アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南インド プドゥチェリーから最終目的地チェンナイ

2015年5月19日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


プゥドゥチェリーからチェンナイまでのわずかな距離の移動であるが
バスにするか列車にするか迷った挙句、早朝に起きるのを我慢すれば
後は座っていれば良いだけなんで列車で向かう事にした。


インド-2


実に今回の南インドでの移動は鉄道に始まり鉄道で幕を閉じた。
(インドを去るに対して空港へも鉄道で向かった。)


201505221330493d3.jpg


チェンナイまでの列車出発時刻を昼間にプゥドゥチェリー駅まで

確認しに行った時のもので、立派な牛が睨みを利かせて駅前で陣取っていた。


20150522133050997.jpg


いよいよ今回の南インド旅、最終目的地であるチェンナイへ向けて出発する。
AM4:15チェックアウト、駅までの道は所々に街灯があるものの
先が見えないインドの闇である。そんな訳から野良犬を避けるため

オートリキシャ30R 60円で歩いて10分もしないプドゥチェリー駅へ向かう。
駅のゲートは早朝の為にまだ閉ざされており、そんな中、駅前で夜明かししていた
小さな子供のいる家族の姿もあった。実にインド人はたくましいね


20150522133007184.jpg


チェンナイエグモア駅まで急行二等で75R 150円 5:35分定刻出発した。
始発だけに車内はガラガラであるが、1時間後にマドゥライからやって来た時に

降り立ったヴィルプラム駅に到着すると立ち席が出るほど大勢の人が乗って来た。
結局この客は最後まで座れないまま9:30分 チェンナイ・エグモア駅に到着した。


20150522133027993.jpg


ガイドブックを見るとエグモア駅の南側にたくさん宿が散らばっており
5〜6軒ほどACルームの値段を聞くが1000R 2000円〜1500R 3000円が相場である。
(僕がひと目見て安宿と直感したHotelの相場である。)

駅前にはオートリキシャのドライバーが安宿の斡旋も兼ねており
(宿からコミッションが貰える)歩いてるとそこらじゅうから声が掛かる。


2015052213302686c.jpg


駅の真ん前から少しだけ離れたSUPREME GUEST HOUSE
AC TV トイレ・シャワー 1000R 2000円 チェンナイは暑いのでインド到着の
ムンバイに次いで二度目のACルームである。


201505221330457ce.jpg


いつもなら先ずはシャワーを浴びてであるがエアコンの涼しさで汗をひき
散歩がてらスペンサープラザショツピングセンターへ歩いて向かうが
聞いてはいたがチェンナイの日中の暑さはさすがである。


20150522133024206.jpg


30分ほどの道のりにフレッシュジュース屋で休憩し続いてエアコンの効いた喫茶店で
予定外の昼食にした。スペンサープラザに着いて中に入ると小さな個人商店が集まっていて

何となく垢抜けしない場末感もあり、土産物屋が多く(客引きが鬱陶しいけど)
両替屋も数軒あって1万円が5250R 駅前周辺で声を掛けてくる


20150522133008504.jpg


駅前で声をかけてくる闇両替が1万円→5300R
僕がムンバイで闇両替したのが1万円→5100Rだったのでチェンナイの方が良い

宿に戻りシャワーでもと思うが付けっ放しのエアコンが最高に爽快で
暫く涼んでから入ろうとすると安宿の水シャワーが冷たく感じられ
ファンルームのようにシャワーでの爽快感はエアコン部屋は無いのが残念である。


20150522133046c46.jpg


決してオススメでは無いが周りには安飯屋も多く酒屋もあるし
宿のスタッフもフレンドリーで、部屋のエアコンは付けっ放しで
外出しようが外から切られる事もなく自分的には次も有りの宿と位置づけている。


2015052213300544f.jpg


エグモア駅を背にして道路を渡り左手に進んで一つ目の道路を右折
すると30メートルほどで道路を渡った所にある。夕食はタンドリーチキンの
ハーフサイズ140R 280円をテイクアウトして酒屋でビールを買うが

冷えていたのは初銘柄しかなく部屋で飲むもののスーパーストロングと書かれた
美味しくないビールであった。エアコン部屋をチョイスした場合は
インドで言える事だがテイクアウトで部屋飲みが快適である。



《インドのネット環境の都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

17) 2015年4月24日 南インド パナジ

18) 2015年4月25日 南インド パナジから南ゴア・パロレムビーチへ

19) 2015年4月26日 南ゴア パロレムビーチで休息

20) 2015年4月27~28日 南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息

21) 2015年4月29日 南ゴア パロレムビーチ・カナコナ駅からマンガロールへ

22) 2015年4月30日 南インド カルナータカ州 マンガロール

23) 2015年5月1日 南インド ケーララ州 コーリコッド

24) 2015年5月2日 南インド トリシュール・グルヴァーユール・エレファント寺院

25) 2015年5月3日 南インド トリシュールからエルナクラム・コーチンへ移動

26) 2015年5月4日 南インド ケララ州 フォートコーチン・マッタンチェリー

27) 2015年5月5日 南インド エルナクラム・フォートコーチンからアレッピーへ移動

28) 2015年5月6日 南インド ケララ州 アレッピー 定期船 運河クルーズ

29) 2015年5月7日 南インド アレッピーからコーラムまで8時間の運河船旅

30) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム町ぶら

31) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム ムンロー島 運河巡り

32) 2015年5月9日 南インド ケララ州 ヴァルカラビーチ

33) 2015年5月12日 南インド ケララ州 ヴァルカラ~トリヴァンドラムへ移動

34) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラム 列車待ちの間に動物園へ

35) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラムから270円の二等寝台列車でマドゥライへ

36) 2015年5月14~15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 1

37) 2015年5月15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 2

38) 2015年5月16日 インド鉄道がキャンセル待ちのまま マドゥライからプドゥチェリーへ

39) 2015年5月16~18日 南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 旧フランス人居住区

40) 2015年5月16~18日 南インド プドゥチェリー 初めて体験したコストパフォーマンスづくし

41) 2015年5月16~18日 南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 市内街歩き

42) 2015年5月19日 南インド プドゥチェリーから最終目的地チェンナイへ




関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。