アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★ 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバから景洪へ

2014年4月21日 ベトナム ラオカイにて更新
HOANG LAN 1 HOTEL Wi-Fi 回線 ipad mini 更新
今回の越冬での使用 機材 RICOH GR APS-C


勐罕(モンハン)橄攬壩 (ガンランバ)の汽車駅をマイクロバスで9:00に出発 17元
予想していた高速道路を通るルートでは無くモンラーからガンランバへ向かう時に
バスを降ろされた五多盆口を経由してから高速道路へ乗っかり景洪へ向かった。


1_20150305064801385.jpg


勐罕(モンハン)橄攬壩 (ガンランバ)の汽車駅(バスターミナル)の運賃表


2_20150305064802617.jpg


それでなのかネットの情報では、8.5元のはずが17元…
これはバスターミナルの料金表で確認済みなのでボラれては無く間違いない。
片側二車線の舗装道路に入ってからは結構な距離の下り坂が続くので高度が

平地に戻って行くのだろうから景洪は暑いはずだ、いずれにしろラオスから出国後は
街に椰子の並木が有るだけに亜熱帯には変わりないので昼間はそれなりに暑いんだろう


12_201503050650228b5.jpg


だんだんと交通量が多くなり高層のビルも見え始めバスは景洪市内に入った気配
久しぶりの都会である。街を歩く人も小洒落た髪型や装いである、こちらはと言えば

荷物を出来るだけコンパクトにするため外出用のシャツは二枚だけで、暇さえあれば
入浴の際、ついでに洗濯してるのでだんだん色褪せて来てみすぼらしい…


10_20150305064833ea5.jpg


上海・香港くらいの大都会だったら到底恥ずかしくて着れないような(貧乏人ファッション)

良いように言うと使い込まれた感じになり景洪くらいの都会がギリギリのラインであろう。


11_20150305065020703.jpg


さすがに中国、近辺のお店の人達が商売はそこそこに昼下がりの麻雀に夢中であった


16_20150305065041ba3.jpg


景洪でのお宿、汽車駅にも近くあくる日の移動にも楽チンであった。
最近の傾向で次の移動に便利さを求め、到着したバスターミナル付近で
宿をとる事にしている。繁華街の移動には公共のバスを使ったりすれば

簡単にアプローチできるし、なんたって移動日当日に徒歩で乗り場へ向かえるので
朝からタクシーやらのボッタくりに合う事も無く、気持ちよく移動でき気分が良い


3_201503050648047a7.jpg


マイクロバスは景洪汽車駅に着いて恒例の宿探しで有るが、ここも1?2泊で移動するので
宿は利便性を優先させバスターミナルから近いところを探しに歩くと因みに底辺なら
25元で有るが中国の農民ご用達のような木賃宿風で昔なら泊まったであろうが

この歳ではさすがにスルーしてターミナルから直ぐの60元の部屋にする
ツイン・エアコン・TV・トイレ・ホットシャワー 8階の高層の部屋なので眺めはとても良い


4_201503050648052ca.jpg


↑↓ 部屋の窓からの眺めあいにく亜熱帯の土地だけに

窓全開で涼むには蚊の侵入やら湿度の関係でエアコンに頼る事になる


13_201503050650238d5.jpg


西双版納(シーサンパンナ)タイ族自治州最大の町、ちょっとした都会で

標高500mに在りながら熱帯性の湿潤な気候で、夏が長く、冬はない。


9_20150305064832452.jpg


部屋に荷物を置き景洪の街を歩く交通量の多い都会の道だが一歩脇道へそれると

市場や庶民的な小さな商店が軒を並べる。未だに人民服のご老人も健在だ!


6_2015030506482714b.jpg


街中の道路は椰子の並木が多く亜熱帯の気候だけにディパックを背負う背中が

汗だくだが都会だけにエアコンの効いた大型スーパーが数軒有るので逃げ込めるのが良い


5_20150305064806220.jpg


景洪に到着後、宿に荷物を置いて点心の店があったので小籠包を頂く

蒸籠で蒸しあげていたが肉汁が少なく台湾で食した時のとは感激度が少なかった。


8_20150305064831b9a.jpg


後は適当に気が向いた方角にあてもなく歩いたりミャンマー国境が近いだけに
翡翠の緬甸市場やらがあり汗をかきながら覗きもってかれこれ3時間以上は歩いたかな

部屋に戻り洗濯兼、シャワーを浴びるが8階だけに水圧が低くなんとも情けない
眺めは良し部屋の広さも良し…帯に短し襷に長しがここでも現れた(笑)


17_20150305065044b88.jpg


景洪はタイ族自治州の中心都市で、州自体はミャンマーとラオスに接しているためか
中国なのに何か妙に東南アジアっぽい街の雰囲気を出している一角がある。
こういった絶妙に文化が交差している場所は旅の移動中に時々出くわすものだ


7_20150305064829bb6.jpg




15_20150305065025734.jpg


エアコンの効いた快食風(出来合いのオカズをチョイスする)ファミリーレストランで
夕食と飲みの時間にするが、さすがに中国だけにタバコを吸う人民が絶えないのには
インドネシアと並ぶ喫煙大国を実感させられた。食後は少し歩こうかと思ったが

