アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南インド トリシュールからエルナクラム・コーチンへ移動

2015年5月2日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


前項のトリシュールではGURUVAYOORのエレファント寺院だけを見て
町中の探索はしていないので、せめてもう一泊するか考えたのだが
昨日GURUVAYOORのエレファント寺院の帰りにちょこっと町を歩いたものの


インド-2


車にバス・オートリキシャの無法地帯で歩きづらいのも危険を伴うレベルであり
何となく気が乗らずでもう一泊すべきか思案していたが、ここでの300R 600円の
宿の蒸し暑さが出発に拍車をかけるが如く1泊で移動する気にさせた。


20150506005508e88.jpg


次なる目的地は、ここから75Kmとほど近いエルナクラム。。
いわゆるケーララ州の観光ハイライトでもあるコーチンである。

《ケララ州 コーチン観光の拠点でもあるエルナクラム駅》


20150506005242c85.jpg


当日チケットで窓口に並ぶと後ろで立ってる客が急かすので、うっとおしいなと
思ってるとこれから向かうエルナクラム方面の列車が入線して来たようで
こちらも焦る。鉄道の運賃は60R 120円と距離の割には高いと感じていたら

《駅前から伸びる道を枝道に折れるとローカルなレストラン・雑貨屋が集まる》


2015050600514360c.jpg


9:00発の急行?のようでノンストップで75Km先のエルナクラムに10:10分に到着

車内も比較的空いており進行方向とは反対側であったが窓側を確保出来た。


20150506005115071.jpg


エルナクラム駅前から伸びる通りを歩き宿探しであるが珍しい事に
立て続けに4~5軒満員だと断られる。まだ先へどんどん進むと大きな通り

(MGロード)に出て道路の向こう側を見るとTOURIST HOMEと看板が出ていて
長年の宿探しの直感で(南インドではハズレくじを引いてるが)良さそうに感じた。


20150506005332b99.jpg


《ここもLODGE 宿でこう言う古い建物の1階部屋は涼しい》


201505060053142c8.jpg


《1食 100円で食べ放題とは言え… もう飽きました。》


20150506005416681.jpg


運良くシングルルームが1部屋だけ空いており見せてもらうと、料金の割には清潔で
掃除も行き届いており、部屋に置かれた革張りの長椅子がなんとも座り心地がいい。

GOOD SHEPHERD TOURIST HOME ファン・トイレ・シャワー・TV 565R 1120円
今回の南インドで泊まった宿の中では料金と比較して1番の宿と思う。


2015050600535299b.jpg


コーチンでは2~3日のんびり町歩きの予定なので今日のところは
近場を歩くだけで観光スポットのフォートコーチン地区・マッタンチェリー地区は
明日の午前中、太陽が昇りきっていない涼しい時間帯に訪ねようと思う。



《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

17) 2015年4月24日 南インド パナジ

18) 2015年4月25日 南インド パナジから南ゴア・パロレムビーチへ

19) 2015年4月26日 南ゴア パロレムビーチで休息

20) 2015年4月27~28日 南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息

21) 2015年4月29日 南ゴア パロレムビーチ・カナコナ駅からマンガロールへ

22) 2015年4月30日 南インド カルナータカ州 マンガロール

23) 2015年5月1日 南インド ケーララ州 コーリコッド

24) 2015年5月2日 南インド トリシュール・グルヴァーユール・エレファント寺院

25) 2015年5月3日 南インド トリシュールからエルナクラム・コーチンへ移動






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。