アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


旅もいよいよ終盤にタイ ホアヒンでプチ沈没する–1

2015年6月10日〜
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C

昨日はスラターニ発 バンコク行きのバスが次の目的地であるホアヒンには
寄らずにハイウェイをバンコク目指し猛進するのが解り、ドライバーに頼んで

ミニバスが捕まえ易いハイウェイで降ろしてもらい炎天下の中、ホアヒン行きの
ミニバスを捕獲しロスタイムは有るものの無事にホアヒン市内へたどり着いた。



201506130940536a3.jpg


《MAPで青色の点がGPSで現在、滞在している宿を示している。》

今回は越冬旅ではここ最近、必ずと言っていいほどに訪れてるパタヤをスルーして
なお、最終のバンコクも短期滞在にするにあたり、ホアヒンでプチ沈没とたくらんでいる。

その為には宿選びがホアヒンでプチ沈没出来るか出来ないかの鍵を握っている。
地図で南北に伸びている黄色い線が国道であり、この国道を境に東側が海側

西側が山側と半ば無理やり言い切ったとして、過去何度かのホアヒンでの宿は
圧倒的に海側が多い。だが今回は山側で宿探しをしようと思う。

(実際は山など見えないが山側と書いたのは海側に対し)
(類似されないようこちらの主観で書いています。)




20150613094031825.jpg



何故かと言うと数年前にレンタルバイクを借りに安いからと、海側に滞在しておきながら
山側にバイクを借りに行ったと面倒くさい事をしている。今回も滞在中は
レンタルバイクを借りる予定なので、それなら最初から山側で宿探しをしようと思う。

それと前回にレンタルバイクを借りに山側のゲストハウス街を歩いた時に
旅で慣らした臭覚とも言うのか、安宿の匂いがプンプンしていたのである。

そんななか、オススメとは言い難いが旅の沈没に必要な要素が詰まった宿がここである。
Baan Pak Dalha Guest House エアコン・TV・冷蔵庫・トイレ&ホットシャワー
言い値は500B 1800円であったが450B 1600円にしてもらう。



20150613094116a03.jpg


この宿にたどり着く前に数軒、ゲストハウスを見たがこの界隈の料金は平均して
下が500B〜700B もちろんエアコン付きの部屋でグレードは似たり寄ったり
冷蔵庫が有るか無いかの違いである。プチ沈没には冷蔵庫は役に立つんでね

この宿の1階はインドレストラン(思わずゲップが出ましたww)
近くには美味しいイサーン料理の食堂にローカルが集う食堂と沈没に適している。



201506130941173b7.jpg



あくる日は試しに海側のゲストハウスを見に行ったが狭い500B 1800円の部屋が底辺で
冷蔵庫が付いてると600B 2150円 ロケーションが良くなると部屋は安宿風のくせに
800B 2880円、もちろんエアコン・冷蔵庫付きである。


2015061309411843a.jpg



20150613094032973.jpg


ホアヒンは海辺の街だけに海に張り出したレストランも多く、なかには
ゲストハウスとして泊まれるところも有るが、さっきも書いたように

部屋は安宿と変わらぬくせに海が見えるだけで1000B 3700円と観光地価格である。
これがもし、海も見えてそこそこの部屋なら2000B 7400円と跳ね上がる。


2015061309405532a.jpg


ホアヒンは欧米人のお年寄り、年金組にも人気がある街でアパートを借り避寒も
兼ね温暖な気候から長期滞在してる。ビザ更新のイミグレーションも有ると言う。

それとプミポン国王の保養地があり、1年の大半をここホアヒンで過ごされてるゆえ
それに伴い街自体の警備も行き届いていて治安が良いのが人気の理由だそうだ。


20150613094057620.jpg


さすがに1人で海鮮料理を食ってる物好き・変人は見かけず

皆さんグループで楽しくワイワイやってました。



20150613095711eca.jpg


ホアヒンのナイトマーケットには、たくさんの海鮮料理屋があり
毎夜、客の争奪戦が繰り広げられているが、物が高級・高額なだけに

昔は欧米人の姿でしめられていたが、時代も代わり現在は中国人観光客が
惜しげも無く大金を支払いでっかいロブスターを注文していた。

その昔に雲南省で見た人民服を着てクワを持って自転車に乗ってた姿は幻か。。





201506130940312b0.jpg


そのせいなのか日本人も中国に見えるのか、独り身の僕にさえ海鮮料理屋の

呼び込みから必要に声がかかる。450Bの宿に泊まってロブスターはないやろう




ここをクリックすれば2009年に訪れたホアヒンでまったり編が見れます。


《 旅先からの都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《 画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

