アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


タイ ホアヒンから帰国に向けてバンコクへ列車移動する。

2015年6月16日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C

バンコクからホアヒンへは距離にして250㎞ほどである。
バンコクからも手軽に遊びに来れる距離であるが、ほとんどのツーリストは

ミニバスを始めスワンナープ空港からもバスがでているのでバス派が締める中
ごくごく少数派では有るが鉄道を利用してアプローチされる人もいる。

時間的にはダイレクトのバスで3時間半、鉄道で4時間〜5時間であろうか。。
しかも鉄道は遅れる事が有ってもバスのように早く着く事は無い

そんな少数派の鉄道で来る人もホアヒンからバンコクへ向かうとなると
鉄道を利用するツーリストの比率はぐーんと減る。何故かと言えば


20150618103229ea3.jpg


使えそうな便が1日4便と少ないのと、頃合いの良い昼頃にバンコクに着こうと
思えば早朝の6:00頃に2本のみバンコク行きが出ておりその次の列車と言えば

PM14:00発 1本だけで仮にこの列車に乗ればバンコク到着がPM19:00と
頃合いの良い時間とは言い難い遅い時間帯にバンコク入りとなっちゃう。。

そんな外国人ツーリストが利用しない早朝のバンコク行きにあえて乗車してみようと
目覚ましを5時にセットしてまだ夜が明けない暗い時間帯からホアヒンの駅へ向かった。

乗る列車はAM6:05発 バンコク行きで3等クラスなら44B 150円少々とインド同様に
格安で仮にバスでバンコクへ向かうと250B 900円とどちらにしたって格安である。


20150618103229b06.jpg


定刻より15分遅れてAM6:20分にタイ国鉄、お馴染みのディーゼル機関車に引かれ

ドアは開けっ放しの日本では随分と前に引退した車両がホームに入線して来た。


20150618103231a4a.jpg


AM6:05発 バンコク行きの列車は始発はタイの深南部 スンガイコロクからの列車で

住民はマレー系が多い街って言うのが乗客を見れば一目瞭然だね。


201506181032498a5.jpg


早朝から営業している駅前の食堂がお粥をホームに持ち込んで売っていた。

結構な売れ行きで、なかなかな商法にタイ人のしたたかさを見た。


201506181032085f8.jpg


3等客車の椅子であるが中国の最底辺クラスの木製硬座から比べると

多少のクッションもあって十分に耐えれる仕様である。


20150618103206c14.jpg


乗って来た列車であるがホアヒン駅構内の時刻表には終点がバンコクと書いていながら
バンスージャンクションで終点と不意を打たれた。しかも30分以上も待たされ
後続のバンコク行きに乗り換えの間、ホームは蒸し暑いし飛んだ誤算である。


20150618103210674.jpg


何気にホアヒン駅で切符を買う際に駅員がバンスーと聞いて来たので
こちらとしては「バンスー… タイ語で三等」で良いか?と

聞いているとばかり思い込んで、僕は、かーぷっ カープってハイと頷いたのを
思い出したがバンスーとは駅の名称であったのだ。。
乗り換えやらで、最終のバンコク・ホラッポーン駅に着いたのはPM12:30だった。

ホアヒンから実に6時間も掛かった事になる。でも車内では売りに来た物を
食べたり、居眠りしたりと南国タイムを過ごせたのでまあ良しとしょう!


20150618103146e81.jpg


数年前に知り合ったカオサン周辺で喫茶軽食店とゲストハウスを営む
POPくんの宿は明日から予約を入れており、1日前倒しにバンコク入りしたので
今日はホラッポーン駅前にあり過去に何度か泊まった華人旅社を久しぶりに

訪ねてみた。まあPOPくんにLINEで早くバンコク入りしたと連絡すれば
多分OKだったと思うのだが、あくる日は真ん前のバス停から53番バスで
カオサン地区へ向かえるので、それほど面倒でもないのでね


201506181031491d0.jpg


昔となんら変わりの無い木賃宿である。
変わったのは料金が値上げされてたくらいで、Wi-Fiも使えない。
水シャワーは屋上の温められたタンクからの水なので問題無し。

