アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホラッポーン駅前の華人宿からカオサン付近の定宿へ移動する。

2015年6月16日
ipad mini 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C


バンコクから南へ250㎞ ホアヒンからバンコクへ1日前倒しで早く着いたため
初日のバンコクではホラッポーン駅前の華人宿に泊まり、あくる日には53番バスで
カオサンの定宿へ向かう事にした。そう言えばホアヒンからバンコクへ向かう途中に

初日のバンコクでは今回に泊まったステーションHotelにするか、いろんな意味での
伝説を生んだ華人旅社である台北Hotelに泊まるか散々悩んだのである。

理由は現在の台北Hotel宿事情や、そこに巣食ってる奇人変人情報もとりまとめ
野次馬根性だけなのだがね。。前項にも書いたがホアヒンからの列車がバンコクの

手前で終点となり、そこで乗り換えさせられ熱風のホームで後続の列車を
待ってる間に身体は汗だく、一刻も早くシャワーを浴びたいが為に駅前Hotelが

優先されたのだが、後日散歩がてら台北Hotelへ寄ってみるとCloseになっていた。
伝説を生んだ旅社も歴史に幕を閉じたかと思っていたら半年後にリニューアルOPEN
するらしい。今後の展開も次回のお楽しみとしておこう


20150621105204ee7.jpg


さてさて話はまったく変わって、たわいも無いのですが
以前2013年に今回同様にマイレージ無料特典旅行でビザの有効期限いっぱいの
1ヶ月間、タイを周遊した際にバンコクでバスに乗った際にとっても

レック・レック(小さな・小さな)車掌さんと出くわし、愛想も凄く良くて
印象に残っていたのだが、今回も偶然にアゲインし、前回同様に愛想が良かったので

旅の思い出と写つさせて頂いた(ノーファインダーPhotなので頂いたでは無いね)
推定身長1メートル。。バスの揺れに機敏に対応するのがちっちゃくてもプロですね


201506211052058b2.jpg


さて53番で、いつもの定宿へ到着しました。
部屋は前もってLINE繋がりでオーナーのPOPくんに抑えて貰っているので
安心なんですが、以前は何度か満員と断られ敢えなく周辺の宿に
重たいバックを背たらい、探し歩いたものです。

ここRMゲストハウスは、この界隈ではドミトリー(共同相部屋)を除き
エアコン付きの個室シングル(トイレ・シャワー共同)で300B 1100円
コストパフォーマンスに掛けてはカオサンで1番と思う。

エアコンにこだわらなければ、もう少し安くて広い部屋も有るのだが
いろいろと歩きまわるバンコクは僕にはエアコンが必要なだけにね

(今回の203号室はエアコンの効きが悪かった。202号か302号が良いかな。。自分メモですww)



ここをクリックすれば2013年に泊まった安宿編が見れます。



20150621105143e15.jpg


バンコクで滞在中の夕食は53番バスで幾分涼しくなった頃合いを見て
わざわざ中華街へ食べに行く事が多い。ほんと僕にとって53番バスは利用頻度が高い

これでエアコンが付いていれば、涼みがてら居眠りでもしもって、あてもなく
乗るんだけどな〜って毎度同じ事を思う日々である、


20150621105113ef9.jpg


その夕方から中華街へ向かうにあたり乗車した53番で再び小さな車掌さんと
出くわした。さすがに長い労働時間からお疲れの様子であった。
いゃほんと頭が下がります。お疲れ様です。


ここをクリックすれば前回は15番バスで会った小さな車掌さん編が見れます-2


20150621105116faa.jpg


バンコク 中華街 (通称 ヤワラート)
ここでもやたら中国からの観光客が目立った。

爆食い・爆買いを楽しんでるようであるが円安の影響か雨季のための
季節的なものなのか我が同胞の極東アジアの姿はほとんど見かけなかった。


20150621105142084.jpg


中華街、ヤワラートの中のチャルクルン通りとヤワラート通りを結んでる路地で
元祖タイスキでお馴染みの"テキサス"がある、そのSoi テキサスの中に
タイで一番レートに良いスパーリッチと同じ為替レートで両替してくれる店がある

