アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インド プネーの町を歩く-1

2015年4月18日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


ムンバイでのエアコン部屋の風にやられたのか、数日喉が痛く
少々風邪気味だったのがどうやら昨夜が峠だったのか快復の兆しである。


インド-2


朝食は宿から出た直ぐの商店街に甘味屋があり、そこで3個 20R 40円で菓子パンを
買って部屋でコーヒーを作り食べる。さてプネの町を探索に出かけようと思うのだが

《左側上のムンバイから南へ200㎞ プネーの町に滞在中である。》


2015042216541221e.jpg


そこでガイドブックのいち小説を引用させてもらうと

「多くのインドの都市同様にプネーもまた旧市街と新市街と対照的な顔をもつ」


20150422165416f7b.jpg


宿泊中のプネーの駅前は、はちゃめちゃの何でもありの世界で、十分にインド的混沌が

あるのだが、一応は新市街に区分けされそれならと言う事で旧市街へ向かった。


2015042216524348e.jpg


ガイドブックにはオートリキシャの利用を勧めているが、日頃から土地勘を得るには
歩くに勝るものは無いとの信念を持っており、距離的にも高々2㎞程度だしと
歩き出したが、ガイドブックが言わずとしているその意味が理解出来た。


201504221654072b7.jpg


道路の端にはバイクの駐車やら自動車の路肩駐車に交通法規など無視をしたインド人の
ドライバーが運転するバイクなどで無法地帯化してるので、歩いててバイクや
オートリキシャに引っ掛けられないか気が気でなく神経がやまない。


2015042216531860e.jpg


とにかく回復はしてるものの骨折後の旅だけに、いつも以上に神経が尖る。
全くもって、これを無理やりリハビリ紀行と呼び旅してる僕もどうにかしている(笑)


20150422165248c23.jpg


旧市街の中心に向かうにあたり、先ずは人に聞き持って歩かねば始まらないので
目的地を旧市街のKadba Ganapati 寺院と決め道が分岐する毎に人に聞き歩くのだが
相変わらずバイクやオートリキシャに注意しての路肩歩きは数倍疲れる。


20150422165320fcb.jpg


ムンバイでは、これに増し暴走自転車も加わっていたがプネーでは見かけない。
アジア各地で言える事だが自家用車は別として、分割払いやらで手軽に買えるように
なったのかバイクの増加がベトナム同様にインドでも大いに言える。


20150422165249381.jpg


炎天下30~40分くらい歩いただろうか町は様相を変え旧市街の真っ只中にいるようだ
どうせよそ者の僕には帰りは迷子になるだろうから、オートリキシャを使うつもり

なんで枝道をどんどん入って行き完全に東西南北が分からない街ぶらの極意を
楽しんでみようと思う。安易にここで町歩きを楽しんでると書くとご機嫌のようだが


20150422165323462.jpg


20150422165413794.jpg


プネーはデカン高原の熱風が吹き付けてるのか日中は猛暑、汗だくの街ぶらで
時おり日陰に入り屋台のライムジュース・サトウキビジュースを飲んで体力の
維持に努めていないと軟弱な日本人なんて熱中症でぶっ倒れてしまう。。



《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。