アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 市内街歩き

2015年5月16~18日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


朝食は部屋でお茶を沸かしiPadのキャシュを見ながらゆっくりと時間を
とる身には宿泊してる周辺にコンビニは勿論、パン屋、雑貨屋が無いのが

プドゥチェリー 海岸遊歩道付近のマイナス点である。今朝も散歩がてら
出歩いてビスケットを買って電熱コイルで湯を沸かしてマサラティである。


20150522021935809.jpg


食後はプドゥチェリー駅へチェンナイまでの列車時刻を確かめに行く
往路のようにヴィルプラムで乗り換えて無くても済むようにプドゥチェリーから

ダイレクトでチェンナイ・エグモア駅まで行く便を調べに行くと
AM5:35分発と15:15分発の日に二本しか出ていない。
どうりでガイドブックにはヴィルプラムで乗り換えるよう注意書きされてる訳だ。


20150522021918e9f.jpg






2015052202194237f.jpg


最初はバスで向かう方が楽だな~と考えていたのだが、バスだと宿のある地区から
オートリキシャ、もしくはローカルバスでプドゥチェリーバスステーションまで
行ったとして、そこでチェンナイ行きのバスを探してチェンナイ・エグモア駅から

離れたバスステーションで降ろされエグニモ駅までオートリキシャで向かう。。
お金もかかるし、移動に疲れそう(なんせチェンナイは暑いと聞いている)


20150522021918d64.jpg


鉄道ならエグモア駅まで行ってくれるが早朝5:35分発、起床はAM4:00とくそ早い。。
だけど後は座ってるだけでエグモア駅まで運んでくれる。

帯に短し襷に長しってやつだろうか。。さてどうしたものか。。
プドゥチェリーでは3泊するので残り2日あるのでゆっくりと考えるとしょう。。


20150522022003e22.jpg


実は当初、プドゥチェリーでは2泊チェンナイで3泊の予定だったが
アレッピーからコーラムへ向かうボートの中で偶然に会った日本人青年が言うには
チェンナイはクソ暑いそうだ確かに5月は40℃にもなると書かれていた。

それに宿代が高いらしい。それならコストパフォーマンスな宿に泊まれた
プドゥチェリーで3泊チェンナイで2泊と予定が逆転した訳である。


20150522022009dac.jpg


プドゥチェリーも二日目、今日は日曜日だけに旧市街と呼んで良いのか
市内のバードマーケット周辺を歩きにいくと日曜市やらで屋台がたくさん出ていた。

その露店に集まってる人をぬうように相変わらずオートリキシャやバイクが
クラクションを鳴らしまくって我が物顔のように走っている。

日曜市の露店を見ていると古銭屋の店があり、その屋台に前々から欲しかった
インフレが激しかったジンバブエのお金で1億ジンバブエ$札が売られていたので買った。


20150522022007056.jpg


日曜市の通りをどんどんと進み、バードマーケットがあったので中へはいり
2階へ進むと魚屋が集まっていて熱気と暑さが加わり異臭を放ってるので
思わずスルーして周辺の個人商店が集まってる辺りを歩いただけで


20150522021939cfe.jpg


旧フランス人居住区へ戻り海岸沿いの高級ホテルで涼んでから宿に戻った。
今日の街歩きではたくさんのBAR 酒屋が目につき、調べるとプドゥチェリーという町は
連邦直轄領だからお酒に関してはオープンで至る所で酒屋を見つけしかも安いんだわ


20150522021911872.jpg


80年代の終わり~90年代の初めに北インドを旅した時の
懐かしい風景が目に飛び込んで来た。縄の先に火がついており(火縄銃の要領)

タバコに火をつけてる親父を今回南インドを40日間旅して初めて見ることが出来た。
当時は100円でライターが珍しく高価であったのでタバコ屋の店先には必ずと言って

よいくらい、この火縄がくくってあった。100円ライターが当たり前の時代の
インドだけに廃れたと思っていたが、ここにて健在と知り妙に嬉しくなった。



《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

17) 2015年4月24日 南インド パナジ

18) 2015年4月25日 南インド パナジから南ゴア・パロレムビーチへ

19) 2015年4月26日 南ゴア パロレムビーチで休息

20) 2015年4月27~28日 南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息

21) 2015年4月29日 南ゴア パロレムビーチ・カナコナ駅からマンガロールへ

22) 2015年4月30日 南インド カルナータカ州 マンガロール

23) 2015年5月1日 南インド ケーララ州 コーリコッド

24) 2015年5月2日 南インド トリシュール・グルヴァーユール・エレファント寺院

25) 2015年5月3日 南インド トリシュールからエルナクラム・コーチンへ移動

26) 2015年5月4日 南インド ケララ州 フォートコーチン・マッタンチェリー

27) 2015年5月5日 南インド エルナクラム・フォートコーチンからアレッピーへ移動

28) 2015年5月6日 南インド ケララ州 アレッピー 定期船 運河クルーズ

29) 2015年5月7日 南インド アレッピーからコーラムまで8時間の運河船旅

30) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム町ぶら

31) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム ムンロー島 運河巡り

32) 2015年5月9日 南インド ケララ州 ヴァルカラビーチ

33) 2015年5月12日 南インド ケララ州 ヴァルカラ~トリヴァンドラムへ移動

34) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラム 列車待ちの間に動物園へ

35) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラムから270円の二等寝台列車でマドゥライへ

36) 2015年5月14~15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 1

37) 2015年5月15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 2

38) 2015年5月16日 インド鉄道がキャンセル待ちのまま マドゥライからプドゥチェリーへ

39) 2015年5月16~18日 南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 旧フランス人居住区

40) 2015年5月16~18日 南インド プドゥチェリー 初めて体験したコストパフォーマンスづくし

41) 2015年5月16~18日 南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 市内街歩き





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。