アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南インド ケララ州 コーラム ムンロー島 運河巡り

2015年5月8日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


前項からの続きであるが、DTPCと呼ばれる政府公認のツアー会社へコーラムから
ほど近い所にムンロー島と呼ばれる自然豊かな島があり、その島には

狭い運河が張り巡らされていてその運河を木製手ごきボートで遊覧するツアーに
申し込みに行くがミニアム二人から催行され料金は500R 1000円


20150511102302f71.jpg


もし1人しか集まらない場合は1000R 2000円 あいにくAM9:00の時点では参加を
募ってるのは僕1人で、スタッフはツアーが開始されるPM1:30頃にもう一度
出直せば参加者が集まってるかもと提案された。


20150511102100c27.jpg


実はこの島だったのか記憶は定かではないが、2006年にコーラムに来た時に
参加しており、なかなか楽しかった思い出が残っていたのでリベンジしてやろうと
考えた次第で、一度乗ってるだけに、もし参加人数が集まらず二人分払ってまで


20150511102229ee4.jpg


参加しようとは考えていない。取り敢えずは言われたとおりPM1:30まで時間が出来た
わけなのだが太陽は既に真上で暑いもこの上ない。。言われた時間まで町をぶら撮りしていて
再度DTPCに行くと運良く2名集まっており僕を入れて3名になった。


20150511102110176.jpg


島まではオートリキシャの後部座席にイタリア人夫婦も入れて3名を詰め込まれ
乗り込んでから結構な距離を走り隣町も越えた辺りに渡し船・フェリーの乗り場へ
到着し、その渡し船にオートリキシャごとボートに乗っかりムンロー島へ渡る


20150511102239d07.jpg


その後もどんどん進み、民家が現れたと思うと手ごきボートの船頭の家で降ろされ
自然いっぱいの緑の小道を進むと、やや大型の木製ボートが浮かんでおり
このボートで運河を進むらしい。さすがに狭い運河だけに島に暮らす人の生活が

手に取るようにわかり、コンパクトカメラでも撮影しやすいが2006年に来た時よりも
民家が綺麗になり写真を撮る側からしたら物足りなくなっていた。


201505111021388b7.jpg


約2時間のツアーでは村の人の洗濯風景や家畜に餌を与えてる風景に
インドビールのラベルに描かれてる綺麗な鳥でキングフィツシャーも見れたが

遠すぎて、さすがにコンパクトカメラでは無理があった。
この日ばかりはインドの喧騒から逃げれた穏やかな半日を過ごした思いであった。


20150511102033370.jpg





201505111021402e8.jpg





20150511102026fab.jpg





20150511102300fde.jpg


イタリア人夫婦の参加があって、僕もツアーに行けるようになった。
夫婦は、ここコーラムの後はヴァルカラビーチへ行くらしく

是非、行くようにと勧められ後日談だが、ヴァルカラは本当に良い所で
僕にとっては、幸運の夫婦と言えるだろう。。


《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

17) 2015年4月24日 南インド パナジ

18) 2015年4月25日 南インド パナジから南ゴア・パロレムビーチへ

19) 2015年4月26日 南ゴア パロレムビーチで休息

20) 2015年4月27~28日 南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息

21) 2015年4月29日 南ゴア パロレムビーチ・カナコナ駅からマンガロールへ

22) 2015年4月30日 南インド カルナータカ州 マンガロール

23) 2015年5月1日 南インド ケーララ州 コーリコッド

24) 2015年5月2日 南インド トリシュール・グルヴァーユール・エレファント寺院

25) 2015年5月3日 南インド トリシュールからエルナクラム・コーチンへ移動

26) 2015年5月4日 南インド ケララ州 フォートコーチン・マッタンチェリー

27) 2015年5月5日 南インド エルナクラム・フォートコーチンからアレッピーへ移動

28) 2015年5月6日 南インド ケララ州 アレッピー 定期船 運河クルーズ

29) 2015年5月7日 南インド アレッピーからコーラムまで8時間の運河船旅

30) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム町ぶら

31) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム ムンロー島 運河巡り





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。