アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


★ 中国 雲南省 建水

2014年4月23日 ベトナム ラオカイにて更新
HOANG LAN 1 HOTEL Wi-Fi 回線 ipad mini 更新
今回の越冬での使用 機材 RICOH GR APS-C


中国の西南部の雲南省はミャンマー、ラオス、ベトナムと国境を接していて雲南省の南部

紅河ハニ族イ族自治州の建水は、落ち着いた古い街並みが残されきれいな町である。


17_20150403070922ce2.jpg


建水の町に入ると、朝陽楼と呼ばれる煉瓦色の城門が目に飛び込み

朝陽楼を抜けると石畳の古い街並が現れて商店街が広がる


18_20150403070922013.jpg


建水は観光地だけあって中国入国後10日目にして初めて欧米人を目にした。

英語が通じない漢字が読めない彼らは相当の苦労があるようだ。


19_20150403070924955.jpg


その点、漢字文化圏の日本人は多少なり彼らと比べて有利な位置にある。

東南アジア全土に言える事だが、携帯電話屋さんの普及率は目覚ましい


20_201504030709485fb.jpg


まあ、よーく考えればインフラの整っていない国や土地は有線の電話を引くより
手っ取り早いのが携帯電話だもんね、ここ中国では携帯電話の事を手机と書く
机は機と言う文字の簡体字で手の掌で使う機械と言う事なんだろう


26_20150403071125aa5.jpg


建水も負けじと手机屋(携帯電話屋)の店舗が目立つ、古い建物をそのまま使って

1階は携帯電話とアンバランスが少々いただけないが…


27_20150403071127566.jpg


スマートフォンの普及率は今や日本以上で野良仕事を終えて家路に就いている農夫が
右手にクワを持ちシワだらけの左手にはiPhone 5sを持っていた。

もちろん中国製のなんちゃってiPhoneでしたがね…


28_201504030711282c7.jpg


路地から伸びる更に枝道を足の向くまま右折れ・左折れとローカル色が

濃くなって行くのが町歩きの醍醐味であり至福の旅の時間でもある。


29_20150403071130880.jpg





22_201504030709510ba.jpg


路地が少々、幅員が広くなった辺りでは周辺の農家の人が
その日のうちちに収穫した野菜を持ち寄り青空市場が開かれる
覗いていると旅人であろうが商売口調で勧められるのが楽しいんだな~


23_20150403070953607.jpg


海外で長期滞在していると、当然の事ながら日本食が食べたくなる事がある
大きな都市の日本料理店で、高いお金を支払って出て来た料理が、なんちゃって日本料理では
目も当てられないので、いろいろな意味も含めてあまり利用しないのだが


7_2015040307091809e.jpg


それでも、どうしても食べたくなるのが豆腐である。海外のスーパーでよく目に付く
チューブ入の丸い豆腐じゃ味気ないし、そのような時に重宝されるのが
紅河ハニ族イ族自治州の町ならどこでも食べられる名物で豆腐の炭火焼きである


21_2015040307094991a.jpg


一口サイズの豆腐の炭火焼きは「烤豆腐(カオドーフ)」と言うらしく
以前に元陽で出会ってから、町で見かけるとおやつ代わりに食べたり

米焼酎の肴としたりして頻繁に食べていたのだが、なんでもここ建水が発祥の地だそうである。
そんな建水の町には烤豆腐の食堂がたくさんあり、食堂の入り口で何か焼いているのが目に入る


25_201504030711248a7.jpg


それが烤豆腐で烤豆腐を焼いている炭火の前の椅子に座ると、油に唐辛子がたっぷり入ったタレがで出て
あとは思い思いに焼けた豆腐をつまみ黄土色の小さな豆腐は炭火の上で膨らみ、ぱくっとはじけ

はじけた豆腐を唐辛子と油が入ったタレにつけて食べるとお店の人は、お客が豆腐をつまむたびに
干したトウモロコシを使って、誰が何個食べたかをチェックしている。(確か元陽では赤大豆であった)


24_20150403070954c77.jpg


炉端で爺ちゃん婆ちゃんが焼いてくれる西門豆腐でいっぱいが実に旅情を掻き立てられる。


8_201504030709199c1.jpg


焼き豆腐と米焼酎で、だらだらと長尻するのもなんなのでね

最後に米麺を追加してトッピングは川エビのかき揚げをのせてもらう。


31_20150403071146dc9.jpg



ここをクリックすれば、2008年に訪れた建水 記事-1が見れます。


ここをクリックすれば、2008年に訪れた建水 記事-2が見れます。


ここをクリックすれば、2008年に訪れた建水 記事-3が見れます。



そろそろ中国での、ノンビザ滞在期間 MAX15日(入国した曜日の2週間後の同じ曜日に出国必要)

もう残り少なくなって来たのでベトナムと隣接している河口へ移動する事にする。










2014年度 1月20日 RICOH GR APS-C 2014年度 越冬旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。


