アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

2015年4月20日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


今日は19:30のバスでゴアへ移動する日だ。ムンバイで滞在していた欧米の旅行者は
9割以上がプネーなど寄らずに寝台バスで15時間掛けゴアへ直行しているだろう。
また現役の社会人で時間の無い旅行者はムンバイから空路で足早に向かっている。

時間だけはいっぱいある身だけにプネーへ寄り道してゴアへ向かう事にした。
結果、ムンバイからは15時間の移動がプネーに寄り道した事で9時間30分のバス旅に

短縮された。バスの座席が無くなると困るので前々日にプネー駅の隣にある
市営バスターミナルでゴア行きのチケット販売窓口で購入しておいた。


20150426003431d97.jpg


ボルボ製とうたったバスで1000R 2000円 さてさて今夜の集合時間が19:00
宿のチェツクアウトが12:00 7時間もどうやって過ごそうか酷暑だけに悩まされる。

取り敢えずはHotelに重たいバックを預かってもらい昨夜に駅構内で見つけた
インターネットCafe に向かい、既に遅れがちの旅ブログの更新でもすれば
多少の時間潰しにと思うのだが、万事そう都合よくは行かない。

ネットCafeでWi-Fiに繋がり画像をアップする段階になると接続が切れる。
iPadが問題なのかと再起動を掛けると少し繋がるのだが直ぐに切れるの繰り返し。
うろうろ歩きまわらずに、せっかくの時間潰しに成ると考えていたがガッカリだ。


201504260014077b7.jpg


ネットCafeから出て今回は歩いていない駅の北側を歩きに行きに行き中級クラスの
Hotelを見つけWi-Fi が使えるか聞くが使えないHotelばかりである。。

炎天下の中を歩くのは思いのほかエネルギーの消耗につながりおまけに食欲も失せて
今回のインドでは昼食を屋台の揚げ物にした事か、どうやら今日もそのくちである。

まだまだ時間があるので、ゆる~いエアコンの効いたショツピングセンターと
言うには店舗数、品数の少ないプネー唯一の娯楽場のSGSモールへ向かい

さほど興味のない店舗へ時間潰しだけで入ってみたりとギリギリまで居座って
宿に戻り預けてるバックを受け取り時間があるのでここでもねばり集合場所へ向かった。


20150426003852551.jpg


プネーのバスターミナルに19:00集合と言われてるので少し早い目に行く事に
プネーの駅隣のバスターミナルはそれほど規模も大きくなく主に発着しているのは
近郊へ向かうオンボロバスばかりである。ゴアまでのチケットを売ってくれた職員は


201504260011482e8.jpg


到着が15分遅れると伝えてくる。どうやらプネーが始発ではないようだ。
15分が過ぎ出発時刻の19:30になってようやくバスは到着して乗り込む

エアコンの効いたバスは快適で車内は全員インド人で、やはり外国人は
プネーなんぞからゴア行きには乗らないようだ。


201504260011477d6.jpg


19:50出発、バスは直ぐに市内の渋滞につかまりノロノロ運転で走る事、1時間
プネーも町は大きくどこまでも繁華街が続く、初めてインドに来た80年代の
時代から比べ町の個人商店の照明は蛍光灯になり明るくなったものの

まだまだ暗く寂しい。2時間ほど走ってから休憩で小さなドライブインに停車
バス移動なので食事はせずにスナック類と持参のウィスキーを飲み寝る体制を作る。
バスは郊外へ出てから延々と右左と急カーブの連続を続け、急ブレーキも
加わるものだから座席が滑り腰に負担が大きく気がつけば体勢を整えるの

繰り返しのため熟睡は出来ず、このルートはかつてスマトラ島を縦断した際に
世界三大悪路と言われてるルートに匹敵する悪路である。
どうりで途中に車掌が丈夫なナイロン袋を乗客に配ってた意味が理解できた。


20150426001112f1e.jpg


そんな境遇でもウィスキーの酔いが手伝ってか幾分は寝たようで、車掌が間も無く
マプサに到着と乗客に放ち時計を見るとAM4:50分
バスはまだまだ夜が明け切らないAM5:00にマプサに到着した。


2015042600111566b.jpg


最初の予定ではゴアの中心とも言えるパナジにバスが着くと思っていて
そこからマプサまで少し戻る方角のバスを乗り継ぐ予定でいたのでマプサで
下車できラッキーであった。マプサは近郊のバスが通る関所だけに

小さいながらもバスターミナルがあり、それに伴い早朝から茶店が開いていたので
明るくなるまでチャイでも飲んで夜が明けるのを待つ事に。

それにしても夜明け前と言うのに蒸し暑くそこらじゅうに蚊が群がっており
エアコンの車内から掘り出されたべたついた身は蚊の来襲を受け不快な限りである。
ただ不思議な事に刺されたあとが無いのが幸いであった。


20150426001008489.jpg


AM6:00もまわり完全に明るくなったのでバイクタクシーでアンジュナビーチへ
150R 300円で向かう。ちなみにオートリキシャなら250R 500円
ここでは協定を組んでるようで一切の値引きには応じてくれない。


バイクで走る事、20分くらいでアンジュナビーチ界隈に差し掛かり
あらかじめガイドブックで目星をつけていた宿をドライバーが聞き持って

走っていると、どこぞの宿の送迎ドライバーが名刺を渡し走り去ったが
後々、その宿にお世話になるとはこの時は考えもしなかった。



《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動




関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。