アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南インド 北ゴア アンジュナビーチ

2015年4月21日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


前項の続きであるが早朝で未だ真っ暗なマプサでバスを降り明るくなってから
アンジュナビーチへ向かおうと蒸し暑いマプサのチャイ屋で夜が明けるのを待った。

それでも最初の予定では、この先のパナジまで連れて行かれると思っていただけに
真っ暗なマプサで降ろされたのも幸いと思わなければいけないんだろう。


20150426165036167.jpg


仮にパナジまで連れて行かれていれば、まずマプサというところへバスで30分
ここマプサでアンジュナ行きバスに乗り換えてさらに30分の工程である。

AM6:00もまわり完全に明るくなったのでバイクタクシーでアンジュナビーチへ
150R 300円で向かう。ちなみにオートリキシャなら250R 500円
(早朝で無ければチープなローカルバスが利用出来る。)


20150426165255bae.jpg


バイクで走る事、20分くらいでアンジュナビーチ界隈に差し掛かり
あらかじめガイドブックで目星をつけていた宿をドライバーが聞き持って

走っていると、どこぞの宿の送迎ドライバーが、その宿は現在工事中で
クローズだと言いながら自分の宿の名刺を渡し走り去った。
まあアジアでよくある自分の宿に泊まらせたい手段と受け取っておいた。


20150426165255c35.jpg


ようやく宿を探し得たものの早朝からか、声をかけても返事もない。
それに先ほどのドライバーが言ってたとおり工事中である。
それならばと今宵一泊だけのつもりでその宿へ向かう事にした。

OMKAR ゲストハウス。コテージタイプの部屋が建っており
オフシーズンの今は300R 600円 ・400R 800円 部屋は安い300R 600円の方が広い。
この宿はビーチまでは5分、離れてるのでいくらか安いようです。
取り敢えずは1泊だけ試しに泊まってみる事にした。


20150426164159efe.jpg


アンジュナビーチ周辺の安宿は今の季節、エアコン付きで1500R 3000円
僕が泊まった宿や画像のようなベーシックなタイプで500R 1000円前後
質素な宿にしろビーチに近ずくと800R 1600円は言ってくる。

それに12月~2月のハイシーズン(パーティが開催される時期)は
部屋代が恐ろしい事に、2倍~3倍に跳ね上がると言うから驚きだ。


201504261650364ce.jpg


12月~2月がハイシーズンと言われてるだけに、この季節は波が高いのかな。。
次から次へと押し寄せるものの直ぐに崩れるのでサーフィンとまでは行かないが
ボディーサーフィンなら十分に楽しめるの高さの波がひっきりなしに押し寄せます。


201504261642468bc.jpg


シーズンオフだけに込み合ってるというほどではなく、穏やかな雰囲気

レイブやパーティなんぞ興味の無い叔父さんバックパッカーは "これでいいのだ"


20150426164725f7e.jpg


さてお腹が空いたので適当なレストランに入る事に
そろそろカレーにも飽きて来たので(日本のカレーなら大丈夫だけど)

昼はフライドライスに決定!これ、インドでの昼食の定番です。
1日1食はだいたいこれですね...ww
ここはほぼリゾート地なので町中と比べて高いですね。


20150426164725ae4.jpg


アンジュナビーチは砂が赤っぽく想像してたのとは違ってたが
インドに来てるんだから、リゾート感を求めてもなんだし。。
サリー姿の叔母さんが、みょ~に インドしてて面白かったね


201504261642515c4.jpg


インドではムスリム地区を除き犬を放し飼いにしている場所が多い。
ここアンジュナでも例外ではなく、ビーチや民家でよく遭遇する。

タイのように人間より上、または同等と犬の方が思ってる場合は始末に悪いが
ここの犬は過保護に育てられていないので、多少なりはマシであるが。。

どうもここの犬はレンタルバイクが嫌いなようで、虫の居所が悪い時は
レンタルバイクに追走して吠えまくっている。轢かれた経験有りかな。。


201504261642165d0.jpg


アンジュナのレストランでは、オフシーズンであろうが毎晩のように
21:00~ から無料のライブ演奏が始まる。この時は苦手なテクノ?
サイケデリックな脳につん裂く音楽が延々と続いていた。

周りのテーブルからは非合法な煙の匂いが漂って来て懐かしいやら。。失礼ww
ヨーロピアンの皆さんは音楽に酔っておられた。早寝早起きの僕は
酒の酔いもあり次第に瞼が降りて来たので部屋に戻ったとさ。。



《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。