アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マレーシア ペナン島での楽しみの飲茶編

2015年5月25日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C

インド滞在中は食の選択が限られており、最初の頃は美味しかった日々三度のカレーも
当然、滞在期間が長くなると飽きてくる。たまには違ったものをと探すと

例え店のメニューにチャイニーズと書かれていてもせいぜいクチに合うのはフライドライスか
フライドヌードル程度で、ほぼ毎日カレー三昧の日々だっただけにここペナン島へ来てからは
その反動からか色々なものを食べる機会に恵まれている。


20150529095855298.jpg


《 益和茶楼 》
午前7:00も回っているのに、まだまだ薄暗いペナン島である。
タイに近いだけあってマイナス1時間(日本から)の時差では無理があるのかな
感覚的にタイ同様のマイナス2時間(日本から)が合ってるように思われる。

ペナン島にはたくさんの中国人が住んでいるだけあって広東、福建、潮州、海南など各地の
料理がレストランまで出向かずチープな普通の町の食堂で食べれるはありがたい。


201505281007029ad.jpg


《 宣香茶楼 》
そんな中、ペナンに訪れた時の一番の楽しみは、中国茶を飲みながら点心を食べる
飲茶で宿の近くチュリア通りから少し入ると二軒ほど店があり朝から

近所のオジサン、オバサンが集まって来て飲茶屋はまるで老人ホームのようだ。
昨日に続いて今朝も小雨がぱらつくペナン島である。


20150528100603343.jpg


《 益和茶楼 》
どうやら雨季に入った感じだ(一日中降り続く事は無いので観光に差し支えは無い)
さて今朝も恒例の飲茶あるが、チュリア通りに近い所にある贔屓にしていた


201505290958528c1.jpg


《 益和茶楼 》
益和茶楼が二日間閉まっていたので市場の前の宣香茶楼へ向かい
あくる日は盆和茶楼(上記画像)が開いていたので食べ比べをして来た。


2015052810063482a.jpg


《 益和茶楼 》
飲茶には定番の品ですな。。


20150528100604911.jpg


《 益和茶楼 》
だいたいが一品、2RM 64円~3RM 98円と、やはり値上がりしていた。


2015052810063361f.jpg


《 宣香茶楼 》
お約束と言うか必ず最初にとる鷄足と湯葉を巻いた野菜と魚肉、山芋入り


201505281008477ea.jpg


《 宣香茶楼 》
一皿に2~3品盛られてるので1人ではたくさん取れなく

色々な具材を食べたいのだが無理があるね。。


20150528100738c2a.jpg


《 宣香茶楼 》
これも飲茶の定番中の定番、ぷりぷり海老が入ってる一品。


20150529095842419.jpg


《 益和茶楼 》


20150528100602f02.jpg


《 宣香茶楼 》


20150528100657896.jpg


《 宣香茶楼 》


201505281006598c2.jpg


《 宣香茶楼 》
多くの常連さんを見ていると、飲茶はほどほどにこのような麺類を注文している
人が結構いてて、飲茶数品+麺類と朝から食欲旺盛のご隠居さんも多い。
伊府麺(半揚麺にスープがかけてある)6RM



《 旅先からの都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

17) 2015年4月24日 南インド パナジ

18) 2015年4月25日 南インド パナジから南ゴア・パロレムビーチへ

19) 2015年4月26日 南ゴア パロレムビーチで休息

20) 2015年4月27~28日 南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息

21) 2015年4月29日 南ゴア パロレムビーチ・カナコナ駅からマンガロールへ

22) 2015年4月30日 南インド カルナータカ州 マンガロール

23) 2015年5月1日 南インド ケーララ州 コーリコッド

24) 2015年5月2日 南インド トリシュール・グルヴァーユール・エレファント寺院

25) 2015年5月3日 南インド トリシュールからエルナクラム・コーチンへ移動

26) 2015年5月4日 南インド ケララ州 フォートコーチン・マッタンチェリー

27) 2015年5月5日 南インド エルナクラム・フォートコーチンからアレッピーへ移動

28) 2015年5月6日 南インド ケララ州 アレッピー 定期船 運河クルーズ

29) 2015年5月7日 南インド アレッピーからコーラムまで8時間の運河船旅

30) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム町ぶら

31) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム ムンロー島 運河巡り

32) 2015年5月9日 南インド ケララ州 ヴァルカラビーチ

33) 2015年5月12日 南インド ケララ州 ヴァルカラ~トリヴァンドラムへ移動

34) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラム 列車待ちの間に動物園へ

35) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラムから270円の二等寝台列車でマドゥライへ

36) 2015年5月14~15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 1

37) 2015年5月15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 2

38) 2015年5月16日 インド鉄道がキャンセル待ちのまま マドゥライからプドゥチェリーへ

39) 2015年5月16~18日 南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 旧フランス人居住区

40) 2015年5月16~18日 南インド プドゥチェリー 初めて体験したコストパフォーマンスづくし

41) 2015年5月16~18日 南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 市内街歩き

42) 2015年5月19日 南インド プドゥチェリーから最終目的地チェンナイへ

43) 2015年5月20日 南インド チェンナイ 旧市街を散歩

44) 2015年5月21日 南インド旅を終えてマレーシア・クアラルンプールへ

45) 2015年5月22日 クアラルンプール空港で一夜を過ごしTravel Hub Guesthouseへ

46) 2015年5月23日 クアラルンプール ブギビンタン地区の屋台街でお一人様

47) 2015年5月24日 マレーシア クアラルンプールからペナン島へ移動する。

48) 2015年5月25日 マレーシア ペナン島での楽しみの飲茶編



関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。