アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

2015年4月16日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C

Hotel Volgaにもう一泊するので宿のオーナーに試しに100R少なく手渡して
OKかと聞くと、ニャリと笑い最終日は1100R 2200円にして貰える。
我ながら毎度、せこい作戦に呆れるが、おのずとゲームを楽しんでいるのである。

リハビリ旅と称して初日にトラベラーズインHotel 2300R 4600円を予約したが
結果、最初からHotel Volgaに来れば良かった。まあ初日は気分的安心代としておこう


20150421133047cde.jpg


今日はムンバイでは有名な、いゃあインド全土でも名を知れた最大の野外洗濯場である
「ドービー・ガート」を見に行こうと思う。先ずは炎天下、宿から歩いて30分くらいの

チャーチゲート駅へ向かう事にする。駅までの道中にもたくさんの歴史的建造物が
残っておりそれを眺めながらリハビリウォークと思えば足取りも軽い。


20150421133355485.jpg





20150421132447455.jpg


チャーチゲート駅にたどり着き、幸いにもラッシュのピークは既に過ぎていたので
キップを買う窓口も空いており「ドービー・ガート」の最寄の駅で
「Mahala xmi 」駅まで求めると5R 10円と安いのには驚いた。


前日タクシーに乗って安い安いと軽はずみで言ったものの、庶民の生活は改めて
このくらいなんだと感心させられた。さて駅にはたくさんの公認の靴磨きがいて

料金は10R 20円だそうだ。これから向かう「Mahala xmi 」駅までは5駅目で
目的の駅名が車内から確認出来ないと困るので列車内では駅に着くと数えておいた。


201504201804152ff.jpg


列車は風通しが良いようにと扉は開けっぱなしで走り出すと快適である。
そう言えば駅にはキップを確認する改札の人間もいなく降りた駅にも
改札も何も無かった。不正乗車する人はいないのかな?

外国人にすれば安いので不正乗車は無いだろうが、例えばキップ売り場が
長者の列なら。。並ぶのが面倒なので外国人の僕としても考えてしまうな~


20150421132444652.jpg


「Mahala xmi 」駅で下車して出口のある階段を上ると直ぐに「ドービー・ガート」が
見えるので、これからどちらの方角へ歩いて行くのかは一目瞭然である。

ただここでは洗濯場の場内へ入って見学するのではなく観光の皆さんは
陸橋から一部を見るだけなんで正直、5分もあれば観光は終わってしまう。


2015042113244634c.jpg


陸橋は名所になっているのか観光客が集まるらしく、身なりの良くない
路上生活者のような人達が孔雀の扇子やらお土産物を売るのに適してるので
色々とまとわりつかれる。さて直ぐに見物も終わり引っ返すのもなんなので


2015042113240304b.jpg


直ぐ横には陸橋から下へ降りる階段が有り洗濯場の塀沿いに歩けるようなので
降りて行くと直ぐに自称洗濯場案内のガイドが現れ200R 400円で場内を案内すると

言い寄ってくるが、情報によると洗濯場内で撮影した労働者やらに金品の要求やらで
トラブル事が多いらしい。それに洗濯場の水はけの悪い所を歩くのも考えものだ。


20150420180033d0a.jpg


陸橋の階段を降りてからは塀沿いに何ヶ所か洗濯場への入り口が有り場内を覗くと
直ぐに自称ガイドが寄って来る。鬱陶しいので立ち去る事にした。

またこの辺りは下町ぽく何ヶ所か路地がありインドらしい空間に思わず吸い寄せられ
手短に撮影して因縁を付けられる前にこの場を後にした。


20150420180005b9c.jpg


帰りも同じ路線の電車に乗りムンバイ(チャーチゲート駅)ひとつ手前の
「MALINE LINE」で寄り道のため下車して、昨日に行ったエアコン付きの飯屋へ
20分ほど歩いて到着したもののあいにく休日でがっかりである。


20150420180027007.jpg


せっかく旧市街へ来たのだから僕的にはムンバイで1番インドを感じられ好きな
Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院がある周辺へ汗だく覚悟で向かい
街ぶら撮影をこなして前回同様にオンボロ軽バンのタクシーで宿まで戻った。



《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。