アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★ 中国 雲南省 孟混から孟海~欄池へ移動

2014年4月21日 ベトナム ラオカイにて更新
HOANG LAN 1 HOTEL Wi-Fi 回線 ipad mini 更新
今回の越冬での使用 機材 RICOH GR APS-C


孟混の朝も冷えた、ラオスに入って中国へ抜けるこの時期をなめていた
日本を出発する際に関西空港で捨てて来た長ズボンが悔やまれる
とにかく朝晩の気温差が肌身にしみる季節なんだよな.....


1_20150327070124b6d.jpg


孟混ではモーニング・マーケットだけを見てミニバン8元で孟海へ向かう。
バスターミナルには横付けされずミニバンを降りてバスターミナルへ歩くのだが
早朝の冷え、身体が暖まり背中と胸もとに背負ったバックが暖かみを感じるくらいである。


2_20150327070124d6a.jpg


バスターミナル内のトイレである。
朝ごはんを食べるともよおす...。自然の原理

これを普通にこなせねば中国旅は出来ません(壁が有るだけぜんぜん控え目です)


3_20150327070127867.jpg


チケット売り場はそれほど混んでいなく欄池まで36元、出発は10:30なので

1時間30は待ち時間はある、バスターミナルの電光掲示板には14度となっている


4_201503270701297ca.jpg


半袖、短パンで寒いのは当然である。欄池までは一般道を走り左右のカーブが

連続する山岳ルートで身体が大きく揺れて寝てる間もない13:00 欄池バスターミナル着


9_20150327070154768.jpg


最近の傾向で移動の事を考えてなるべくバスターミナルから近い立地で
宿を探すようにしている。たとえ見所が離れていようが市内バスで移動したりすれば
良いだけだし、なんて言っても宿に荷物を置いたら身軽なので気にならないしね


8_20150327070151d64.jpg


駅に近い賓館を探し香甘賓館 50元 ダブルベッド・TV・トイレ・ホットシャワー

扇風機も無しの自然の風だけ、外国人はパスポートを預けるシステムのようだ


5_201503270701297b8.jpg


長期旅行者にとって中国の宿事情はコストパホーマンスに優れるね

この程度で良ければ日本円で800円も出せば泊まれるんだから


6_20150327070147d99.jpg


安宿であろうがテレビが備わってるのは中国ではデフォルトだしね


7_20150327070149b39.jpg


宿の部屋から見えるのはバスターミナル近くの交差点


12_20150327070451d1e.jpg


欄池は見た目は都会なんだが、いろいろな人達があてもなく、たむろしていた。


11_20150327070449d8d.jpg


4月13日は雲南省でも水かけ祭り、ある意味…男には嬉しい日ですww


10_20150327070154f4c.jpg


今日から水かけ祭りのようで子供らが強力な水鉄砲とバケツで水の掛け合いをして
一般人はタイと違ってむやみに水をかけて来ないので助かる。
ただし、カメラを向けると外国人なので控えめに水をかけられた。


13_20150327070452d38.jpg


地元民が集まる市場を見つけたものの午前中のピークが過ぎていた。


14_20150327070454ca6.jpg


そこそこの地方都市だが言っても雲南省だけに少数民族の数はそこそこ見かける。
ガンランバで見る民族衣装の少数民族が予想以上に少なく成った現在は
打洛・孟混・欄池で大勢見れたのでまずまず満足で有る。


15_201503270704552cc.jpg


おかずを数品選び、ご飯にぶっかけてもらう
指差すだけで良いので注文を間違うことも無いし簡単である

なんたって地方都市なら100円ちょっとで満腹になるし
衛生観念?..... タイも同じでしょう。。


16_20150327070515bac.jpg


いつも見かけるが、中国人の子供は大人並みの食欲に驚かされるね


17_20150327070518eb7.jpg





18_201503270705193d5.jpg

ラオスから中国・雲南省へ入ってから時計を1時間戻したが19:00を過ぎても
まだまだ明るいので雲南省の下の辺りはラオスと同じマイナス2時間が日照の
感覚的にあってそうに思う。


19_20150327070520fb7.jpg


バスターミナルから近いからか夕闇迫る頃、宿の前にはバーベQ屋台が開店し始め

今宵は近場で飲み食いをはじめる、ゆっくりと時間をかけてね


20_20150327070522f36.jpg


中国滞在中には欠かせない僕の激安路上居酒屋のメニューである。


21_20150327070647561.jpg


宿から近いところで、このような屋台街を見かけるとついつい延泊しちゃうくらいである。


22_20150327070649831.jpg





23_20150327070651e35.jpg


宿から5秒の好条件。。。この街は次も有りだな!