1) 2014年1月20日 越冬移動旅 先ずはフィリピンへ

2) 2014年1月20日 関西空港からJET STER 航空でマニラ、出発ロビーからタクシーで市内へ

3) 2014年1月21日 マニラ散歩 チャイナタウンで蘭州拉麺を喰らう。

4) 2014年1月22日 マニラからセブへ ダウンタウン底辺の安宿

5) 2014年1月23日 セブシティ AYARAモールへ美味しいものを求めに

6) 2014年1月24日 セブシティ ダウンタウン コロン

7) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-1

8) 2014年1月25日 セブシティ北部 知人のダイビングサービス 「アクアバディ」 リロアン-2

9) 2014年1月26日 セブシティから路線バスでリロアンへボートでシブラン港 ドゥマゲッティ

10) 2014年1月26日 ドゥマゲッティ 安宿 ビンテージINゲストハウス&ビザ延長

11) 2014年1月27日 ドゥマゲッティで滞在二日目

12) 2014年1月28日 ドゥマゲッティからシキホール島へ渡る

13) 2014年1月28日 シキホール島 民宿加藤で歓迎会

14) 2014年1月30日 別の日に民宿加藤でもつ鍋の宴

15) 2014年2月1日 シキホール島 沼口邸 別宅で焼肉宴会

16) 2014年2月2日 シキホール島 Nさん宅で宴会の巻

17) 2014年2月10日 シキホール島 海 夕日 百景

18) 2014年2月15日 シキホール島 島内ぶらぶら百景 漁師

19) 2014年2月20日 シキホール島 暮らし

20) 2014年2月25日 シキホール島 Coco Grove Resort

21) 2014年3月4日 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

22) 2014年3月4日 Vol 2 シキホール島を離れセブ島へ向かう。

23) 2014年3月6日 さよならフィリピン。。続いてタイ・バンコクへ

24) 2014年3月6〜7日 タイ・バンコク スワンナープ空港 空港泊

25) 2014年3月7日 バンコク スワンナープ空港からシラチャへ

26) 2014年3月7日 タイ・シラチャ・ゲストハウス・安宿 SRIVICHAI HOTEL

27) 2014年3月11日 タイ・シラチャの町をぶらぶらする。

28) 2014年3月12日 タイ・シラチャの町と橋で繋がっているロイ島へ

29) 2014年3月13日 タイ・シラチャで Facebook 二人オフ会

30) 2014年3月13日 タイ・シラチャの漁港を歩く

31) 2014年3月13日 タイ・国鉄シラチャ駅

32) 2014年3月13日 シラチャからパタヤへ いつもの隠れ家アパートに向かう。

33) 2014年3月15日 越冬・長期滞在する各国の老戦士

34) 2014年3月17日 パタヤの街をぶらぶら歩く

35) 2014年3月18日 パタヤで腰痛のリハビリ、公共のプール&ウォーキング

36) 2014年3月20日 パタヤからバンコク・カオサンロード周辺に向かう

37) 2014年3月21日 タイ バンコク滞在日記-1

38) 2014年3月22日 タイ バンコク滞在日記-2 タイ全土禁酒日

39) 2014年3月25日 タイ バンコク滞在日記-3 市内バス活用術

40) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-4 ブログ読者さんとサムセンのイサーン食堂へ

41) 2014年3月26日 タイ バンコク滞在日記-5 バンコクでブログの読者さんと飲み会 後半

42) 2014年3月27日 タイ バンコクから長距離バスでチェンコンへ

43) 2014年3月28日 チェンコンに到着 NAMKONG RESORT

44) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 1 プラクルアン屋の主人

45) 2014年3月29日 チェンコン 街歩き 2 BAANCHOMKHONG ゲストハウス

46) 2014年3月30日 チェンコン 街歩き 3 国境が移転し寂れていく町を歩く

47) 2014年3月31日 タイ・ラオス第4友好橋陸路国境

48) 2014年3月31日 ラオス フェイサイからルアンナムターへ移動

49) 2014年4月1日 ラオス ルアンナムター滞在記-1

50) 2014年4月2日 ラオス ルアンナムター滞在記-2

51) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムター滞在記-3

52) 2014年4月3日 ラオス ルアンナムターからムアンシンへ移動

53) 2014年4月4日 ラオス ムアンシン滞在記-1

54) 2014年4月5日ラオス ムアンシン滞在記-2

55) 2014年4月5日 ラオス ムアンシン~ルアンナムター~ラオス・中国国境 ボーテン

56) 2014年4月5日 ラオス・中国国境 ボーテンからモーハン

57) 2014年4月5-6日 中国国境の町 孟臘(モンラー)

58) 2014年4月7日 中国 雲南省 孟臘(モンラー) 〜 勐罕(モンハン 橄攬壩 ガンランバ)

59) 2014年4月8日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-1

60) 2014年4月9日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-2

61) 2014年4月9日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバ滞在記-3

62) 2014年4月10日 中国 雲南省 勐罕(モンハン)橄攬壩 ガンランバから景洪へ

63) 2014年4月11日 中国 雲南省 景洪から打洛へ移動

64) 2014年4月12日 中国 雲南省 打洛から孟混へ移動

65) 2014年4月13日 中国 雲南省 孟混から孟海~欄池へ移動

66) 2014年4月14日 中国 雲南省 欄池からへ普耳へ移動

67) 2014年4月16日 中国 雲南省 普耳 プアールから建水へ移動

68) 2014年4月17-18日 中国 雲南省 建水







関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1183-34c8202e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。