机の下に何気に置かれた痰壷が華人旅社を象徴してるね
料金はファンルーム 280B 1000円 エアコンルーム 480B 1750円


20150618103148891.jpg


ファンルームから比べると部屋の調度は同じなのに200B 750円も上がるんだ〜と
貧乏心が働き、今日は久しぶりにファンルームで寝苦しい夜を過ごすか〜

ところが夜半から降り出したスコール(豪雨だった)何時間も降り続き
そのせいで夜中は涼しいを通り越し寒いくらいのファンルームであった。

さて明日はカオサンの定宿 POPくんのRMゲストハウスへ移動して
残りのバンコクでダラダラと過ごすとしょう。。

そんな訳から最後のバンコクは消化試合のようなものだけに
この先、ブログの方も更新できるかどうか。。


《 旅先からの都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《 画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

17) 2015年4月24日 南インド パナジ

18) 2015年4月25日 南インド パナジから南ゴア・パロレムビーチへ

19) 2015年4月26日 南ゴア パロレムビーチで休息

20) 2015年4月27~28日 南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息

21) 2015年4月29日 南ゴア パロレムビーチ・カナコナ駅からマンガロールへ

22) 2015年4月30日 南インド カルナータカ州 マンガロール

23) 2015年5月1日 南インド ケーララ州 コーリコッド

24) 2015年5月2日 南インド トリシュール・グルヴァーユール・エレファント寺院

25) 2015年5月3日 南インド トリシュールからエルナクラム・コーチンへ移動

26) 2015年5月4日 南インド ケララ州 フォートコーチン・マッタンチェリー

27) 2015年5月5日 南インド エルナクラム・フォートコーチンからアレッピーへ移動

28) 2015年5月6日 南インド ケララ州 アレッピー 定期船 運河クルーズ

29) 2015年5月7日 南インド アレッピーからコーラムまで8時間の運河船旅

30) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム町ぶら

31) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム ムンロー島 運河巡り

32) 2015年5月9日 南インド ケララ州 ヴァルカラビーチ

33) 2015年5月12日 南インド ケララ州 ヴァルカラ~トリヴァンドラムへ移動

34) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラム 列車待ちの間に動物園へ

35) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラムから270円の二等寝台列車でマドゥライへ

36) 2015年5月14~15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 1

37) 2015年5月15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 2

38) 2015年5月16日 インド鉄道がキャンセル待ちのまま マドゥライからプドゥチェリーへ

39) 2015年5月16~18日 南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 旧フランス人居住区

40) 2015年5月16~18日 南インド プドゥチェリー 初めて体験したコストパフォーマンスづくし

41) 2015年5月16~18日 南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 市内街歩き

42) 2015年5月19日 南インド プドゥチェリーから最終目的地チェンナイへ

43) 2015年5月20日 南インド チェンナイ 旧市街を散歩

44) 2015年5月21日 南インド旅を終えてマレーシア・クアラルンプールへ

45) 2015年5月22日 クアラルンプール空港で一夜を過ごしTravel Hub Guesthouseへ

46) 2015年5月23日 クアラルンプール ブギビンタン地区の屋台街でお一人様

47) 2015年5月24日 マレーシア クアラルンプールからペナン島へ移動する。

48) 2015年5月25日 マレーシア ペナン島での楽しみの飲茶編

49) 2015年5月26日 マレーシア ペナン島 チャイナタウン 豪華旅社周辺

50) 2015年5月28日 ペナン島 ラピードバス 乗り放題チケット周遊 1

51) 2015年5月29日 ペナン島 ラピードバス 乗り放題チケット周遊 2

52) 2015年5月30日 ペナン島 ラピードバス 乗り放題チケット周遊 3

53) 2015年6月1日 Good-Bye マレーシア ペナン島で出会った日常の風景

54) 2015年6月2日 マレーシア ペナン島からタイ ハジャイへ移動する。

55) 2015年6月3日 タイ南部 ハジャイのおすすめバジェトHotel

56) 2015年6月4日 タイ南部 ハジャイで5日間ほど居座る。

57) 2015年6月6日 タイ南部 ハジャイでB級グルメ

58) 2015年6月7日 タイ南部 ハジャイから路線バスでスラターニへ

59) 2015年6月8日 タイ南部 スラターニで街歩き-1

60) 2015年6月9日 タイ南部 スラターニで街歩き-2

61) 2015年6月10日 スラターニからバスでホアヒンへ向かうがバンコク直行と判明し途中で降りる。

62) 2015年6月10日〜 旅もいよいよ終盤にタイ ホアヒンでプチ沈没する–1

63) 2015年6月10日〜 タイ ホアヒンでレンタルバイクを借りてワット・タキアップへ

64) 2015年6月10日〜 タイ ホアヒンでリゾートHotelに宿泊者気どりでお茶しに行く。

65) 2015年6月16日 タイ ホアヒンから帰国に向けてバンコクへ列車移動する。





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。