アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南インド ケララ州 アレッピー 定期船 運河クルーズ

2015年5月6日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


昨日もカレー、今日もカレー、明日もカレーの罰ゲームのような日々です。



2015050918013812a.jpg




20150509180349923.jpg


滞在しているアレッピーでの観光のひとつにもなっているバックウォータークルーズ。
様々なツアーが用意されており、運河や湖を飲み物から食事まで用意された
豪華な船で何時間も至福の船旅を楽しむコースから


20150509180347f88.jpg


バックウォーターの小さな村を結ぶ、いわゆる住民の足となっているローカルな
船に乗って自分なりの楽しみを作ったりと、多種多様に世の中はお金しだいと
言わんばかりに運河に浮かんでいる。


20150509180225802.jpg


もちろん1人ものの僕が選ぶのは後者である。そんな住民の足となっている
ローカルなボートにも二種類あって自分で適当に乗船して気に入った船着場で
降りて、帰りのボートが来るまで近辺を探索したりして市内に戻って来るとか


20150509180204f22.jpg


その他、ローカルなボートなんだが、二階にも座席を備えた観光客にも利用しやすい
航路が有り名称は「シー・クッタナード」と呼ばれる船が途中の村まで行き

出発地点の船着場へ約2時間30分かけて戻ってる。同じルートを往復するので
終点に着いてもそのまま乗ってればよいので利用しやすい。


20150509180304abe.jpg


アレッピーは夜はマシなんだが昼間は歩いていても汗だくになるので

このようなボート遊びは最適の暇つぶしと言える。


201505091803146ca.jpg


そんな訳で昨日に聞いておいた船の出発時間が10:30分なので20分前に
ボートジェツティー (船着場)へ着くと昨日と違っていて11:00発と言われる。

やはりインドである。。運河は汚れていてゴミも浮いているがさほど臭いの方は
気にならない。。それか単に身体がインド化したせいかも知れん。


201505091802012b8.jpg


何よりも川面が涼しく歩かずに景色も変わるし汗もかかない。
船賃であるが片道40R 80円 往復で80R 160円 これだけで2時間30分も楽しめ

涼しいので満足である。もしこのコースをチャーターしたら10倍はするだろうし。
それに下船時には船頭からバクシーシ(チップ)とせがまれるし。


201505091801397cb.jpg


この船は価値があると思う。ただすれ違う高級チャーター船のインド人の
小金持ちからはどうだ貧乏人!悔しかったら乗ってみろ!ってな同情にも思えない
優越感の笑顔のお返しが帰って来るのを耐えればよいだけだ。。


20150509180221594.jpg


途中何度も小さな船着き場に止まり乗客が乗り降りする。
その周りには小さな家々が立っており食堂に雑貨屋、それに、こんな汚れた川の水で
食器を洗ったりして大丈夫なのかい!って余計な心配をしたり

衣類を石にバンバン叩きつけて洗濯する叔母さんやらと生活の営みが
垣間見れてなかなか充実した2時間30分 160円のプチクルーズであった。


《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

17) 2015年4月24日 南インド パナジ

18) 2015年4月25日 南インド パナジから南ゴア・パロレムビーチへ

19) 2015年4月26日 南ゴア パロレムビーチで休息

20) 2015年4月27~28日 南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息

21) 2015年4月29日 南ゴア パロレムビーチ・カナコナ駅からマンガロールへ

22) 2015年4月30日 南インド カルナータカ州 マンガロール

23) 2015年5月1日 南インド ケーララ州 コーリコッド

24) 2015年5月2日 南インド トリシュール・グルヴァーユール・エレファント寺院

25) 2015年5月3日 南インド トリシュールからエルナクラム・コーチンへ移動

26) 2015年5月4日 南インド ケララ州 フォートコーチン・マッタンチェリー

27) 2015年5月5日 南インド エルナクラム・フォートコーチンからアレッピーへ移動

28) 2015年5月6日 南インド ケララ州 アレッピー 定期船 運河クルーズ







関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。