな
乗り合いのトゥクトゥクでゲストハウスが並ぶ地区に移動する。(10000キップ)

通常、ここフェイサイからは時間の余裕があるツーリストはスローボートで古都である
ルアンパバーンへ向かうのが人気のようで、逆に時間の無いツーリストは

スピードボートかバスで向かう事になるのでラオスの入り口でもあるフェイサイの
バスターミナルではまだまだ欧米人・外国人ツーリストを多く見かけた。


201404021841172ae.jpg


国境からトゥクトゥクで揺られやって来たボーケオ(フェサイ)のバスターミナル


2_201409100403060ba.jpg


バスターミナルからラオス各地への料金が貼られてあった。

行き先によっては数時間待たされるか市内で泊り明日の朝に出直しの場合もある。


3_201409100403074fa.jpg


バスの出発まで時間があるので近くの食堂で朝食がわりのカオソイ(スープ麺)をとる
日本人旅行者の大半はラオス個人旅行でこのカオソイに始まりカオソイに終わるとも言われる
ラオスでは最もポピュラーな食べ物でありラオス国民のソウルフードでもある。

フェイサイバスターミナル発 PM12:00 60000Kip 850円
タイから抜けて来たツーリストには接続も良く出発まで2時間ほど有るので近くの食堂で
今回のラオス初の食事にと思ったが、結局のところはバス移動にお腹の負担が軽い
カオソイ(タイで言うクイッティオ・センヤイ・ナーム) まあ汁そばみたいなもんですな。


4_201409100403092ae.jpg


目的のルアンナムターへのバスであるが、出発時刻など曖昧なため

地元民も含め我々もドライバーの出発をただただ待ち耐えるのである。


20140402105334a97.jpg


フェイサイ~ルアンナムターへ移動中、ミニバスの車内から


20140402105358e6e.jpg


フェイサイ~ルアンナムターへ移動中は、このようなトラック事故が何度も見た。

中国から国境を越えて来たトラックだが大方が過積載による事故のようだ


2014040210541915d.jpg



5_20140910040311bf4.jpg


大体は地元民の足であるバスだけに途中からも大きな荷物を背たらい客は乗って来る

または逆に民家など見当たらない場所で降りていく… 周りはラオスの田舎が広がっている


6_20140910040331861.jpg


ミニバスはルアンナムターのバスターミナルに到着
大抵は市内から離れた場所にバスターミナルがあるため
再びトゥクトゥクへ乗り換え市街地へ向かうのが常である。


2014040210530770e.jpg


移動の疲れが出て身体はだるいし腰も痛い早いとこ宿へ転がり込み休みたいものだ
幸い、ルアンナムターではあらかじめネットの情報で決めている宿があるので
あれこれ探さず、部屋さい空いていれば即決するつもりだ。










2014年度 1月20日 RICOH GR APS-C 2014年度 越冬旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2014年1月20日 越冬移動旅 先ずはフィリピンへ

2) 2014年1月20日 関西空港からJET STER 航空でマニラ、出発ロビーからタクシーで市内へ

3) 2014年1月21日 マニラ散歩 チャイナタウンで蘭州拉麺を喰らう。

4) 2014年1月22日 マニラからセブへ ダウンタウン底辺の安宿

5) 2014年1月23日 セブシティ AYARAモールへ美味しいものを求めに

6) 2014年1月24日 セブシティ ダウンタウン コロン

7) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-1

8) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-2

9) 2014年1月26日 セブシティから路線バスでリロアンへボートでシブラン港 ドゥマゲッティ

10) 2014年1月26日 ドゥマゲッティ 安宿 ビンテージINゲストハウス&ビザ延長

11) 2014年1月27日 ドゥマゲッティで滞在二日目

12) 2014年1月28日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る

13) 2014年1月28日 シキホール島 民宿加藤で歓迎会

14) 2014年1月30日 別の日に民宿加藤でもつ鍋の宴

15) 2014年2月1日 シキホール島 沼口邸 別宅で焼肉宴会

16) 2014年2月2日 シキホール島 Nさん宅で宴会の巻

17) 2014年2月10日 シキホール島 海 夕日 百景

18) 2014年2月15日 シキホール島 島内ぶらぶら百景 漁師

19) 2014年2月20日 シキホール島 暮らし

20) 2014年2月25日 シキホール島 Coco Grove Resort

21) 2014年3月4日 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

22) 2014年3月4日 Vol 2 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

23) 2014年3月6日 さよならフィリピン。。続いてタイ・バンコクへ

24) 2014年3月6〜7日 タイ・バンコク スワンナープ空港 空港泊

25) 2014年3月7日 バンコク スワンナープ空港からシラチャへ

26) 2014年3月7日 タイ・シラチャ・ゲストハウス・安宿 SRIVICHAI HOTEL

27) 2014年3月11日 タイ・シラチャの町をぶらぶらする。

28) 2014年3月12日 タイ・シラチャの町と橋で繋がっているロイ島へ

29) 2014年3月13日 タイ・シラチャで Facebook 二人オフ会

30) 2014年3月13日 タイ・シラチャの漁港を歩く

31) 2014年3月13日 タイ・国鉄シラチャ駅

32) 2014年3月13日 シラチャからパタヤへ いつもの隠れ家アパートに向かう。

33) 2014年3月15日 越冬・長期滞在する各国の老戦士

34) 2014年3月17日 パタヤの街をぶらぶら歩く

35) 2014年3月18日 パタヤで腰痛のリハビリ、公共のプール&ウォーキング

36) 2014年3月20日 パタヤからバンコク・カオサンロード周辺に向かう

37) 2014年3月21日 タイ バンコク滞在日記-1

38) 2014年3月22日 タイ バンコク滞在日記-2 タイ全土禁酒日

39) 2014年3月25日 タイ バンコク滞在日記-3 市内バス活用術

40) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-4 ブログ読者さんとサムセンのイサーン食堂へ

41) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-5 バンコクでブログの読者さんと飲み会 後半

42) 2014年3月27日 タイ バンコクから長距離バスでチェンコンへ

43) 2014年3月28日 チェンコンに到着 NAMKONG RESORT

44) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 1 プラクルアン屋の主人

45) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 2 BAANCHOMKHONG ゲストハウス

46) 2014年3月30日 チェンコン 街歩き 3 国境が移転し寂れていく町を歩く

47) 2014年3月31日 タイ・ラオス第4友好橋陸路国境

48) 2014年3月31日 ラオス フェイサイからルアンナムターへ移動






関連記事


コメント

船での国境越えは味があったのに、橋ができて却って不便になるとは、何とも皮肉な話ですね。
フェイサイやルアンナムターのバスターミナルのぬるい風景が懐かしいです。
ルアンナムターは好きな町なので、写真と記事を楽しみにしています。
その後の人民とのバトルも期待しています。
[2014/09/14 00:34] URL | 客桟老板 #- [ 編集 ]

客桟老板 さんへ
国境が移動し外国人が寄り付かなくなり寂れる一方の
チェンコンの街ですが、そんな街を愛してやまない私..。
今後の変化を楽しみにしてる次第です。

ラオス田舎のバスターミナル、ただただバスを待つ時間
土埃が舞い次第に赤茶に染まるバック、これからの人生で
何度、味わう事なんだろう(笑)
[2014/09/15 05:08] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1163-c3301763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。