アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-3

2014年4月21日 ベトナム ラオカイにて更新
HOANG LAN 1 HOTEL Wi-Fi 回線 ipad mini 更新
今回の越冬での使用 機材 RICOH GR APS-C


シーサンパンナ(西双版納)タイ族自治州・傣族・タイ族系ルー族

身体の線が出る民族衣装、細身のブラウスと長いスカート姿の女性達


51_2015022815413778e.jpg


このあたりの東南アジアは、陸続きという地理的な要因もあってか何代か遡ると

必ず中華系の血がありむしろ純粋なタイ族を探すほうが難しとも本に書かれていた。


52_201502281541384f8.jpg




24_201502281541339c4.jpg


一定の購買力を持つ中間層が増え金製品に目がないと思われ

財産価値もあるだろうが宝飾のためも含め金製品屋ではお馴染みの風景である。


30_201502281541355ed.jpg


勐罕 モンハン・橄攬壩 ガンランバで自転車を借りたので

瀾滄江 メコン川を渡し舟で渡り景哈 ジンハーへ向かう事にする。


53_201502281541403fe.jpg


バスターミナル真ん前の国越賓館の親父に奥さん、30代の息子に至るまで親切である。
あくる日、親父にレンタル出来る自転車は無いかと筆談で申すと

親父の知り合いなのか自転車修理屋へ連れて行かれ、なんとか1台だけ有るとの事で
値段を聞くと、今まで貸すなど前例が無いのか20元と高い事を言ってくる
しかもレンタル業で無いので自転車のメンテナンスも悪い…


69_20150228154509adf.jpg


一応は使用に関して大丈夫だろうの程度である、毎度の値引き合戦でもとたくらむが

聞く耳を持たずって感じで1元たりとも値下げしない強気に根負けし借りることに


54_201502281542093f0.jpg


何処に行こうか行く当ても無しに走るのもなんなのでWi-Fiの使えそうな大きな賓館へ
行き情報を検索するとNHK世界ふれあい街歩きと言う番組が以前にガンランパへ

取材に来たらしくその時の画像に瀾滄江(メコン川)を渡し舟が行き来している場面があり
この手は結構、今までにも自分のツボにハマる分野だけに速攻決まった。


55_2015022815421165e.jpg


町から少し西側へ行くと、瀾滄江(メコン河)が見えた。

もうそんなところまで来ていたのかと旅を振り返る。


64_20150228154439dfe.jpg


渡し舟の乗り場は結構、急な坂を下って行くので自転車を手前に止めて
歩いて下り瀾滄江(メコン川)の川面に吹かれながら撮影していたのだが

バイクや車も頻繁に往来してるので渡し舟に自転車を乗せて向こう岸へ
行って見ることにした。対岸までの船賃は1人 1元 16円


70_20150228154511830.jpg


5分も乗らないうちに対岸へ接岸後は中国のお約束で我先にと降りようとする
港からは上り坂なので暫く押してからペダルを漕ぎ出す。

車が増えバイクが増えたおかげで土埃を巻き上げサングラスが無いと辛い
だが異邦人がサングラス… せっかくの被写体が警戒心を抱かせるので
撮影目的の時はサングラスを掛けないだけに土埃はキツかった。


56_20150228154213478.jpg





67_20150228154509dbf.jpg


景哈 ジンハーで見かけたタイ族(ルー族)が崇める小乗仏教の寺がポツリと

現れたので中へ入ってみたもののタイ国で目にするような華やかさは微塵もなかった。


65_201502281545041d2.jpg


高床式住居の1階でタイ族(ルー族)のお婆さんが僕を珍しそうに眺めていて

写真を撮る真似をして了解を得ると快く手招きしてくれた。


66_2015022815450735c.jpg




58_2015022815421422f.jpg


シーサンパンナでよく見かけるタイ族は亜熱帯地域で生活していて農業生産が主で

サトウキビバナナ、ゴムなどの熱帯経済作物の栽培に従事している。


62_20150228154436122.jpg





63_20150228154436486.jpg





59_20150228154216112.jpg


対岸へ渡り最初はバナナ畑やらが有るだけで、これと言った興味を引くものは無し

そのうちに商店が増えだし住宿・賓館なども現れ景哈の街に入る。


60_201502281544320d3.jpg


ここからも景洪行きのミニバスが出ている。何気に1泊くらいならしても良さそうな街だ
二日目は15元で良いと言うのでママチャリを借りたので勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバの
街を中心に攻めたけどこれと言った場所には出くわさず郊外へ行こうが土埃がひどいので


61_20150228154434f7e.jpg


近場を徘徊するだけでとどめておいた。だけど時代の流れと言うのは恐ろしいもので
中国を初めて訪れた時は人民服に自転車が中国の街を象徴するものであったが

今やバイクやバイクそっくりな形の電動バイク(日本では原付扱いの為ナンバープレートが必要)
それらが街を我が物顔に走り回ってる時代である。


71_201502281547039cc.jpg


あてもなく景哈 ジンハーを自転車で走ったり茶店でのんびりしたので
夕暮れせまる頃に橄攬壩 ガンランバ側に戻って来た。
さて今宵はどこの串焼き屋台で一献しようかな~と考える僕にとって至福の時間でもある。


