アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バタンガス港からサバンに上陸・シーショアリゾートへ

2014年10月3日
サバンビーチ Sea Shore Beach Resort Wi-Fi 回線 ipad mini 更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C



バスはバタンガスの港に到着して降りてみると自称 スタッフと名乗る
水先案内人がまとわりつき、チケット売り場へフォローミーと

必要以上にかまって来る。何度も来てるので必要ないと伝えるが
いっこうに離れようとしない、よほど私たち3人がカモに見えるんだろうなww



フィリピン地図


マニラの南西にあるお隣の島ミンドロ島の北端の港町プエルトガレラに

向かうのでマニラからはJAMトランジットと呼ばれるバス会社167ペソを利用した。


20141004114858527.jpg


その後も無視を決め込むが効果なし、最初に相手をしたのが良くなかったようだ
最後はお約束のようにチップ プリーズと言って来たので30ペソのターミナルフィーを

三人分支払ったお釣り10ペソ25円を試しにあげたら少ないとも言わず去って言った。
一日中、こんな事をしてるんだろうか…。1日いったい、いくらの儲けなんだろう


2014100411485803e.jpg


14:45発 サバンビーチ行きのバンカーボートである。ホワイトビーチへ向かうボートも
同じサイズのバンカーボートで、画像のサバンビーチ行きボートの最終目的地は

サバンビーチ経由、ホワイトビーチへも向かうらしく便数の多さから考えると
最近は雑踏のサバンビーチよりも人気が有るのがうかがえる。
バタンガス港〜サバンビーチ 230ペソ ターミナルフィ 30ペソ


2014100411484759b.jpg


バンカーボートの船内で有るが、この日の午後便は波しぶきが掛かるとの理由から
両サイドの窓の部分はビニール製の幕を降ろすものだから風も入らず暑さにまいった。
14:45発はサバンビーチ、ホワイトビーチへ向かう客が詰め込まれている。


20141004114728b80.jpg


バタンガスからは1時間と聞いていたが海況の波の関係で1時間20分ほど掛かって
ようやくサバンビーチへ到着。昔はビーチへ直付けだったのが
フロートに桟橋、コンクリートの港が出来ていて足も濡らさず上陸出来るようになった。


シーショアホテル


リゾート地では、そこそこの宿を使わないと気分が滅入るとの意見から

高級とはほど遠いのではあるがお二方さんの希望も考えた結果、ここに決めた。


20141004171931b1e.jpg


サバンビーチの港から歩いて数分のシーショアリゾート
日本からインターネットで直にホテルの予約を入れたが
agodaなどの予約サイトから申し込むのと其れほどの差は無いようだ。


201410041719179f0.jpg


サバンのホテルのプールは極端に小さく使い物に成らないものを
旅行ブログでよく見るが、ここはまだ快適に泳げそうだ。

其れと加えてホテルにはダイビングショツプが併設されていないので
ダイビングの講習には使われず、時間帯に関係なしに広々と使えた。


20141004114711cb9.jpg


デラックスダブルルーム 1泊 2000ペソ 5000円
最初にコテージタイプを予約していたがWi-Fiが部屋の中まで届かないらしく
建物二階の新しくリフォームされた部屋に変更する事に

エアコンも新品だけに室外機が無い箱型の小さなエアコンにも関わらず
じゅうぶんに冷えた。ちなみにPanasonic製品である。


20141004114659399.jpg


ここサバンビーチでは、相方がオープンウォーター 僕が2000年にダイブマスターを取った

イギリス人の師匠、Rickが経営するフロンティアDiverを利用して6日間の滞在予定である。










2014年度 10月2日からのフィリピン・台湾・石垣島・沖縄本土の旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2014年10月2日 比国・台湾・石垣島・沖縄本土の旅、先ずは関空からマニラへ

2) 2014年10月2日 マニラT3 空港から深夜にエルミタ・サントスペンション

3) 2014年10月3日 マニラからプエルトガレラ・サバーンビーチへ

4) 2014年10月3日 バタンガス港からサバンに上陸・シーショアリゾートへ







関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1223-f0101eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。