アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息

2015年4月27~28日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C

南インドは、今日も朝から快晴である。
相変わらず沖から押し寄せる規則正しい波を見ているとインドにいるなんて
微塵も感じさせない、そんな景色を部屋の中から、ぼーっと見ている。


20150429154358433.jpg


それも飽きると真ん前の海で小一時間ほど泳ぎ、目の前の部屋に戻って

シャワーを浴びてから朝食兼の昼飯に行きレストランのWi-Fiでブログをアップする。


201504291544306bf.jpg


その後、気になっていたゴアからの移動先であるマンガロールまでのアプローチを
聞きにパロレムビーチ、メインゲート周辺に数軒並んでいる旅行社の一軒で聞くと
コンピューターで確認後、手数料を入れてAC 座席1200R 2400円と言われる。


20150429154356f82.jpg


パロレムビーチ最寄のカナコナ駅からマンガロールまでは地図で見ると
直ぐお隣の県に行く程度にしか見えないのだが実際は約390㎞ 。。
中国を旅した時と同様にインドは広いと実感する。


2015042915442888d.jpg


それにしたって料金が高すぎるので、他の店で聞くと、ぐっと下がって
565R+手数料が210R 合計775R 1550円。。よくわからんな~
ちなみにAC無しの自然の風(熱風)なら半額以下であった。


20150429154401e33.jpg


朝夕は元気に走り回ってる犬だって日中はぐったり。。


20150429154432561.jpg


この旅行社はネットCafeもしており、おまけにエアコンが効いて涼しいので
移動日は宿をチェックアウトしてから荷物を置かせてもらい
出発ギリギリまで居座らせてもらうので、この店でチケットを買うことにした。


20150429154355b17.jpg


《 インド到着から頻繁に食べてるダル・カレー(豆)》
《 街中で食べると100円くらいだが、リゾート価格は400円 》


20150429154400a87.jpg


宿までの帰りビーチ沿いは暑いので、裏通り(バス通り)沿いを
お土産物屋を覗きもってダラダラと引き返すが、今まで流れていた汗が
木陰に入った途端に魔法にかかったように、サーっと消え失せる。


20150429154427860.jpg


それとこのバス通りだがレストランもたくさんあって、ビーチ沿いのレストランから
比べて料金も安いしオススメである。タンドリー窯で焼いたチキンが絶品である。

《 夕方からビーチにテーブルが並べられキャンドルが灯される 》
《 雰囲気を望まなければ裏のバス通りにあるレストランが安くて美味いんだな 》


20150429154425c3d.jpg


ただこのバス通りのレストランに関してはWi-Fi環境は望めない。
僕のオススメとしては夜はビーチにキャンドルが灯された雰囲気も良いビーチ沿い
レストランで初日は食べて、二日目以降からはバス通り沿いのレストランで食べ

もしWi-Fi環境が必要ならば、旅行社兼ネットCafe 30分 30R へ寄るのがオススメである。
時間帯によってビーチ沿いのレストランはWi-Fiもゆるゆるで使い物にならない時があった。


《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

17) 2015年4月24日 南インド パナジ

18) 2015年4月25日 南インド パナジから南ゴア・パロレムビーチへ

19) 2015年4月26日 南ゴア パロレムビーチで休息

20) 2015年4月27~28日 南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息




関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。