アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

2015年4月12日〜13日
ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港FREE Wi-Fi ipad mini 更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


バンコクの空港でトランジットの間、幾度となく見に行った出発時間を記載された
電光掲示板、どうやら遅延は無さそうでエアーインディアの搭乗口へ向かう

搭乗口で再度、パスポートにボーディングパスとビザをチェックされ関空から
乗っているのでムンバイの空港で受け取る荷物のチェツクもついでに確認までしてくれ
無事にエアーインディアに運ばれた事も口頭で教えて貰え予想外のサービスで一安心である。


20150413050624ac5.jpg


エアーインディアの搭乗口は多くのインド人で溢れ大声が飛び交い賑やか

関西空港からのタイ航空と一転しガラリと客層も匂いまで変わった。


インド-1


ところでインドのビザであるが今年の1月初めに大阪のインド領事館で
既に取っており不意の左足骨折が無ければ2月1日に越冬旅に出かける予定であった。
幸いにもインドビザの有効期間は6ヶ月あり今年の1月初めに取っているのだが

その期限が7月初めまで残っている。余談であるがネット検索でインドビザ申請など
文字を入れて貰うと分かるのだが書類の作製が面倒くさいもこの上ない
書類、必要項目を埋めるのは今やネットで可能なんだけど英文で4枚も書かされ

必要項目を書き込んだ後にプリントアウトしてインド領事館へ提出の際にスタッフが厳しく
チェツクして記載もれ、間違いはその場で訂正不可で再度ネットから作製のみ受け付けられる。

その時の模様を個人ブログに書いてる人もいて、中には6回も訂正させられインド行きを
見送ろうとした人やら、お金を支払って代行業者に任せた人もいてて
読んでいてなるほど思う点が多く、皆が苦労してるのがよくわかった。


20150413051559f80.jpg


バンコクからムンバイまでのエアーインディア331便はこれまた
最新鋭機のボーイング787 ドリームライナーである。

通路側を指定したので窓側の席のゲストが来る前に噂のボタンで窓ガラスの濃度が変わる
ボタンを押して試してみると、ほんと色が濃くなって行き最後は真っ黒に。。
今までのように日除けを上下するのでは無いので初体験である。

2015041305155673c.jpg


このブログを読まれてる方で、何を今更って思われてる人もいるだろうが

最近はLCC 一辺倒だっただけに最新鋭機は珍しい身なんである。


20150413051552d44.jpg


宗教に厳格なお国柄、お酒は提供されるのか心配だったが
ビールの銘柄はカールスバーグ、それに冷えた白ワインもあるのだが

周りの皆さんは敬虔なヒンズー教徒なのか終始、オレンジジュースを飲んでいる。
それなら僕の為にワインの封を開けてしまったもののようなので遠慮なくお代わりした。


20150413051558518.jpg


機内食は三種類ほど用意されてるのだが、ひとつは魚、もうひとつは鷄

後のひとつは、ダメとの事を言われたので他の宗教の人が予約したのかな。。


20150413051602299.jpg


さてエアーインディア331便は揺れも無く、ほぼ定刻のPM11:40分に
ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港に到着する。

夜間はそれほど暑くは無いとの情報だったが、朝晩まだまだ寒い日本から来た身には
蒸し暑さも手伝い、十分に夏を感じた次第である。

同時刻に到着している他の航空会社の便は無いのか入国審査の列も人が並んでおらず
審査もHotelの地区を書き加えろと言われたくらいでスムーズに入国出来た。


20150413051645fee.jpg


さて前もってムンバイへ入国した時間を夜中の12:00前後だろうと思っていたので
今宵は大人しく空港で夜を過ごすつもりだったので寝場所を確保に空港内を歩きまわるが
自分の許容範囲に入るこれと言って良い場所が見つからない。


2015041305164653d.jpg


ベンチは何ヶ所にも設置されてはいるのだがどれもご丁寧にアームレスト(肘たて)が
付いており横にはなれない、または横にはさせない寝転ばせないぞ〜ってな作りで最悪

空港内の冷たい大理石の床にごろ寝と考えたがインド人お約束の髭づらセキュリティーが
うろちょろして、それもさせないぞ〜ってなオーラを出してやがる


1_2015081606555643e.jpg


(ここで厚かましく氷だけを無料で頂きバンコクの空港で
買ったスコッチを寝酒として飲み明かした。)


2015041305165018a.jpg


こちらも構わずに尚も空港内を夜中に徘徊する謎の東洋人のオーラを出しまくりで
1階?地下?へ降りれる階段を見つけて行ってみると4脚のみリクライニングチェアで
足置きも付いた椅子を見つけて残り二席を取り敢えずは確保でき、超ラッキーであった。

だって一階、地下も含めて肘たてが付いた寝転べない椅子が200席以上も有るのに
本革のリクライニングチェアは4席のみの超高倍率の狭き門であるのだから


2015041305165251c.jpg


落ち着いた所で寝場所付近のスナックカウンターでミネラルウォーター20Rと
氷を無料でもらいバンコクの免税店で買った500Bのスコッチを飲み始める

空港は深夜であろうが飛行機の到着があるため
両替屋とプリペイドタクシーのカウンターは開いている。
何よりも快適スピードのWi-Fiがありがたいのであった



画像は順次、増やしていきますのでチェックしてね!








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日〜13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。