アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミンドロ島 Abra de long 港からサブラヤンへ

2014年10月9日

オキシデンタルミンドロ・サブラヤン・北バンタン島 Beach Resort Wi-Fi 回線
ipad mini 更新・今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


ブログの日程・後日更新用に仮ページを作っています。
帰国後に画像・説明文を追加していきます。



プエルトガレラ・サバンビーチから同じオリエンタルミンドロ州のAbra de longへ
移動するに従い、バタンガスへ戻らずにバラテロ港から Abra de longへ移動出来たので
体力的には楽であったが、バラテロ港を出発したのが11時と1日の移動の始まりには

遅い時間帯だけにAbra de longからサブラヤンへ移動し今日のところは
サブラヤンの町で1泊した方が楽だなと気持ちを切り替えた途端、楽になった。


フィリピン地図


旅行日程に制限がある短期旅行者なら、その日のうちに北バンタン島 Beach Resortへ
入り、夕日を肴にいっぱいやり、寝るだけでも良いんだろうが

貧乏性の僕はフルにリゾートでの滞在を希望するだけに北バンタン島の対岸の町
サブラヤンで安宿に泊まりあくる日の早朝に北バンタン島へ入ろうと計画した。


20141010211242c2c.jpg


ミンドロ島も舗装が進み、今やオンボロバスから1box VANがミンドロの足にオンボロバスも
走ってはいるが本数は少ない。Abra de long に到着した際に昼食でもとの思惑はハズレて直ぐに
出発した。同時に帰りのバタンガスまでのフェリースケジュールも聞けずじまいだ。


201410102112060ca.jpg


前回はここマンブラオで乗り換えさせられたが今回はAbra de long からVANは他の客が
言うには、デレーチョ・デレーチョ…。乗り換えなしに一直線でサブラヤンまで
行くらしい。マンブラオの町にはホテルを含めて安宿も数軒存在する。


20141010211201a54.jpg


途中の車窓である。西海岸沿いの移動だけに川は海へと開かれるため

漁師のバンカーボートがたくさん係留されていた。


20141010211255890.jpg


ドライバーは途中での客拾いに精を出し、また降りて行く客も多い。
VANのドライバーはタイでも同じだが結構飛ばしひゃっとする場面も…。
15:10 トイレ休憩も無く約3時間走り続けてサブラヤンのバスターミナルに着いた。


20141010211252c59.jpg


サブラヤンのバスターミナルから徒歩8分の前回に泊まった安宿に向かう。


20141010211126b90.jpg


宿の女主人の名を用いたEMILY HOTEL サブラヤンでは欧米人にも知られてるらしく
今回も1組の欧米人を見かけた。なんでもアポリーフへ潜りに行ってたらしい。
嬉しい事に女主人は前回に泊まった事を覚えており歓迎してくれた。


20141010211202811.jpg


シングル・ファンルーム トイレ・シャワー別、200ペソ 480円

相方に坂本くんは独房と呼んでいてた。


20141010211131398.jpg


サブラヤン・パブリックマーケットの裏側に食堂が数軒並んでいる。


20141010211337571.jpg


トイレ休憩が無かったので16:00に遅い昼食をとることに

こんな時間に昼食をとって夕食が食べれるかな~ って心配する二人である。


20141010211128616.jpg


宿の前の漁港、入江、ここから北バンタン島へバンカーボートで渡してもらう








2014年度 10月2日からのフィリピン・台湾・石垣島・沖縄本土の旅


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2014年10月2日 比国・台湾・石垣島・沖縄本土の旅、先ずは関空からマニラへ

2) 2014年10月2日 マニラT3 空港から深夜にエルミタ・サントスペンション

3) 2014年10月3日 マニラからプエルトガレラ・サバーンビーチへ

4) 2014年10月3日 バタンガス港からサバンに上陸・シーショアリゾートへ

5) 2014年10月4日 プエルトガレラ・サバンビーチ vol-1

6) 2014年10月5日 プエルトガレラ・サバンビーチ vol-2

7) 2014年10月6日 サバンビーチからジプニーでプエルトガレラ・ムリエ港 へ

8) 2014年10月6日 プエルトガレラ・ムリエ港 からホワイトビーチへ向かう

9) 2014年10月7~8日 プエルトガレラ・サバンビーチでの食事

10) 2014年10月9日 プエルトガレラからパブリックボートで Abra de long

11) 2014年10月9日 ミンドロ島 Abra de long 港からサブラヤンへ






関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://asiadiver.blog101.fc2.com/tb.php/1230-91edc790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。