アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南インド カルナータカ州 マンガロール


2015年4月30日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


22:30分マンガロール駅に到着した。あらかじめガイドブックに書いていたように
北へ向かうとゲストHOUSEがあるとの事なのでiPhoneのコンパスで方角どおりに
歩くとLodgeと書かれたネオンが見え(南インドではHotelは飯屋)


20150503182953499.jpg


そのうちの一軒のShamoon Lodgeで料金を聞くとツインルーム550R 1100円
1人で有ろうがツインルームらしく500R 1000円がラストプライスと言うので
部屋を見せてもらうが広くて十分なのと夜も遅いのでOKする。
全体に部屋の中が少し生暖かいのが気になるんだがな。。

夕食であるが列車に弁当でも売りに来たら、それを夕飯代わりにする予定だったが
スナック菓子類と飲み物しか売りに来なかったので食べずじまいのままである。
シャワーを浴びてから23:30くらいに宿の周辺を探すがもう空いてる店は無く

夜道も暗くて不安なので遠出せずに諦めて宿へ戻り近くの雑貨屋で菓子パンと
スプライトだけ買って部屋で食べ早々に寝る事にした。
酒税の安いゴアをのけてインドに来てから頻繁に酒抜きの健康生活である。


20150503183027fec.jpg


今朝はセントラルマーケット界隈が下町ぽくぶらぶら歩きに良いとのことで出かける。
途中に場末のLodgeがあったので見に入ると正真正銘の安宿で350R 700円だ。
昔ながらのインドの安宿風でバックパッカーなら十分許容範囲だろう。


201505031829307df.jpg




20150503182925acc.jpg





20150503182918637.jpg


興味のある店を覗いたり、ぶらぶら歩きもってセントラルマーケットに着いて
場内へ入るとここはフルーツマーケットで特に目と鼻についたのは
バナナが山積みされた置き場や店先に並べられたバナナを見ると南インドを感じる。


20150503183024e7e.jpg


下町と思われる地区は1時間もあれば十分見てまわれる距離で直ぐに見終えたので
CITYセンターモールの方向へ歩いてると開店休業そうなショツピングセンターを

見つけ入るとエアコンの効いた本屋があり、涼ませてもらう代わりにと
南インドMAP 100円を買った。ここでも物価の安さを思い知った。


201505031829557ef.jpg


昼近くになったので涼しそうなレストランに入りメニューを見せてもらうと
フィッシュ・ミールス(魚カレー定食)が60円であったのでブログネタで注文する。

さすがに60円だけにカレーの中に小さな魚が一匹、後は付け合わせが二点と
寂しい限りであるが腹だけは十分に満たされた。


20150503182955380.jpg




20150503183024cae.jpg


食後はインドに来てから初めて見たそこそこ大きなショツピングセンターがあり
(プネーでもショツピングセンターは存在したが店舗数が少なく物足りない。)

中は空調が効いていて快適なのとマンガロールではもう行きたいところも無いので
暫く居座ろうと思う。各階をうろつくが店舗によっては荷物を預けないけない所も多く

それが面倒である。その後は宿まで引っ返す途中でマンガロール駅に寄って
明日のコリコッドまでの二等車 80R 160円を買う。


2015050318303824c.jpg


帰り道、宿の近くでローカルBARを見つけたのでシャワーを浴びてから
インドに来てから嵌っているキングフィツシャー麦酒を飲みに行った。

BARでは、ガイドブックでも見ながらゆっくり過ごそうと持参したものの
客のインド人ウォッチングの方に目がクギ付けで濃い客が次々と現れ楽しませて頂いた。


《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

17) 2015年4月24日 南インド パナジ

18) 2015年4月25日 南インド パナジから南ゴア・パロレムビーチへ

19) 2015年4月26日 南ゴア パロレムビーチで休息

20) 2015年4月27~28日 南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息

21) 2015年4月29日 南ゴア パロレムビーチ・カナコナ駅からマンガロールへ

22) 2015年4月30日 南インド カルナータカ州 マンガロール





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。