アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プエルトガレラからパブリックボートで Abra de long

2014年10月9日

オキシデンタルミンドロ・サブラヤン・北バンタン島 Beach Resort Wi-Fi 回線
ipad mini 更新・今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


ブログの日程・後日更新用に仮ページを作っています。
帰国後に画像・説明文を追加していきます。



今回のプエルトガレラ・サバンビーチは10/3~8日までの計6日間滞在して
9日の朝にチェックアウト、その後は下記にある2枚の地図を参照して
頂きたいのであるが、プエルトガレラがあるオリエンタル・ミンドロ州から

同じミンドロ島の南西に位置するオキシデンタル・ミンドロ州の
サブラヤンまで移動しようと思う。もし移動がスムーズに行けば、その日に
サブラヤン沖にあるノースバンタン島へ渡り、3日程度ゆっくり出来ればと予定している。


フィリピン地図


なんせ秘境ミンドロと呼ばれるだけに特に西海岸の移動は時間が掛かる
数年前までは、ほとんどが未舗装の上に、川には橋が掛かっておらず
川底が砂利で硬いのを良いことに乗用車やバスは川の中を走ったのである。

だが現在はアスファルト舗装されたおかげで川も橋が掛かり移動時間も
短縮され、随分と楽な移動が出来るようになった。


ここをクリックすれば以前にミンドロ島を移動した川を渡るバスの記事が読めます!


20141010120712d86.jpg


ただ現在も道が寸断された場所が残っており、上記地図上の
プエルトガレラ先から赤い矢印の地点までが未だに道路が開道されておらず

プエルトガレラから、ほんの直ぐ先のAbra de long まで行くのに
サバンビーチから1度、バタンガスへ戻り再びミンドロ島へ渡ると言う
時代錯誤もはなはだしいアプローチを強いられると聞かされていた。

実際にこの区間をどうしたものかとググってみても検索には1件もヒットせず
英文検索でただひとつ、この区間をバンカーボートを2800ペソでチャーターした

欧米人の記事を見つけたくらいで他には見つから無かったのであるが幸いに
上記のGoogle Mapを拡大していくうちにこの寸断された部分を補うような
航路と思える一本のラインを見つけたのである。
それがホワイトビーチ手前のバラテロ港から Abra de long の航路である。


20141010121128eaa.jpg


今回はその航路を試しにAbra de longへアプローチしてやろうと試みた。
その船着場であるバラテロ港へ向かうにあたり先日、ホワイトビーチへ行く際に
プエルトガレラの町まで乗った同じジプニー20ペソに乗車する。


201410101211277a4.jpg


今回もある程度、客が集まっていたのでほとんど待ち時間無しで出発した。


20141010121036c3e.jpg





20141010121118f56.jpg


サバンから乗ったジプニーをプエルトガレラで降りて
ホワイトビーチ方面へ行くのは公共の交通機関が無く

料金交渉を必要とするトライシケルに頼る事になる。
プエルトガレラ~バラテロ港 3人で100ペソ 240円


2014101012120618c.jpg


プエルトガレラから15分程度走りバラテロ港に到着した。


20141010121028367.jpg


このバンカーボートが道路が寸断された部分を補うバンカーボートで

バラテロ港~ Abra de long まで200ペソ 480円+ターミナルフィー10ペソ


20141010121032d11.jpg


バラテロ港~ Abra de long は毎日 10:30に1本のみ出ており
逆のAbra de long ~バラテロ港へのボートは Abra de long 12:00発の同じく1本のみ
お約束のように出発時間はフィリピンタイムでこの日は10:55に港を出た。


20141010120943b0a.jpg


この区間、道路が寸断されてるにも関わらず、利用客が少ないのか
乗客は15人程度でゆったりと座れた。ただし貨物船も兼ねてるので
船内はランブータンが山積みで時折、失敬し喉の渇きを癒した。


201410101209420f5.jpg


バンカーボートは海岸線を走るので景観が良く名も無いような小さなビーチが

現れたと思うと、画像のような大きなホワイトビーチも見ながらの航海である。


201410101209389dc.jpg


バラテロ港から1時間10分程度の船旅の末、12:05 Abra de long に到着した。
さてオリエンタルミンドロ州からサブラヤンの町があるオキシデンタルミンドロ州へ
移動で有るが最近はバスから1boxのVANに世代交代の傾向で有る。








2014年度 10月2日からのフィリピン・台湾・石垣島・沖縄本土の旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2014年10月2日 比国・台湾・石垣島・沖縄本土の旅、先ずは関空からマニラへ

2) 2014年10月2日 マニラT3 空港から深夜にエルミタ・サントスペンション

3) 2014年10月3日 マニラからプエルトガレラ・サバーンビーチへ

4) 2014年10月3日 バタンガス港からサバンに上陸・シーショアリゾートへ

5) 2014年10月4日 プエルトガレラ・サバンビーチ vol-1

6) 2014年10月5日 プエルトガレラ・サバンビーチ vol-2

7) 2014年10月6日 サバンビーチからジプニーでプエルトガレラ・ムリエ港 へ

8) 2014年10月6日 プエルトガレラ・ムリエ港 からホワイトビーチへ向かう

9) 2014年10月7~8日 プエルトガレラ・サバンビーチでの食事

10) 2014年10月9日 プエルトガレラからパブリックボートで Abra de long





関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1229-827c71d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。