アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★ ラオス・中国国境 ボーテンからモーハン

2014年4月20日 ベトナム ラオカイにて更新
HOANG LAN 1 HOTEL Wi-Fi 回線 ipad mini 更新
今回の越冬での使用 機材 RICOH GR APS-C


ボーテン(ラオス)モーハンこの国境は2008年にも通過しているだけに
少しは記憶に残ってるはずなんだが流石に6年も月日が流れてるだけ様子は一変し

ラオス・中国の両国境の建物は当時と比べて見違えるほど立派になっており
中国からの援助のラオス側は別として中国側の建物はたいそう立派になっていたのには驚いた。


1_20150214063133549.jpg


いつもの旅で、国境を越えるたびにがらっと変わるその国の雰囲気に心踊り
なんだか新鮮な気持になるのだが、その時の開放感と言ったら旅人の至福の時間である。

その土地の空気、臭い、まったりと流れる時間、異国の優しい笑顔、旅は愉快だわ


2_20150214063134ce3.jpg


中国に入国後、先づここで中国入国後初のボッタクリの洗礼を受けた。
この国境は以前にも利用してると書いたが、前回は中国側からラオスに抜けた訳で
今回は逆のために、国境からモンラーの街へ行くバスが何処から出ているかが分からない。

この近くなのは間違いないのだろうが、キョロキョロしていると闇両替の小姐に声を掛けられ
多少は英語を理解するので、モンラーまでのバスは何処で乗れるのか聞くと
指を三つ立てて3元でバイクに乗っかり連れて行ってやると英語で言うので


3_201502140631358ec.jpg


最近は楽チンな事を優先する歳になっただけにすっかり気を緩め乗っかると
5分もしないうちに到着、まあ近いとは思っていたので3元という料金は情報料として

仕方ないと5元を札で支払い2元の釣りを貰おうとすると指を三つ立てたのは
30元とぬかしてくる。ものの5分も乗らずで30元とは笑えて来て釣りは要らんと
5元札を払って立ち去った。まあ30ドルと言わなかっただけ可愛いか…


4_20150214063137e89.jpg


のんびりし過ぎたのか1BOXのバスが出発した後で後続のバンにまわされたのが幸いしてか
眺めの良い助手席に乗り込めた。人が集まれば出発でなく定時運行、しっかり管理運行されている。
小さなバスターミナルからは1BOXで18元、高速道路を走り快適に向かう。


5_201502140631380f0.jpg


中国・磨憨(モーハン)を1BOXのバスで出発して車内の空席を埋める目的で
寄り道した街で、新市街のようなコンクリート建物が連立した区域を通って
その後は昔ながらの街並みが残る区域にも寄ったものの途中からの乗客はいなかった。


6_20150214063156164.jpg




7_20150214063157fb5.jpg


VANはてっきりモンラー市内の街中まで行ってくれると思いきや、町外れにある

立派な勐腊(モンラー)バスターミナル降ろされた。


8_20150214063159b18.jpg


画像の勐腊(モンラー)バスターミナルのまん前から市内までは1 路と書かれた
ミニバスに乗れば繁華街に2元で安宿が多く存在する北路に連れて行ってくれるのだが
到着した日は、バスの存在を知らずバイクタクシー 8元に乗ってしまった。


9_201502140632005b9.jpg


勐腊(モンラー)市内の北路から目にする風景であるが昨日までいた
ラオス北部の寒々しい風景と一転し椰子の木が並ぶ 、まあこれはこれで
逆にルートをとって国境越えをしていたとしてもラオス北部の辺境ぶりが味わえるんだけどね


10_20150214063202bd0.jpg


勐腊(モンラー)バスターミナルからは歩いても20分ちょいで市内まで出れるのであるが

あくる日は2元のバスでバスターミナルへ時刻表を見に行き復路はのんびりと歩いて戻った。


13_201502140641132cf.jpg


ここ勐腊(モンラー)の街も景洪と同じように街路樹は椰子の木とシュロの木で

1月~2月、真冬であれ寒さはたいした事はない土地なのであろう


11_20150214064109617.jpg


思い返せば、この町でローソクの火はハエを退治、寄せ付けないと言う事をしたんだった
ある日の夕方、薄暗くなって来たら安飯屋の快食屋さんをはじめ、いろいろな店で
ローソクに火を灯して営業してるものだから、こっちとしてはフィリピンの島生活の長かったので

