アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★ 中国 雲南省 普耳 プアールから建水へ移動

2014年4月23日 ベトナム ラオカイにて更新
HOANG LAN 1 HOTEL Wi-Fi 回線 ipad mini 更新
今回の越冬での使用 機材 RICOH GR APS-C


昼間はしっかり暑いのに、早朝は白い息が出る雲南省南部、普洱市であった。

今回の中国から宿はバスターミナル近くにとるようにしたので楽チンである。


1_2015040306510588f.jpg


さてさて連日の移動であるが、、普洱 8:30出発 155元、ミニバスと中型バスの
中間くらいのサイズである。今日はこの旅で一番長い距離の移動になるだろうと
言うのにかなりのオンボロバスである。故障して途中で降ろされるんではなかろうか…


4_20150403065110e32.jpg


普洱のバスターミナルを出てまもなく景洪と昆明を結ぶ高速道路に乗っかる

このところ連日のように山間部を走り景観は申し分ない高速道路 墨江出口 11:30 通過


3_2015040306510998f.jpg


途中の小さな村で食事休憩、空腹に耐えれず腹八分目以下で食べる事に快食スタイルで
おかずを数品選ぶんだが1品の量が多い、町の快食屋と比べ味は良くこれなら晩御飯で
食べても満足のいく味付けであった。


2_20150403065106fc3.jpg


大好きなキクラゲと豚肉の炒め物、固めのご飯と相性が良く

バス移動で無ければ3杯はお代わりしていたかもと思う絶品昼食に満足である。


5_20150403065111b26.jpg


途中には石屏と書かれた大きな田舎町を17:00着

再び高速道路に乗っかり建水出口でバスは下道へ降りたと思えばバスターミナルへは
行かずに高速道路出口直ぐの所で降ろされる同じように8名くらいは降りたと思う
さてどうしたものかと迷い始める頃、都合良くバイクの後部に客室を付けた
非常に乗り心地の悪い乗り物が来て、何やら話して来るので

建水古城・臨安路と筆談で書いてドライバーに見せると観光地だけに少しの英語を話し
20元と言って来るので外国人には慣れてると感じ10元と切り出すと15元と返す
10元じゃなければ要らないと歩きだすふりをすると追いかけて来て10元で交渉成立


11_201504030651389e6.jpg


中華人民共和国雲南省紅河ハニ族イ族自治州に位置する県。

古城の入り口には見覚えのある朝陽門が見えて来た。門の周囲も門の上にも人が大勢、中国人観光客もいて
それでも大半は地元の人でごった返していて、話したり将棋のようなゲームをしたりしている。


32_20150403065343627.jpg





15_201504030653383fa.jpg


建水古城・臨安路、朝陽門でへんてこな乗り物から降りて宿探しを始める事にした。


9_20150403065136ec1.jpg


へんてこな乗り物は10元で十分に値打ちのある距離を走り臨安路に着いた。
あらかじめ人様のホームページで見ていた宿を探しにメインロードを歩いていたら
賓館の案内看板が目につきWi-Fiの一文字で予定を変更して宿に向かいレセプションで聞くと

部屋の中でもWi-Fiが使えるらしく、エアコン・TV・トイレ・ホットシャワーで50元
速攻に決めて4階の部屋まで上がる、安い部屋は階段で高層階がデフォルトのようである。


6_201504030651339c6.jpg





33_2015040306534293e.jpg


階段で辛いものの上層階なので眺めは良く、特に毎朝の日の出には悠久を感じさせられたものだ


10_201504030651381c2.jpg





12_2015040306514041e.jpg


1200年余の歴史持つ中国建水古城・古填は明・ 清時代の古い建物が残されてると

言われてるものの、2008年前回に訪れた時よりも、リフォームが目立っていた。


16_20150403065339b51.jpg


朝陽門から臨安路にかけた一帯が旧市街のようで区画整理により
臨安路一帯が新しく様変わりされていて、観光客が好む派手な店が目立ち始め
この町には似合わない様相に変化しつつあるが、それは今の中国では

全土で言える事であろう。一歩、横道に入ると昔ながらの味のある家々も並んでおり
雰囲気は今も充分ある。その辺りは次回の項、建水-2で紹介する。


30_20150403065340be7.jpg




夜間にライトアップされた朝陽門
この街はお気に入りのひとつなので日程の調整も考えて3泊はしてみようかと思う。


ここをクリックすれば、2008年に訪れた建水 記事-1が見れます。


ここをクリックすれば、2008年に訪れた建水 記事-2が見れます。


ここをクリックすれば、2008年に訪れた建水 記事-3が見れます。










2014年度 1月20日 RICOH GR APS-C 2014年度 越冬旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2014年1月20日 越冬移動旅 先ずはフィリピンへ