17) 2015年4月24日 南インド パナジ

18) 2015年4月25日 南インド パナジから南ゴア・パロレムビーチへ

19) 2015年4月26日 南ゴア パロレムビーチで休息

20) 2015年4月27~28日 南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息

21) 2015年4月29日 南ゴア パロレムビーチ・カナコナ駅からマンガロールへ

22) 2015年4月30日 南インド カルナータカ州 マンガロール

23) 2015年5月1日 南インド ケーララ州 コーリコッド

24) 2015年5月2日 南インド トリシュール・グルヴァーユール・エレファント寺院

25) 2015年5月3日 南インド トリシュールからエルナクラム・コーチンへ移動

26) 2015年5月4日 南インド ケララ州 フォートコーチン・マッタンチェリー

27) 2015年5月5日 南インド エルナクラム・フォートコーチンからアレッピーへ移動

28) 2015年5月6日 南インド ケララ州 アレッピー 定期船 運河クルーズ

29) 2015年5月7日 南インド アレッピーからコーラムまで8時間の運河船旅

30) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム町ぶら

31) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム ムンロー島 運河巡り

32) 2015年5月9日 南インド ケララ州 ヴァルカラビーチ

33) 2015年5月12日 南インド ケララ州 ヴァルカラ~トリヴァンドラムへ移動

34) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラム 列車待ちの間に動物園へ

35) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラムから270円の二等寝台列車でマドゥライへ

36) 2015年5月14~15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 1

37) 2015年5月15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 2

38) 2015年5月16日 インド鉄道がキャンセル待ちのまま マドゥライからプドゥチェリーへ

39) 2015年5月16~18日 南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 旧フランス人居住区

40) 2015年5月16~18日 南インド プドゥチェリー 初めて体験したコストパフォーマンスづくし

41) 2015年5月16~18日 南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 市内街歩き

42) 2015年5月19日 南インド プドゥチェリーから最終目的地チェンナイへ

43) 2015年5月20日 南インド チェンナイ 旧市街を散歩

44) 2015年5月21日 南インド旅を終えてマレーシア・クアラルンプールへ

45) 2015年5月22日 クアラルンプール空港で一夜を過ごしTravel Hub Guesthouseへ

46) 2015年5月23日 クアラルンプール ブギビンタン地区の屋台街でお一人様

47) 2015年5月24日 マレーシア クアラルンプールからペナン島へ移動する。

48) 2015年5月25日 マレーシア ペナン島での楽しみの飲茶編

49) 2015年5月26日 マレーシア ペナン島 チャイナタウン 豪華旅社周辺

50) 2015年5月28日 ペナン島 ラピードバス 乗り放題チケット周遊 1

51) 2015年5月29日 ペナン島 ラピードバス 乗り放題チケット周遊 2

52) 2015年5月30日 ペナン島 ラピードバス 乗り放題チケット周遊 3

53) 2015年6月1日 Good-Bye マレーシア ペナン島で出会った日常の風景

54) 2015年6月2日 マレーシア ペナン島からタイ ハジャイへ移動する。

55) 2015年6月3日 タイ南部 ハジャイのおすすめバジェトHotel

56) 2015年6月4日 タイ南部 ハジャイで5日間ほど居座る。

57) 2015年6月6日 タイ南部 ハジャイでB級グルメ

58) 2015年6月7日 タイ南部 ハジャイから路線バスでスラターニへ

59) 2015年6月8日 タイ南部 スラターニで街歩き-1

60) 2015年6月9日 タイ南部 スラターニで街歩き-2

61) 2015年6月10日 スラターニからバスでホアヒンへ向かうがバンコク直行と判明し途中で降りる。

62) 2015年6月10日〜 旅もいよいよ終盤にタイ ホアヒンでプチ沈没する–1






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。