72_2015022815470618a.jpg





ここをクリックすれば、2008年に訪れた橄攬?(ガンランバ) 記事-1が見れます。


ここをクリックすれば、2008年に訪れた橄攬?(ガンランバ) 記事-2が見れます。


ここをクリックすれば、2008年に訪れた橄攬?(ガンランバ) 記事-3が見れます。










2014年度 1月20日 RICOH GR APS-C 2014年度 越冬旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2014年1月20日 越冬移動旅 先ずはフィリピンへ

2) 2014年1月20日 関西空港からJET STER 航空でマニラ、出発ロビーからタクシーで市内へ

3) 2014年1月21日 マニラ散歩 チャイナタウンで蘭州拉麺を喰らう。

4) 2014年1月22日 マニラからセブへ ダウンタウン底辺の安宿

5) 2014年1月23日 セブシティ AYARAモールへ美味しいものを求めに

6) 2014年1月24日 セブシティ ダウンタウン コロン

7) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-1

8) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-2

9) 2014年1月26日 セブシティから路線バスでリロアンへボートでシブラン港 ドゥマゲッティ

10) 2014年1月26日 ドゥマゲッティ 安宿 ビンテージINゲストハウス&ビザ延長

11) 2014年1月27日 ドゥマゲッティで滞在二日目

12) 2014年1月28日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る

13) 2014年1月28日 シキホール島 民宿加藤で歓迎会

14) 2014年1月30日 別の日に民宿加藤でもつ鍋の宴

15) 2014年2月1日 シキホール島 沼口邸 別宅で焼肉宴会

16) 2014年2月2日 シキホール島 Nさん宅で宴会の巻

17) 2014年2月10日 シキホール島 海 夕日 百景

18) 2014年2月15日 シキホール島 島内ぶらぶら百景 漁師

19) 2014年2月20日 シキホール島 暮らし

20) 2014年2月25日 シキホール島 Coco Grove Resort

21) 2014年3月4日 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

22) 2014年3月4日 Vol 2 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

23) 2014年3月6日 さよならフィリピン。。続いてタイ・バンコクへ

24) 2014年3月6〜7日 タイ・バンコク スワンナープ空港 空港泊

25) 2014年3月7日 バンコク スワンナープ空港からシラチャへ

26) 2014年3月7日 タイ・シラチャ・ゲストハウス・安宿 SRIVICHAI HOTEL

27) 2014年3月11日 タイ・シラチャの町をぶらぶらする。

28) 2014年3月12日 タイ・シラチャの町と橋で繋がっているロイ島へ

29) 2014年3月13日 タイ・シラチャで Facebook 二人オフ会

30) 2014年3月13日 タイ・シラチャの漁港を歩く

31) 2014年3月13日 タイ・国鉄シラチャ駅

32) 2014年3月13日 シラチャからパタヤへ いつもの隠れ家アパートに向かう。

33) 2014年3月15日 越冬・長期滞在する各国の老戦士

34) 2014年3月17日 パタヤの街をぶらぶら歩く

35) 2014年3月18日 パタヤで腰痛のリハビリ、公共のプール&ウォーキング

36) 2014年3月20日 パタヤからバンコク・カオサンロード周辺に向かう

37) 2014年3月21日 タイ バンコク滞在日記-1

38) 2014年3月22日 タイ バンコク滞在日記-2 タイ全土禁酒日

39) 2014年3月25日 タイ バンコク滞在日記-3 市内バス活用術

40) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-4 ブログ読者さんとサムセンのイサーン食堂へ

41) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-5 バンコクでブログの読者さんと飲み会 後半

42) 2014年3月27日 タイ バンコクから長距離バスでチェンコンへ

43) 2014年3月28日 チェンコンに到着 NAMKONG RESORT

44) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 1 プラクルアン屋の主人

45) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 2 BAANCHOMKHONG ゲストハウス

46) 2014年3月30日 チェンコン 街歩き 3 国境が移転し寂れていく町を歩く

47) 2014年3月31日 タイ・ラオス第4友好橋陸路国境

48) 2014年3月31日 ラオス フェイサイからルアンナムターへ移動

49) 2014年4月1日 ラオス ルアンナムター滞在記-1

50) 2014年4月2日 ラオス ルアンナムター滞在記-2

51) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムター滞在記-3

52) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムターからムアンシンへ移動

53) 2014年4月4日 ラオス ムアンシン滞在記-1

54) 2014年4月5日ラオス ムアンシン滞在記-2

55) 2014年4月5日 ラオス ムアンシン~ルアンナムター~ラオス・中国国境 ボーテン

56) 2014年4月5日 ラオス・中国国境 ボーテンからモーハン

57) 2014年4月5-6日 中国国境の町 孟臘(モンラー)

58) 2014年4月7日 中国 雲南省 孟臘(モンラー) 〜 勐罕(モンハン 橄攬壩 ガンランバ)

59) 2014年4月8日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-1

60) 2014年4月9日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-2

61) 2014年4月9日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-3





関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1176-09f34368
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。