あらら...。ここも停電があるんだな~って思っていたらハエを寄せ付けない知恵だそうで
今更ながら勉強になったわといたく感心させられたのを思い出したわけである


15_201502140641145f5.jpg


市場くらいしか見所が無かったラオス北部からやって来た身には

二回目の訪問であるここ勐腊(モンラー)の街も新鮮に写り町歩きに精を出すのであった。


12_20150214064111657.jpg


さてここでの宿は2008年に泊まった宿がまだあるのか気になるので記憶をたどり、向かう事にした。










2014年度 1月20日 RICOH GR APS-C 2014年度 越冬旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2014年1月20日 越冬移動旅 先ずはフィリピンへ

2) 2014年1月20日 関西空港からJET STER 航空でマニラ、出発ロビーからタクシーで市内へ

3) 2014年1月21日 マニラ散歩 チャイナタウンで蘭州拉麺を喰らう。

4) 2014年1月22日 マニラからセブへ ダウンタウン底辺の安宿

5) 2014年1月23日 セブシティ AYARAモールへ美味しいものを求めに

6) 2014年1月24日 セブシティ ダウンタウン コロン

7) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-1

8) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-2

9) 2014年1月26日 セブシティから路線バスでリロアンへボートでシブラン港 ドゥマゲッティ

10) 2014年1月26日 ドゥマゲッティ 安宿 ビンテージINゲストハウス&ビザ延長

11) 2014年1月27日 ドゥマゲッティで滞在二日目

12) 2014年1月28日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る

13) 2014年1月28日 シキホール島 民宿加藤で歓迎会

14) 2014年1月30日 別の日に民宿加藤でもつ鍋の宴

15) 2014年2月1日 シキホール島 沼口邸 別宅で焼肉宴会

16) 2014年2月2日 シキホール島 Nさん宅で宴会の巻

17) 2014年2月10日 シキホール島 海 夕日 百景

18) 2014年2月15日 シキホール島 島内ぶらぶら百景 漁師

19) 2014年2月20日 シキホール島 暮らし

20) 2014年2月25日 シキホール島 Coco Grove Resort

21) 2014年3月4日 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

22) 2014年3月4日 Vol 2 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

23) 2014年3月6日 さよならフィリピン。。続いてタイ・バンコクへ

24) 2014年3月6〜7日 タイ・バンコク スワンナープ空港 空港泊

25) 2014年3月7日 バンコク スワンナープ空港からシラチャへ

26) 2014年3月7日 タイ・シラチャ・ゲストハウス・安宿 SRIVICHAI HOTEL

27) 2014年3月11日 タイ・シラチャの町をぶらぶらする。

28) 2014年3月12日 タイ・シラチャの町と橋で繋がっているロイ島へ

29) 2014年3月13日 タイ・シラチャで Facebook 二人オフ会

30) 2014年3月13日 タイ・シラチャの漁港を歩く

31) 2014年3月13日 タイ・国鉄シラチャ駅

32) 2014年3月13日 シラチャからパタヤへ いつもの隠れ家アパートに向かう。

33) 2014年3月15日 越冬・長期滞在する各国の老戦士

34) 2014年3月17日 パタヤの街をぶらぶら歩く

35) 2014年3月18日 パタヤで腰痛のリハビリ、公共のプール&ウォーキング

36) 2014年3月20日 パタヤからバンコク・カオサンロード周辺に向かう

37) 2014年3月21日 タイ バンコク滞在日記-1

38) 2014年3月22日 タイ バンコク滞在日記-2 タイ全土禁酒日

39) 2014年3月25日 タイ バンコク滞在日記-3 市内バス活用術

40) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-4 ブログ読者さんとサムセンのイサーン食堂へ

41) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-5 バンコクでブログの読者さんと飲み会 後半

42) 2014年3月27日 タイ バンコクから長距離バスでチェンコンへ

43) 2014年3月28日 チェンコンに到着 NAMKONG RESORT

44) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 1 プラクルアン屋の主人

45) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 2 BAANCHOMKHONG ゲストハウス

46) 2014年3月30日 チェンコン 街歩き 3 国境が移転し寂れていく町を歩く

47) 2014年3月31日 タイ・ラオス第4友好橋陸路国境

48) 2014年3月31日 ラオス フェイサイからルアンナムターへ移動

49) 2014年4月1日 ラオス ルアンナムター滞在記-1

50) 2014年4月2日 ラオス ルアンナムター滞在記-2

51) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムター滞在記-3

52) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムターからムアンシンへ移動

53) 2014年4月4日 ラオス ムアンシン滞在記-1

54) 2014年4月5日ラオス ムアンシン滞在記-2

55) 2014年4月5日 ラオス ムアンシン~ルアンナムター~ラオス・中国国境 ボーテン

56) 2014年4月5日 ラオス・中国国境 ボーテンからモーハン






関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1171-bfb8e270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。