アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★ ラオス ムアンシン~ルアンナムター~ラオス・中国国境 ボーテン

2014年4月20日 ベトナム ラオカイにて更新
HOANG LAN 1 HOTEL Wi-Fi 回線 ipad mini 更新
今回の越冬での使用 機材 RICOH GR APS-C


ムアンシンをAM8:00のバスで出発するため到着した時と同じの
モーニングマーケット近くのすごく埃っぽいバスターミナルへ向かうが
街はうっすら朝霧に包まれ朝の時間帯は半袖では寒いほどである。


1_2015021313554308e.jpg


今日はラオスを抜けて中国へ向かう予定である。
ムアンシンを出発して先ずはつい先日に滞在したルアンナムターへ

そこでバスを乗り換えてラオス側の国境でボーテンに向かい
中国側の国境である磨憨(モーハン)へ抜ける予定である。
ラオスの田舎のバスターミナルは総じて埃っぽく待つ身の客も大変である。


2_20150213135545f07.jpg


ルアンナムター行きのバスは乗客の多い時間帯なのかマイクロバスであった
来た時のVANと比べれば多少は楽チンかと期待をしたものの席取りのために

50分ほど前に着いたものの既に座席には荷物が置かれ揺れの少ない前方寄りの
席は全て押さえられており、あえなく後部座席になったゆえ乗り心地は最悪であった。


3_20150213135547617.jpg


各方面に行くバスが乗り場に横付けられると椅子取りゲームは始まる。

ハズレは後輪の上の席と前方に車酔いする客が座っていた場合である。


5_2015021313554910a.jpg


2時間ほどの移動でルアンナムターへ到着、その後はラオスと中国の国境である
ボーテンへ向かうのだが嫌な予感が的中した。国境へ向かうVANは11:00発と
接続は良いのだが、予想どおり客は私ともう1人地元民だけである。

アジアの常識で座席が全て埋まるまで出発しないのだが、そのうちもう1人の地元民まで
諦めて何処かへ行ってしまい、とうとう1人になってしまった。


4_20150213135547788.jpg


出発の時間を30分過ぎてドライバーがキャンセルのような事を言い出した。
次の便は14:00であるが2時間以上も待たなければならない、それに乗客が集まると言う

確信も無いので、これまたアジアの常識であるチャーターを打診してみるが
本来なら25000kip 300円で行くところ200元 (ラオスのお金が無いので中国元で交渉)すると
10倍の3000円と言ってくる、ようは座席がほぼ埋まる10人分なんだろう…


6_201502131356052a9.jpg


ドライバーと料金交渉に入るが聞きいる気配もなし、取り敢えず150元なら乗るとだけ
伝えて待機する事に、暫くすると地元民の叔母さんが1人乗る気配なので折半で100元づつかと
ドライバーに言いよると叔母さんは途中で降りるのでおまえが言ってた150元で国境まで行くと

料金交渉の最初に切り出した150元に下がったのでOKと返事をしたものの
シャクなんで130元しか手持ちが無いと、ささやかな抵抗の末、国境へ向け走り出した。


7_201502131356089bd.jpg


ラオス側の国境ボーデンまではルアンナムターの市街地から約60km、車で1時間ほどである

唯一の乗客であったおばさんは名も知れぬ村で降りていった。


8_20150213135609b67.jpg


たった1人の乗客を乗せて山ばかりの道路を進み。。ほんとどこまで行っても

山ばかりだったのが突然に中国との国境とラオス南部へのジャンクションである。


9_20150213135610bf6.jpg


国境に近づいたのを確認させるかのような物資を満載し中国側から抜けて来たトラックが待機する。


10_20150213135612726.jpg


あとがき…
画像のマイクロバス後部のルート案内を見てもらえれば分かるように
ひょつとすれば、現在は僕のように国境までのVANなど使わず
このマイクロバスのようにいわゆる国際バスを使うのではなかろうか


11_20150213135847a3e.jpg


ルアンナムターから乗車の際、国境までは近距離バスターミナルから出発だったので
ビエンチャンやルアンパバーンへ行くバスが発着する長距離バスターミナルは
ノーマークだったのが災いしたのかも…いつまでも過去の記憶に頼るのは良くないって事だ


12_2015021313584957f.jpg


PS… やはりラオスと中国とを行き来する国際バスはたくさん見かけた。
もし私と同じルートでボーテンまで行って国境越えを考えてる人はルアンナムターでは
長距離バスターミナルで確認を取ることを進める。


