アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


03<<  2017.04 >>05
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 旧フランス人居住区

2015年5月16~18日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


マドゥライからヴィルプラム~オンボロローカルバスでプドゥチェリーの
バスステーションにたどり着きバスで一緒だったインド人が前を歩いていたので
ゲストHOUSEが集まっている海岸遊歩道への行き方を尋ねるとオートリキシャで

向かえと言われ同時に観光客目当てと一目でわかるドライバーが150R 300円と
言い寄ってくるバスステーションからの距離が掴めず相場がわからないが


インド-2


雰囲気からして高いに違いないと交渉するがラストプライス100R 200円から下がらない
取り敢えずバスステーションの外へ出て他のドライバーと交渉すると70R 140円が

ラストプライスだ(これでも高いはず)これ以上探しても20R 40円下がる程度と
踏んでこのオートリキシャで向かう事にした。


インド-4


宿はガイドブックに載っているところを2軒ほど頭に入れていたので
そのうちの一つで予約が無いと泊まれない事が多いと書かれていたのが
気になりNEW GUEST HOUSE へ向かう。

オートリキシャは途中にプドゥチェリー駅をとおり、直ぐに第一希望の
ゲストHOUSE前に横づけされた。(相場は50R 100円だろう)

安宿に似つかわしくないレセプションで聞いてみると、マドゥライからの座席の
幸運が引きずっていたのかすんなりと400R 800円のダブルルームがすんなり取れた。


201505220215167bf.jpg




20150518173451ab0.jpg


混沌と喧騒のマドゥライからプドゥチェリーに到着し部屋に荷物を置いて
早々に街歩きに出かけると、いつもの見慣れたインドの町とは雰囲気が少し
違うことに気づく、町に並ぶ西欧風の白壁の建物が建ち並び

街路には緑が多く、その多くが色鮮やかな花を咲かせていた。
町は碁盤の目状に通りで区切られ、整然としていて散歩にむいていた。


20150518173451cd5.jpg


今回の最終目的地である南インドの中心地チェンナイから南へ約160kmの

海岸沿いに位置している。今回のフィナーレ、南インドのエンディングもまじかである。


20150518173302c1f.jpg





201505181733247b8.jpg


今回、40日間南インドを旅して植民地時代の色々な残景を各地で見て来た。
元ポルトガル領のゴア・パナジも異文化を感じられたが

ここプドゥチェリーは、元フランス領で町の名が現在の「プドゥチェリー」に
変わったのはつい最近の2004年のこと。フランス時代の名称『ポンディシェリー』


20150518173302924.jpg


17世紀にフランス領となり,インド独立まで約250年間

フランス領『ポンディシェリー』として存続してきた。


20150518173428544.jpg





20150518173356cfd.jpg





20150518173326572.jpg





201505181733545dd.jpg


フランス領時代の名残か、市内にはおしゃれな雰囲気の西洋料理のレストランが多く
レストランはたいてい中庭に面して座席が配置されたオープンスタイルで

解放感たっぷり。インドではあまりお目にかかれない「ビーフステーキ」が
メニューにある店もある。今回、南インドをまわって来てリゾート以外は


20150518173431e95.jpg


いい雰囲気のレストランが少ないのでうれしい。
というわけで、この町に来たのなら観光ももちろんだが
レストランとバーめぐりがおすすめだ。


《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

17) 2015年4月24日 南インド パナジ

18) 2015年4月25日 南インド パナジから南ゴア・パロレムビーチへ

19) 2015年4月26日 南ゴア パロレムビーチで休息

20) 2015年4月27~28日 南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息

21) 2015年4月29日 南ゴア パロレムビーチ・カナコナ駅からマンガロールへ

22) 2015年4月30日 南インド カルナータカ州 マンガロール

23) 2015年5月1日 南インド ケーララ州 コーリコッド

24) 2015年5月2日 南インド トリシュール・グルヴァーユール・エレファント寺院

25) 2015年5月3日 南インド トリシュールからエルナクラム・コーチンへ移動

26) 2015年5月4日 南インド ケララ州 フォートコーチン・マッタンチェリー

27) 2015年5月5日 南インド エルナクラム・フォートコーチンからアレッピーへ移動

28) 2015年5月6日 南インド ケララ州 アレッピー 定期船 運河クルーズ

29) 2015年5月7日 南インド アレッピーからコーラムまで8時間の運河船旅

30) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム町ぶら

31) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム ムンロー島 運河巡り

32) 2015年5月9日 南インド ケララ州 ヴァルカラビーチ

33) 2015年5月12日 南インド ケララ州 ヴァルカラ~トリヴァンドラムへ移動

34) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラム 列車待ちの間に動物園へ

35) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラムから270円の二等寝台列車でマドゥライへ

36) 2015年5月14~15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 1

37) 2015年5月15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 2

38) 2015年5月16日 インド鉄道がキャンセル待ちのまま マドゥライからプドゥチェリーへ

39) 2015年5月16~18日 南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 旧フランス人居住区






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。