アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南インド アレッピーからコーラムまで8時間の運河船旅

2015年5月7日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


今日はアレッピーから直ぐお隣の町、コーラムヘ移動する。距離で言えば

南の方角へ87㎞ バスだと2時間、鉄道だとその半分の1時間ちょいってとこだろうか。


2015051014193272c.jpg


この間の移動であるが旅行者に人気なのが、鉄道でもバスとも違って
船で運河を通り時には湖を抜けてコーラムヘ8時間もかけて向かうルートである。
もちろんその逆のコーラムからアレッピーへのルートも同じである。


20150510141758d63.jpg


僕がこれから乗船する観光定期船400R 800円だが、リッチに1艇借り切っての
豪華なハウスボート(ベッドルーム・テラス・キッチン・トイレ)まで

備わったものまであり、実は勤め人の時代にボーナス+給料も入ったので
2006年に数千インドルピーを支払って乗った経験がある。


2015051014190478f.jpg


当時と違って今はボートのベッドルームにエアコンまで
備わっているのが当たり前となっている時代である。

さて今回乗船する定期船であるが一階は普通の客室
二階がオープンデッキになっていて、もちろん眺めの良い二階席に座りたいので
出発1時間前にはジェツティーと呼ばれる船着き場に到着した。


20150510141832744.jpg


おおよそのスケジュールとして10:30分アレッピーを出て18:30分にコーラム着で
途中13:00に昼食のために上陸と言うスケジュールである。

さて定刻に出発した定期船は乗車率50%くらいだろうか、ただ二階の
オープンデッキに関しては出発当初は全席いっぱいであった。
オフシーズンの南インドであるがツーリストも少なく東洋人を始め我が同胞の


20150510141858992.jpg


姿など見かける事が無かったが、この場で珍しく日本人旅行者の青年と出会った。
関東の小平市在住の青年でゴールデンウィークの休暇を利用して北インドの一部から
南インドを僕の旅とは逆の時計まわりで旅しているとの事である。


2015051014193226e.jpg


出発後1時間くらい運河は昨日と同じ航路であったが、その後は結構狭い運河に
入り込み住民の足となっているローカル船ともすれ違う事なく
ハウスボートなんぞ見る影も無かった。どうやらハウスボートの航路とは

別の運河を航行してるようである実際狭い運河に入って行った時は
絶対にハウスボートじゃ航行は無理だろうと思ったくらいであった。


20150510141826054.jpg


これくらいの狭い航路を航行してくれれば僕のコンパクトカメラでも住民の暮らしが
なんとか収められるのだが、その後は川幅が広くなりお手上げである。

隣席の彼はCanon 5Dにズームレンズで余裕の撮影、以前のように
デジタル1眼に戻りたくなった瞬間でもある。

クルーズは同じような景色が続きだし退屈しだしたので彼と色々話を続けていくうちに
どうやらこのボートのスケジュールを彼は勘違いしてるようなのに気づく。


20150510141820cd1.jpg


この定期船は8時間かけてコーラムヘ行くのだが、彼が思っていたのは
ボートは途中でUターンして出発地点のアレッピーに戻る8時間のクルーズと

思ってたらしく、このまま終点のコーラムまで乗り続けると明日の予定に
支障がきざすと言うので途中で下船してオートリキシャでバスステーションまで向かい

乗り継いでアレッピーに戻ると言うスケジュールの変更に切り替えた。
さすがに1人でインド旅をこなしてるだけあって機転が利くようだ。


20150510141757dc2.jpg


13:00に昼食のために上陸のはずが船の遅れからか14:00になり空腹をもよおした頃に
ローカルなリゾートで下船してランチのようである。

当たり前だけどカレーでした。空腹だが毎日のカレーに疲れていたのか
インド人の食欲の半分も食べれないのだが100R 200円支払って後半のクルーズである。


2015051014175934f.jpg


暫くは川幅の広いところを航行するので退屈が続くその後、彼は名も分からない
船着き場で下船しアレッピーを目指し僕の方は半分居眠りしもって

さほど変わり映えのしない船旅が続き終点のコーラムヘ目指す。
夜の帳が降りかけた19:00 コーラムに到着。

ジェツティー(船着き場)の付近はバスターミナルでひっきりなしにバスが出入りし
その横を抜けて市内の方へLODGEと書かれた看板を夕暮れの中、探しもって歩く


ここをクリックすれば、2006年度に訪れた南インド・バックウォーターの記事に飛びます!


《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

17) 2015年4月24日 南インド パナジ

18) 2015年4月25日 南インド パナジから南ゴア・パロレムビーチへ

19) 2015年4月26日 南ゴア パロレムビーチで休息

20) 2015年4月27~28日 南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息

21) 2015年4月29日 南ゴア パロレムビーチ・カナコナ駅からマンガロールへ

22) 2015年4月30日 南インド カルナータカ州 マンガロール

23) 2015年5月1日 南インド ケーララ州 コーリコッド

24) 2015年5月2日 南インド トリシュール・グルヴァーユール・エレファント寺院

25) 2015年5月3日 南インド トリシュールからエルナクラム・コーチンへ移動

26) 2015年5月4日 南インド ケララ州 フォートコーチン・マッタンチェリー

27) 2015年5月5日 南インド エルナクラム・フォートコーチンからアレッピーへ移動

28) 2015年5月6日 南インド ケララ州 アレッピー 定期船 運河クルーズ

29) 2015年5月7日 南インド アレッピーからコーラムまで8時間の運河船旅






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。