アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サバンビーチからジプニーでプエルトガレラ・ムリエ港 へ

2014年10月6日
サバンビーチ Sea Shore Beach Resort Wi-Fi 回線 ipad mini 更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


ブログの日程・後日更新用に仮ページを作っています。
帰国後に画像・説明文を追加していきます。


詳細は後日、報告するとしてサバンビーチからジプニーで
プエルトガレラの町へ行き、その後ホワイトビーチへ向かった。

同行者の坂本くんは、プールサイドでビールでも飲んで昼寝しとくわ〜
っていつもの旅同様に興味を示さないので相方と二人でぶらっと出かけてみた。


201410072003193eb.jpg


青色の点がサバンビーチで矢印の地点が向かう先のプエルトガレラである。


201410071857485ca.jpg


サバンビーチで客待ちをしているジプニーである。

もちろん時刻表なるものは無く、定員に満たせば発車というやつである。


20141007185322569.jpg


運行している場所が田舎だけにある程度、定員が満たせれば発車するようで
寸分の隙間も無いぎゅうぎゅう詰めには成らなくても出発するようである。
料金は20ペソ… ちなみにトライシケルを借り切ると200ペソの言い値である。


2014100718573210c.jpg


サバンビーチから10分~15分でプエルトガレラの町に到着した。


20141007185616403.jpg


ジプニーを降りて少し進むとATMがあり、先ほどのサバンビーチからの
ジプニーに同乗していた外国人が現金を下ろしてる姿があった。
それを横目に歩いて直ぐのところにあるムリエ港へ向かった。


201410071853096bc.jpg


プエルトガレラはユネスコのサポート機関から(世界で最も美しい湾のひとつ)と

認定され天然の良港と呼ばれているムリエ港


201410071853286cd.jpg


バタンガス行きのバンカーが数隻、1Day アイランドホッピングに使う

バンカーなども数隻、停泊していた。同時に台風の時は避難港になる。


2014100718554742f.jpg


この辺りの土産物屋は2000年に訪れた時とさほどの変化は無かった。


201410071855054f8.jpg


とにかく日差しが強く、この辺りでの食事は忍耐が必要と感じた。
先ほどからまとわり付いているトライシケルのドライバーに
バラテロ港に寄ってからホワイトビーチへ行くように120ペソで交渉した。








2014年度 10月2日からのフィリピン・台湾・石垣島・沖縄本土の旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2014年10月2日 比国・台湾・石垣島・沖縄本土の旅、先ずは関空からマニラへ

2) 2014年10月2日 マニラT3 空港から深夜にエルミタ・サントスペンション

3) 2014年10月3日 マニラからプエルトガレラ・サバーンビーチへ

4) 2014年10月3日 バタンガス港からサバンに上陸・シーショアリゾートへ

5) 2014年10月4日 プエルトガレラ・サバンビーチ vol-1

6) 2014年10月5日 プエルトガレラ・サバンビーチ vol-2

7) 2014年10月6日 サバンビーチからジプニーでプエルトガレラ・ムリエ港 へ







関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1226-f39978e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。