アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

2015年4月23日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


北ゴア・アンジュナビーチ。。くだんの宿であるが…
昨日の300Rの部屋が暑くて寝つけなかったので400Rの部屋に

移動して来たものの寝苦しさは同じであった。いゃむしろ暑かった。
さてどうしたものやら宿を変わろうか。。


20150427160630732.jpg


それともアンジュナを離れ移動しょうか、今回の南インドを巡るにあたって
ゴアのビーチは正直楽しみにしていたのだが、フィリピンやタイで綺麗な

ビーチやもっと痒い所に手が届くような極楽ビーチを見て来てる身には
アンジュナの感激度は正直低い。ここを目当てに来る欧米人のように音楽の

レイブを楽しんだり非合法な嗜好品を楽しみに来てるならそれなりに
楽しいんだろうが、毎晩レストランで演奏される無料のレイブにしたって
サイケデリックな耳に頭にガンガン響く音楽は興味が無い。


201504271606051b2.jpg


ガイドブックに書かれてるようにここでは何もせずに昼からビールでも飲んで
読書にふけるのが良いと勧めているが、4月5月は酷暑で日中なんて部屋に
おれたものじゃないし夜間だって朝方まで部屋の生暖かい空気は入れ替わらない


20150427160628ce9.jpg


それなら部屋代を3倍以上支払ってエアコンの部屋に移れば良いのだが
そこまでしてアンジュナビーチにいようと思わないし…
思い立ったら早いか荷物を詰め込みパナジの町へ移動しようと決めた。


2015042716044450b.jpg


宿のオーナーは部屋を2回も移ったあげく早々にチェックアウトかと閉口していたが
今夜も昨夜同様に寝つけない事を思うと嫌ぐちを言われようがかまわない。

移動に際し先ずはマプサへ戻るのだが行きは早朝だったのでローカルバスが
運行されて無かったが既にAM9:30なので運良くバスが客待ちをしており


201504271605421f9.jpg


マプサまでと確認をして乗り込む。15R 30円 オンボロバスは地元民を乗せて
マプサへ向かうのだが行きのバイクタクシーはショートカットで走ったのか

距離は短く感じたがローカルバスは地元民を拾いもってなのか遠回りで30分くらい
掛かってマプサに到着。続いて乗り換えるばすも人に尋ねもってなんとか
パナジ行きのバスに乗っかり15R 30円 20分くらいでパナジへ到着


20150427160448ff4.jpg


バスの中でパナジでの宿の方角を頭に入れておいて、ここでも人に尋ねもって
ゲストハウスが多くあり古い街並みが残る家の密集地。サン・トーメ地区まで歩き

ゲストHOUSE二軒ほど満員と断られた末にORAV's ゲストハウスが部屋に空きがあり
ファン・シャワー・トイレ付きで600R 1200円 人にオススメ出来る程では無いが

暑いので他に探しまわる気力もないので1泊だけと言い聞かせ部屋にバックを置いて
先ずはシャワーを浴びガイドブックに散策すると良いと書かれている
Frontainhas 地区に出掛けてみることにした。


201504271605134c4.jpg





2015042716060339d.jpg


街並みは他のインドで見られる様式と一変し青や黄緑、赤など鮮やかな色に
塗られた壁の家が並んでいる。初めての土地での街歩きは楽しいが日中は暑くて
日陰の風通しが良いとこに差し掛かると休憩していた。


2015042716051531e.jpg


2015042716054415d.jpg


ポルトガル時代の建物が並ぶ異国風の街並み。ゴアのビーチリゾートへの
拠点となる州都パナジ。バスターミナルでは外国人と見ると

タクシーの運転手がアランボールビーチなどと、ローカルバスでのアクセスが
不便そうなゴアのビーチの名前をあげて誘っていた。


《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。