2014年度 1月20日 RICOH GR APS-C 2014年度 越冬旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2014年1月20日 越冬移動旅 先ずはフィリピンへ

2) 2014年1月20日 関西空港からJET STER 航空でマニラ、出発ロビーからタクシーで市内へ

3) 2014年1月21日 マニラ散歩 チャイナタウンで蘭州拉麺を喰らう。

4) 2014年1月22日 マニラからセブへ ダウンタウン底辺の安宿

5) 2014年1月23日 セブシティ AYARAモールへ美味しいものを求めに

6) 2014年1月24日 セブシティ ダウンタウン コロン

7) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-1

8) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-2

9) 2014年1月26日 セブシティから路線バスでリロアンへボートでシブラン港 ドゥマゲッティ

10) 2014年1月26日 ドゥマゲッティ 安宿 ビンテージINゲストハウス&ビザ延長

11) 2014年1月27日 ドゥマゲッティで滞在二日目

12) 2014年1月28日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る

13) 2014年1月28日 シキホール島 民宿加藤で歓迎会

14) 2014年1月30日 別の日に民宿加藤でもつ鍋の宴

15) 2014年2月1日 シキホール島 沼口邸 別宅で焼肉宴会

16) 2014年2月2日 シキホール島 Nさん宅で宴会の巻

17) 2014年2月10日 シキホール島 海 夕日 百景

18) 2014年2月15日 シキホール島 島内ぶらぶら百景 漁師

19) 2014年2月20日 シキホール島 暮らし

20) 2014年2月25日 シキホール島 Coco Grove Resort

21) 2014年3月4日 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

22) 2014年3月4日 Vol 2 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

23) 2014年3月6日 さよならフィリピン。。続いてタイ・バンコクへ

24) 2014年3月6〜7日 タイ・バンコク スワンナープ空港 空港泊

25) 2014年3月7日 バンコク スワンナープ空港からシラチャへ

26) 2014年3月7日 タイ・シラチャ・ゲストハウス・安宿 SRIVICHAI HOTEL

27) 2014年3月11日 タイ・シラチャの町をぶらぶらする。

28) 2014年3月12日 タイ・シラチャの町と橋で繋がっているロイ島へ

29) 2014年3月13日 タイ・シラチャで Facebook 二人オフ会

30) 2014年3月13日 タイ・シラチャの漁港を歩く

31) 2014年3月13日 タイ・国鉄シラチャ駅

32) 2014年3月13日 シラチャからパタヤへ いつもの隠れ家アパートに向かう。

33) 2014年3月15日 越冬・長期滞在する各国の老戦士

34) 2014年3月17日 パタヤの街をぶらぶら歩く

35) 2014年3月18日 パタヤで腰痛のリハビリ、公共のプール&ウォーキング

36) 2014年3月20日 パタヤからバンコク・カオサンロード周辺に向かう

37) 2014年3月21日 タイ バンコク滞在日記-1

38) 2014年3月22日 タイ バンコク滞在日記-2 タイ全土禁酒日

39) 2014年3月25日 タイ バンコク滞在日記-3 市内バス活用術

40) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-4 ブログ読者さんとサムセンのイサーン食堂へ

41) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-5 バンコクでブログの読者さんと飲み会 後半

42) 2014年3月27日 タイ バンコクから長距離バスでチェンコンへ

43) 2014年3月28日 チェンコンに到着 NAMKONG RESORT

44) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 1 プラクルアン屋の主人

45) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 2 BAANCHOMKHONG ゲストハウス

46) 2014年3月30日 チェンコン 街歩き 3 国境が移転し寂れていく町を歩く

47) 2014年3月31日 タイ・ラオス第4友好橋陸路国境

48) 2014年3月31日 ラオス フェイサイからルアンナムターへ移動

49) 2014年4月1日 ラオス ルアンナムター滞在記-1

50) 2014年4月2日 ラオス ルアンナムター滞在記-2

51) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムター滞在記-3

52) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムターからムアンシンへ移動

53) 2014年4月4日 ラオス ムアンシン滞在記-1

54) 2014年4月5日ラオス ムアンシン滞在記-2

55) 2014年4月5日 ラオス ムアンシン~ルアンナムター~ラオス・中国国境 ボーテン

56) 2014年4月5日 ラオス・中国国境 ボーテンからモーハン

57) 2014年4月5-6日 中国国境の町 孟臘(モンラー)

58) 2014年4月7日 中国 雲南省 孟臘(モンラー) 〜 勐罕(モンハン 橄攬壩 ガンランバ)

59) 2014年4月8日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-1

60) 2014年4月9日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-2

61) 2014年4月9日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-3

62) 2014年4月10日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバから景洪へ

63) 2014年4月11日 中国 雲南省 景洪から打洛へ移動

64) 2014年4月12日 中国 雲南省 打洛から孟混へ移動

65) 2014年4月13日 中国 雲南省 孟混から孟海~欄池へ移動







関連記事


コメント

うーん、こ・・・のトイレは勘弁です(^_^;)
[2014/05/01 23:37] URL | kimcafe #64owOXpE [ 編集 ]

Kimcafeさんへ
こんなのマシマシ
縦に溝が掘ってあって並んでする分は辛いですよ
目の前は他人の尻ですからww
[2014/05/04 11:21] URL | あじあの☆くん #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1180-da28ef96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。