2) 2014年1月20日 関西空港からJET STER 航空でマニラ、出発ロビーからタクシーで市内へ

3) 2014年1月21日 マニラ散歩 チャイナタウンで蘭州拉麺を喰らう。

4) 2014年1月22日 マニラからセブへ ダウンタウン底辺の安宿

5) 2014年1月23日 セブシティ AYARAモールへ美味しいものを求めに

6) 2014年1月24日 セブシティ ダウンタウン コロン

7) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-1

8) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-2

9) 2014年1月26日 セブシティから路線バスでリロアンへボートでシブラン港 ドゥマゲッティ

10) 2014年1月26日 ドゥマゲッティ 安宿 ビンテージINゲストハウス&ビザ延長

11) 2014年1月27日 ドゥマゲッティで滞在二日目

12) 2014年1月28日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る

13) 2014年1月28日 シキホール島 民宿加藤で歓迎会

14) 2014年1月30日 別の日に民宿加藤でもつ鍋の宴

15) 2014年2月1日 シキホール島 沼口邸 別宅で焼肉宴会

16) 2014年2月2日 シキホール島 Nさん宅で宴会の巻

17) 2014年2月10日 シキホール島 海 夕日 百景

18) 2014年2月15日 シキホール島 島内ぶらぶら百景 漁師

19) 2014年2月20日 シキホール島 暮らし

20) 2014年2月25日 シキホール島 Coco Grove Resort

21) 2014年3月4日 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

22) 2014年3月4日 Vol 2 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

23) 2014年3月6日 さよならフィリピン。。続いてタイ・バンコクへ

24) 2014年3月6〜7日 タイ・バンコク スワンナープ空港 空港泊

25) 2014年3月7日 バンコク スワンナープ空港からシラチャへ

26) 2014年3月7日 タイ・シラチャ・ゲストハウス・安宿 SRIVICHAI HOTEL

27) 2014年3月11日 タイ・シラチャの町をぶらぶらする。

28) 2014年3月12日 タイ・シラチャの町と橋で繋がっているロイ島へ

29) 2014年3月13日 タイ・シラチャで Facebook 二人オフ会

30) 2014年3月13日 タイ・シラチャの漁港を歩く

31) 2014年3月13日 タイ・国鉄シラチャ駅

32) 2014年3月13日 シラチャからパタヤへ いつもの隠れ家アパートに向かう。

33) 2014年3月15日 越冬・長期滞在する各国の老戦士

34) 2014年3月17日 パタヤの街をぶらぶら歩く

35) 2014年3月18日 パタヤで腰痛のリハビリ、公共のプール&ウォーキング

36) 2014年3月20日 パタヤからバンコク・カオサンロード周辺に向かう

37) 2014年3月21日 タイ バンコク滞在日記-1

38) 2014年3月22日 タイ バンコク滞在日記-2 タイ全土禁酒日

39) 2014年3月25日 タイ バンコク滞在日記-3 市内バス活用術

40) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-4 ブログ読者さんとサムセンのイサーン食堂へ

41) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-5 バンコクでブログの読者さんと飲み会 後半

42) 2014年3月27日 タイ バンコクから長距離バスでチェンコンへ

43) 2014年3月28日 チェンコンに到着 NAMKONG RESORT

44) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 1 プラクルアン屋の主人

45) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 2 BAANCHOMKHONG ゲストハウス

46) 2014年3月30日 チェンコン 街歩き 3 国境が移転し寂れていく町を歩く

47) 2014年3月31日 タイ・ラオス第4友好橋陸路国境

48) 2014年3月31日 ラオス フェイサイからルアンナムターへ移動

49) 2014年4月1日 ラオス ルアンナムター滞在記-1

50) 2014年4月2日 ラオス ルアンナムター滞在記-2

51) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムター滞在記-3

52) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムターからムアンシンへ移動

53) 2014年4月4日 ラオス ムアンシン滞在記-1

54) 2014年4月5日ラオス ムアンシン滞在記-2

55) 2014年4月5日 ラオス ムアンシン~ルアンナムター~ラオス・中国国境 ボーテン

56) 2014年4月5日 ラオス・中国国境 ボーテンからモーハン

57) 2014年4月5-6日 中国国境の町 孟臘(モンラー)

58) 2014年4月7日 中国 雲南省 孟臘(モンラー) 〜 勐罕(モンハン 橄攬壩 ガンランバ)

59) 2014年4月8日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-1

60) 2014年4月9日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-2

61) 2014年4月9日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-3

62) 2014年4月10日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバから景洪へ

63) 2014年4月11日 中国 雲南省 景洪から打洛へ移動

64) 2014年4月12日 中国 雲南省 打洛から孟混へ移動

65) 2014年4月13日 中国 雲南省 孟混から孟海~欄池へ移動

66) 2014年4月14日 中国 雲南省 欄池からへ普耳へ移動

67) 2014年4月16日 中国 雲南省 普耳 プアールから建水へ移動






関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1182-5fd91cf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。