アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン クラーク オロンガポ バリオバレット地区

2014年11月28日
SMART BRO SIM 999ペソ ipad mini 更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


北ルソン-小



目的地のクラークにバリオバレットは地図上で、アンヘルスの左側の海岸辺りである。



さてアンヘルスから移動して来た町であるがガイドブックも含めて
日本人の知名度はオロンガポ・バリオバレットを総じてクラークと呼ぶのがおおよそ
認識されているようで、僕みたいなバックパッカーにはよく解らないのが本音である。

前回の10月に旅をしたフィリピン・プエルトガレラで僕のダイビングの師匠でもある
イギリス人のRickが大深度潜水(水深40mから100m程度まで)を安全に行う
テクニカルダイビングの講習(非常勤講師)とやらでたびたび訪れているのが
クラークと彼が言っていたのでここの事で有ろうと思う。


20141129202146ddb.jpg


今回の画像は赤色の矢印の周辺をビーチも含めて歩いた時のものである。


20141130184827821.jpg


宿に荷物を置き早々にバリオバレット地区のビーチ編と称して
出かけてみた。画像はビーチから一本入ったいわゆる生活道路で
この辺りには1500ペソ前後の宿から、セブ島マクタンでも通用するような

豪華なリゾートまで集まっている。他人様のブログで書かれていたように
安食堂の代表格である現地人が利用するトロトロを見かけないと
書かれてはいたが少なくてもビーチ沿い道路でも2軒は見つける事が出来た。


20141130184235d36.jpg


まあこの辺りで滞在する欧米人も含めてアジア人も食事は
リゾートで高い料金を払って食べるのが普通なんだろうがね
要するにバックパッカーが来るところでは無いわけだ


20141130184548ec5.jpg


沈船ダイビングは数ヶ月住んだ事のあるパラワン・コロンで何度として潜り
透明度の悪さから今ひとつ好きに慣れず、僕的には印象が良く無いのだが
ここバリオバレットでも沈船を専門に潜るダイビングショップが存在する。

つまりフィリピン争奪のスペイン・アメリカ戦争当時(19世紀後半)の船や
太平洋戦争当時(1945年前後)の船が沈んでいるという。


2014113018490210d.jpg


どこにでも元気な人間はいるものだ、どこでピックアップしたか知らないが
フィリピンの女性と早朝からランニングしてる姿がビーチで見られる。

おおよそクラークのビーチとは、だいたいこのような類いなんだろう
ローカル以外にこの汚れた海で泳いでる観光客など見かけないし
ツーリストは、100歩譲ってリゾートのプールで泳ぐんだろう…。


20141130184340ae4.jpg


ここの名物と言うか迷惑と呼ぼうか、物売りのしつこさである。
フィリピン中、あらゆる観光地につきものの物売りであるが
ここバリオバレットのビーチはインド並みである。


20141130184338737.jpg


さっきも書いたが外国人観光客は海で泳いでるのを見かけないと言ったが
皆さん昼間はリゾートのレストランでソフトドリンクやお酒を飲む以外は
沖合に浮かぶBARへ筏で渡り海風に吹かれて各自リラックスされてるようである。


2014113018451867e.jpg


夜の帳が降り始めると沖合のBARはイルミネーションで飾られ
大音量のミュージックと共にお酒が進んでるようである。

喧しい音楽が苦手な人はリゾートのレストランで飲むのが賢明だろう
ブルーロックリゾートのレストランは毎晩7時頃からライブミュージックが
始まり海風に吹かれながら、まったり出来るのでオススメである。


20141130184141fe7.jpg


確かにプエルトガレラ・サバンビーチでもハイシーズン中は
沖合に同じようなフローティングBARは浮かぶんだがここの規模は違うね








2014年度 下半期最終プチ越冬 関空からフィリピン・マニラへ


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2014年11月19日 先ずはセブパシフィック航空で関空からマニラへ

2) 2014年11月20日 関西空港からマニラ・エルミタ地区 安宿 サントスペンション

3) 2014年11月20日 フィリピン マニラ・ベイウォーク・キアポを町ぶら

4) 2014年11月21日 番外編 フィリピン マニラ・滞在中の食事

5) 2014年11月22日 マニラからFacebook友達が住むダスマリニャスへ向かう。

6) 2014年11月22~23日 ダスマリニャス エリアC地区 ピノさん邸 民宿今井

7) 2014年11月24日 フィリピン ダスマリニャス エリアC地区

8) 2014年11月25日 フィリピン ダスマリニャスからアンヘルスへ向かう。

9) 2014年11月25日 アンヘルス到着後 コアラHotelとマバラカット神風特別攻撃隊碑

10) 2014年11月26~27日 フィリピン アンヘルス フィールズ&コリアンタウン

11) 2014年11月28日 フィリピン アンヘルスからクラーク バリオバレットへ向かう

12) 2014年11月28日 フィリピン クラーク オロンガポ バリオバレット地区





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。