アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン アンヘルスからクラーク バリオバレットへ向かう

2014年11月28日
SMART BRO SIM 999ペソ ipad mini 更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C

三日間滞在したアンヘルスを離れスービックへ向かう事にした。
同時に今までグループ行動していたのもここで各自、別々になる。

タクシンさんは一路マニラを目指し、その後はセブ島へ飛び
ナオさんはアンヘルスで更に二泊してからダスマリニャスに戻る予定である。


20141129073925805.jpg




北ルソン-小


目的地のクラークにバリオバレットは地図上で、アンヘルスの左側の海岸辺りである。


出発当日は8:50分に宿をチェツクアウトしてDAUのバスターミナルへ向かう。
あらかじめネットでの情報ではオロンガポ行きのバスを乗車するにあたり

エクスプレス(高速道路)を走るバスに乗車するようアドバイスが
書かれていたのでそれに従った。9:20発のオロンガポ行きバス140ペソ


2014112907383569b.jpg


DAUのバスターミナルを出てから直ぐにハイウェイに乗っかり暫くすると

右側車窓には国際線の就航も進むクラーク空港が見えて来た。


201411290728313d7.jpg


以前に教えて貰ったのだがピナツボ火山が噴火した際の火山灰が未だに残っていると

聞いていたので道中は目を凝らしていたらそれらしい大量の火山灰が確認出来た。


20141129162559b23.jpg


約1時間ちょつとでオロンガポに入りビクトリーライナーバスターミナル付近で下車
オロンガポ市内も都会だけに商店街などが充実していて滞在中の生活には
なんら困らないようだけど日本を出てからは都会の喧騒での街ぶらにも少し
飽きて来ていたので、どうせなら水質が悪くても海を見て潮風に吹かれてみたいと

オロンガポ市内での滞在は見送りバリオバレットへもうひと足伸ばす事にした。
それに従いネットでの情報はブルーのジプニーに乗るとバリオバレット方向へ
行けると調べていたので迷わずに13ペソ 33円で向かった。


201411290723258eb.jpg


例によって満員に成らないと出発しないジプニーで有るが
一本道の路線だけに直ぐに満員になる。この辺りを旅されてる方の
ブログを読ませて頂くと、こんな簡単のジプニー路線でしかも

乗客が集まるのにジプニーで13ペソ33円のところを150ペソ390円も支払って
乗られてる方をしばしば見かけるのは実に残念だと思う…。

ジプニーがちんたらしていると怖い物乞いがやって来た。


201411291627054a1.jpg


安宿の情報が、検索を試みるがいまひとつヒットしないバリオバレット地区
そもそもバックパッカーなどが訪れる地では無く短期休暇を利用して
やって来る勤め人が絶対数を占めるのであろうと思われる。

そんななか、沖合に浮かんだ筏でお酒が飲めるフローティングBARが
有るビーチがあり、なんでもそこはブルーロックリゾートとの名称らしく
頭の片隅にその記憶が残っており、取り敢えずはその辺りのビーチを目指した。

画像はジプニーに乗車した際、ドライバーにブルーロックと伝えておいたら
降ろされたハイウェイ上で、ここから枝道をビーチの方へ突き進むと
ブルーロックも含めて手頃な宿が見つかったのだがビーチフロントと言うだけで
1200ペソ~1500ペソと予算オーバーの答えが返って来て断念、再び宿探しである。


20141129071107ddb.jpg




20141129202146ddb.jpg


そんな折にバックパッカーで気づかった臭覚でたどり着いたゲストハウス
UP THE ALLEY 予算ギリギリの900ペソ 2300円お得意の値切りに掛かるが
1Weekなら800ペソ/Day と強気を最後まで通されあえなく妥協する。

黄色のナショナルハイウェイでジプニーを下車して赤い矢印が今回の宿である。


20141129072318067.jpg


フィリピン人の奥さんとオーストラリア人の旦那が経営してるのが
屋上になびいている両国の国旗で一目瞭然である。

建物は新しく客室は1階にあるだけに蒸し暑くは無く
ファンルームの設定があるなら、それで十分だと思うが
この辺りはエアコンがデフォルトのようである。


20141129072159690.jpg


同額程度で数軒あるゲストハウスはエアコンにベットとテレビだけだったが
ここはエアコンにキッチンや冷蔵庫、ガスコンロに食器類、椅子にテーブルと
私的には、ここをコスパなオススメ宿と言えるだろう。


20141129072013e22.jpg


この辺りの宿は部屋がシーフロントで無くても、宿自体がシーフロントなら
この画像の部屋と同等程度で1500ペソ前後が協定価格のようだ。


20141129071111773.jpg


アンヘルスのコアラHotelでは温水設備が有りながら出なかったが
ここでは熱いくらいのホットシャワーが使えた。


201411291705414cf.jpg


@ ↑ ちなみにハイウェイ沿いでファンルーム600ペソの部屋を見つけたが
小汚いし蒸し暑くオススメは出来ない。バリオバレットに泊まるなら
最低でも僕が泊まったUP THE ALLEY が最底辺と思う方が楽しめると思う。








2014年度 下半期最終プチ越冬 関空からフィリピン・マニラへ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2014年11月19日 先ずはセブパシフィック航空で関空からマニラへ

2) 2014年11月20日 関西空港からマニラ・エルミタ地区 安宿 サントスペンション

3) 2014年11月20日 フィリピン マニラ・ベイウォーク・キアポを町ぶら

4) 2014年11月21日 番外編 フィリピン マニラ・滞在中の食事

5) 2014年11月22日 マニラからFacebook友達が住むダスマリニャスへ向かう。

6) 2014年11月22~23日 ダスマリニャス エリアC地区 ピノさん邸 民宿今井

7) 2014年11月24日 フィリピン ダスマリニャス エリアC地区

8) 2014年11月25日 フィリピン ダスマリニャスからアンヘルスへ向かう。

9) 2014年11月25日 アンヘルス到着後 コアラHotelとマバラカット神風特別攻撃隊碑

10) 2014年11月26~27日 フィリピン アンヘルス フィールズ&コリアンタウン

11) 2014年11月28日 フィリピン アンヘルスからクラーク バリオバレットへ向かう






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。