13_2015021313585144d.jpg


「Borten International Immigration(磨丁国际口岸)」
中国では麻薬に手を出すと死刑との警告であろうか。。。


14_20150213135851f05.jpg


バスを降りてまずはラオス出国手続きを。。 ラオス側のイミグレーション

特にお金を取られたりせずに、無事ラオス出国、簡単にスタンプを押され、ラオス出国となる


15_20150213135853881.jpg


ラオス側のイミグレーション
中国人客を乗せた観光バスや大型トラックが次々と通過していく


16_20150213135913ab8.jpg


さていよいよ中国側へ抜けるためにイミグレーションへ急ぐとするか


ここをクリックすれば、2008年に中国側の国境である磨憨(モーハン)からラオスへ入国した記事が見れます。









2014年度 1月20日 RICOH GR APS-C 2014年度 越冬旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2014年1月20日 越冬移動旅 先ずはフィリピンへ

2) 2014年1月20日 関西空港からJET STER 航空でマニラ、出発ロビーからタクシーで市内へ

3) 2014年1月21日 マニラ散歩 チャイナタウンで蘭州拉麺を喰らう。

4) 2014年1月22日 マニラからセブへ ダウンタウン底辺の安宿

5) 2014年1月23日 セブシティ AYARAモールへ美味しいものを求めに

6) 2014年1月24日 セブシティ ダウンタウン コロン

7) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-1

8) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-2

9) 2014年1月26日 セブシティから路線バスでリロアンへボートでシブラン港 ドゥマゲッティ

10) 2014年1月26日 ドゥマゲッティ 安宿 ビンテージINゲストハウス&ビザ延長

11) 2014年1月27日 ドゥマゲッティで滞在二日目

12) 2014年1月28日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る

13) 2014年1月28日 シキホール島 民宿加藤で歓迎会

14) 2014年1月30日 別の日に民宿加藤でもつ鍋の宴

15) 2014年2月1日 シキホール島 沼口邸 別宅で焼肉宴会

16) 2014年2月2日 シキホール島 Nさん宅で宴会の巻

17) 2014年2月10日 シキホール島 海 夕日 百景

18) 2014年2月15日 シキホール島 島内ぶらぶら百景 漁師

19) 2014年2月20日 シキホール島 暮らし

20) 2014年2月25日 シキホール島 Coco Grove Resort

21) 2014年3月4日 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

22) 2014年3月4日 Vol 2 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

23) 2014年3月6日 さよならフィリピン。。続いてタイ・バンコクへ

24) 2014年3月6〜7日 タイ・バンコク スワンナープ空港 空港泊

25) 2014年3月7日 バンコク スワンナープ空港からシラチャへ

26) 2014年3月7日 タイ・シラチャ・ゲストハウス・安宿 SRIVICHAI HOTEL

27) 2014年3月11日 タイ・シラチャの町をぶらぶらする。

28) 2014年3月12日 タイ・シラチャの町と橋で繋がっているロイ島へ

29) 2014年3月13日 タイ・シラチャで Facebook 二人オフ会

30) 2014年3月13日 タイ・シラチャの漁港を歩く

31) 2014年3月13日 タイ・国鉄シラチャ駅

32) 2014年3月13日 シラチャからパタヤへ いつもの隠れ家アパートに向かう。

33) 2014年3月15日 越冬・長期滞在する各国の老戦士

34) 2014年3月17日 パタヤの街をぶらぶら歩く

35) 2014年3月18日 パタヤで腰痛のリハビリ、公共のプール&ウォーキング

36) 2014年3月20日 パタヤからバンコク・カオサンロード周辺に向かう

37) 2014年3月21日 タイ バンコク滞在日記-1

38) 2014年3月22日 タイ バンコク滞在日記-2 タイ全土禁酒日

39) 2014年3月25日 タイ バンコク滞在日記-3 市内バス活用術

40) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-4 ブログ読者さんとサムセンのイサーン食堂へ

41) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-5 バンコクでブログの読者さんと飲み会 後半

42) 2014年3月27日 タイ バンコクから長距離バスでチェンコンへ

43) 2014年3月28日 チェンコンに到着 NAMKONG RESORT

44) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 1 プラクルアン屋の主人

45) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 2 BAANCHOMKHONG ゲストハウス

46) 2014年3月30日 チェンコン 街歩き 3 国境が移転し寂れていく町を歩く

47) 2014年3月31日 タイ・ラオス第4友好橋陸路国境

48) 2014年3月31日 ラオス フェイサイからルアンナムターへ移動

49) 2014年4月1日 ラオス ルアンナムター滞在記-1

50) 2014年4月2日 ラオス ルアンナムター滞在記-2

51) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムター滞在記-3

52) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムターからムアンシンへ移動

53) 2014年4月4日 ラオス ムアンシン滞在記-1

54) 2014年4月5日ラオス ムアンシン滞在記-2

55) 2014年4月5日 ラオス ムアンシン~ルアンナムター~ラオス・中国国境 ボーテン





関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1170-5fbfceba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。