アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

2015年4月13日
ムンバイ・Hotel VOLGA FREE Wi-Fi ipad mini 更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


インド-2


(今回の南インドでの大まかな予定ルートである。)


AM6:00 夜も明け少し明るくなりだしたので空港内24HR営業の
プリペイドタクシーカウンターへ行き初日の宿と決めているフォート地区にある
トラベラーズインHotelまでノンエアコンタクシー640Rで向かう。


2_20150816065803e07.jpg


(エアコンタクシーは100ルピーほど高い)インド人はタクシーの天井にまで
荷物を積むのでそれら荷物の数も料金超過されるようである。


10_20150816065806fd4.jpg


タクシー乗り場にたどり着くとまるで中東にでも迷い込んだような様相である。


11_20150816065808ed6.jpg





3_2015081606580577b.jpg


オンボロ軽バンのタクシーは、空港の敷地を出た途端にインド人のDNAに
刻み込まれている乱暴な運転で走り出した。空港の周りはと言うと大きな建物が
あるわけでも無し、ブロックで隔たれた貧民街がしばらく続いて煉瓦造りの

貧相な家屋からは朝の志度を始めているのか、ご飯を炊くマキの煙が各家々から
立ち上がり、腰巻き姿の親父は水の入った空き缶を手に朝一番の用を足しに行く姿を
見た瞬間、インドへ来たぞ!っとみょ~に嬉しくなった。


20150415105918b29.jpg


早朝で空いてるのも手伝って広い道路をオンボロ軽バンは猛スピードで飛ばす。
前方左右に現れたトラックやバイクには容赦なくクラクションを浴びせ
指示器など一切つけずに割り込む、よく見るとオンボロ軽バンは左右のバックミラーも

付いてない、始めからすり抜け用に付けて無いのか無謀な運転の繰り返しで
飛んで行ったのか、今やF1レーサーとなっている親父に聞く勇気も無かった。
ガイドブックにはムンバイの朝夕のラッシュは尋常ではないと書かれていたが

さすがにまだ早朝なので大した事ではなく、宿の近くまで来たようで
親父は道すがらの人に宿の名前を言って探しながら7:00頃に宿の前まで送り届けてくれる。


4_2015081607001637b.jpg


まだ朝も早いのかレセプションの男は居眠りしていたが起こして
予約確認書を見せてチェックインは11:00と聞いていたので荷物を
預かってもらいインド門でも見に行こうと思う。


201504151059572da.jpg




9_201508160659504de.jpg



それと今回はリハビリ旅と言うのと初日が空港泊なのでムンバイ1泊目は
早朝から宿のスタッフを起こしもっての宿探しもなんなのでネットの

Hotel予約サイトから初日だけ予約を入れておいた。
噂どおりでムンバイの宿はインドで1番高いと言われてるのを実感するのである。

( AC トイレ・シャワー Free Wi-Fi 朝食付 2300R 4600円 )


8_201508180626462fd.jpg


朝食付きって事から南インドの朝食では鉄板のイドゥリと呼ばれる醗酵した

蒸しパンのようなものとバナナ・コーヒーが部屋まで運ばれて来た。


1_20150818063119e39.jpg


この程度の簡単な食事(昼食)なら円安ながら、日本円で100円もしない


20150415110051e86.jpg





20150415110053645.jpg


トラベラーズインHotelがあるフォート地区も大都市ムンバイゆえ、こざっぱりした
インド好きには少々物足りない景観が続くのだが、大通りから一歩逸れると
過去のインド旅行で出くわした懐かしい風景と出会えた。


20150415110055604.jpg






20150415110135db9.jpg


やっぱりインドは本当に面白い。過去4回のインド旅行で、どっぷりつかったはず

なのだが、この感情が人々を何度もインドに呼び戻す力なのかなと思ったりもした。


20150415110136684.jpg



7_20150816070214776.jpg



20150415105956ff7.jpg


ムンバイでの観光のひとつインド門の辺りには星ひとつのゲストハウスから
タージマハルHotelのような5つ星のHotelまで多種多様との事なので検証してやろうと思う。

インド門は早朝という事もあって観光客もまばらで直ぐ近くには格式の高い
タージマハルHotelも堂々とそびえ建っていた。


8_201508160702155e4.jpg



20150422002421b56.jpg


さて明日からの宿探しをするのは良いが、トラベラーズインHotelがある
フォート地区からここまで重たいバックを背負い、クソ暑い日中に
移動するのを思い浮かべるとテンションさがるな~~



画像は順次、増やしていきますのでチェックしてね!








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ



関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。