前日までの気候とすっかり変わって夜間でも生暖かい空気が街を包んでいる。
早々にエアコンの効いた部屋に戻り夜景を見もって二本目のビールを飲んだ


18_2015030506504490b.jpg





14_20150305065024983.jpg


さてさて都会は苦手なので一泊で移動かせめて二泊は滞在しようか

酔で判断が鈍くなった頭で明日からの移動を考えながらの一献である。


ここをクリックすれば、2008年に訪れた景洪市 記事-1が見れます。


ここをクリックすれば、2008年に訪れた景洪市 記事-2が見れます。










2014年度 1月20日 RICOH GR APS-C 2014年度 越冬旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2014年1月20日 越冬移動旅 先ずはフィリピンへ

2) 2014年1月20日 関西空港からJET STER 航空でマニラ、出発ロビーからタクシーで市内へ

3) 2014年1月21日 マニラ散歩 チャイナタウンで蘭州拉麺を喰らう。

4) 2014年1月22日 マニラからセブへ ダウンタウン底辺の安宿

5) 2014年1月23日 セブシティ AYARAモールへ美味しいものを求めに

6) 2014年1月24日 セブシティ ダウンタウン コロン

7) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-1

8) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-2

9) 2014年1月26日 セブシティから路線バスでリロアンへボートでシブラン港 ドゥマゲッティ

10) 2014年1月26日 ドゥマゲッティ 安宿 ビンテージINゲストハウス&ビザ延長

11) 2014年1月27日 ドゥマゲッティで滞在二日目

12) 2014年1月28日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る

13) 2014年1月28日 シキホール島 民宿加藤で歓迎会

14) 2014年1月30日 別の日に民宿加藤でもつ鍋の宴

15) 2014年2月1日 シキホール島 沼口邸 別宅で焼肉宴会

16) 2014年2月2日 シキホール島 Nさん宅で宴会の巻

17) 2014年2月10日 シキホール島 海 夕日 百景

18) 2014年2月15日 シキホール島 島内ぶらぶら百景 漁師

19) 2014年2月20日 シキホール島 暮らし

20) 2014年2月25日 シキホール島 Coco Grove Resort

21) 2014年3月4日 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

22) 2014年3月4日 Vol 2 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

23) 2014年3月6日 さよならフィリピン。。続いてタイ・バンコクへ

24) 2014年3月6〜7日 タイ・バンコク スワンナープ空港 空港泊

25) 2014年3月7日 バンコク スワンナープ空港からシラチャへ

26) 2014年3月7日 タイ・シラチャ・ゲストハウス・安宿 SRIVICHAI HOTEL

27) 2014年3月11日 タイ・シラチャの町をぶらぶらする。

28) 2014年3月12日 タイ・シラチャの町と橋で繋がっているロイ島へ

29) 2014年3月13日 タイ・シラチャで Facebook 二人オフ会

30) 2014年3月13日 タイ・シラチャの漁港を歩く

31) 2014年3月13日 タイ・国鉄シラチャ駅

32) 2014年3月13日 シラチャからパタヤへ いつもの隠れ家アパートに向かう。

33) 2014年3月15日 越冬・長期滞在する各国の老戦士

34) 2014年3月17日 パタヤの街をぶらぶら歩く

35) 2014年3月18日 パタヤで腰痛のリハビリ、公共のプール&ウォーキング

36) 2014年3月20日 パタヤからバンコク・カオサンロード周辺に向かう

37) 2014年3月21日 タイ バンコク滞在日記-1

38) 2014年3月22日 タイ バンコク滞在日記-2 タイ全土禁酒日

39) 2014年3月25日 タイ バンコク滞在日記-3 市内バス活用術

40) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-4 ブログ読者さんとサムセンのイサーン食堂へ

41) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-5 バンコクでブログの読者さんと飲み会 後半

42) 2014年3月27日 タイ バンコクから長距離バスでチェンコンへ

43) 2014年3月28日 チェンコンに到着 NAMKONG RESORT

44) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 1 プラクルアン屋の主人

45) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 2 BAANCHOMKHONG ゲストハウス

46) 2014年3月30日 チェンコン 街歩き 3 国境が移転し寂れていく町を歩く

47) 2014年3月31日 タイ・ラオス第4友好橋陸路国境

48) 2014年3月31日 ラオス フェイサイからルアンナムターへ移動

49) 2014年4月1日 ラオス ルアンナムター滞在記-1

50) 2014年4月2日 ラオス ルアンナムター滞在記-2

51) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムター滞在記-3

52) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムターからムアンシンへ移動

53) 2014年4月4日 ラオス ムアンシン滞在記-1

54) 2014年4月5日ラオス ムアンシン滞在記-2

55) 2014年4月5日 ラオス ムアンシン~ルアンナムター~ラオス・中国国境 ボーテン

56) 2014年4月5日 ラオス・中国国境 ボーテンからモーハン

57) 2014年4月5-6日 中国国境の町 孟臘(モンラー)

58) 2014年4月7日 中国 雲南省 孟臘(モンラー) 〜 勐罕(モンハン 橄攬壩 ガンランバ)

59) 2014年4月8日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-1

60) 2014年4月9日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-2

61) 2014年4月9日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-3

62) 2014年4月10日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバから景洪へ







関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1177-05dd8976
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。