上記の画像の店だが、必ず前もってスパーリッチのレートを調べて
その金額を言うと同等のレートで両替が可能である。僕には身近かで強い味方である。


20150621105117fc1.jpg





201506211051391c3.jpg


今夜の目的は、その両替商があるSoi テキサスのヤワラート通りへ出る出口近くに
ある店でトムヤムクンがすご〜く美味しい店へ行くためである。
(店の前には、めちゃくちゃ流行ってる屋台が有るのだが、そこでは無い)

150B 550円と屋台にしては少々高めだが美味しいんだな〜 ただし辛いよ。。
あえて注文を辛さ控えめにしないところがポイントだと思う。



《 旅先からの都合でブログの更新が思うようにはかどりません。》
《 画像枚数の制限・記事本文の内容は帰国後にでも追記していきます。》








2015年度 南インド リハビリ紀行


下記のリンクから進行具合・過去記事が見れます。




1) 2015年4月12日 久しぶりのタイ航空 旅の始まりは関西空港から

2) 2015年4月12日 バンコク スワンナープ空港でエアーインディアに乗り継ぎムンバイへ

3) 2015年4月12日~13日 インディアに乗り継ぎムンバイへ到着後、空港泊

4) 2015年4月13日 ムンバイ・チャトラパティ・ シヴァジー国際空港から市内へ

5) 2015年4月14日 情報どおりに宿代が高いムンバイで悪戦苦闘

6) 2015年4月14日 ムンバイ (旧 ボンベイ)インド門から近い路地を町歩き

7) 2015年4月15日 ムンバイ Mumbadevi ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

8) 2015年4月16日 ムンバイ ドービー・ガート & ムンバーデーヴィー寺院付近の旧市街

9) 2015年4月16日 番外編 ムンバイ タージマハルHotel

10) 2015年4月17日 ムンバイから二等列車でプネーへ移動

11) 2015年4月18日 インド プネーの町を歩く-1

12) 2015年4月19日 インド プネーの町を歩く-2

13) 2015年4月20日 南インド プネーから北ゴア アンジュナビーチへ移動

14) 2015年4月21日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ

15) 2015年4月22日 南インド 北ゴア アンジュナビーチ フリーマーケット

16) 2015年4月23日 南インド 北ゴア アンジュナビーチからパナジへ

17) 2015年4月24日 南インド パナジ

18) 2015年4月25日 南インド パナジから南ゴア・パロレムビーチへ

19) 2015年4月26日 南ゴア パロレムビーチで休息

20) 2015年4月27~28日 南ゴア パロレムビーチでぼーっと戦士の休息

21) 2015年4月29日 南ゴア パロレムビーチ・カナコナ駅からマンガロールへ

22) 2015年4月30日 南インド カルナータカ州 マンガロール

23) 2015年5月1日 南インド ケーララ州 コーリコッド

24) 2015年5月2日 南インド トリシュール・グルヴァーユール・エレファント寺院

25) 2015年5月3日 南インド トリシュールからエルナクラム・コーチンへ移動

26) 2015年5月4日 南インド ケララ州 フォートコーチン・マッタンチェリー

27) 2015年5月5日 南インド エルナクラム・フォートコーチンからアレッピーへ移動

28) 2015年5月6日 南インド ケララ州 アレッピー 定期船 運河クルーズ

29) 2015年5月7日 南インド アレッピーからコーラムまで8時間の運河船旅

30) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム町ぶら

31) 2015年5月8日 南インド ケララ州 コーラム ムンロー島 運河巡り

32) 2015年5月9日 南インド ケララ州 ヴァルカラビーチ

33) 2015年5月12日 南インド ケララ州 ヴァルカラ~トリヴァンドラムへ移動

34) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラム 列車待ちの間に動物園へ

35) 2015年5月13日 南インド トリヴァンドラムから270円の二等寝台列車でマドゥライへ

36) 2015年5月14~15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 1

37) 2015年5月15日 南インド タミルナード州 混沌が残る町 マドゥライ 2

38) 2015年5月16日 インド鉄道がキャンセル待ちのまま マドゥライからプドゥチェリーへ

39) 2015年5月16~18日 南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 旧フランス人居住区

40) 2015年5月16~18日 南インド プドゥチェリー 初めて体験したコストパフォーマンスづくし

41) 2015年5月16~18日 南インド タミルナードゥ州 プドゥチェリー 市内街歩き

42) 2015年5月19日 南インド プドゥチェリーから最終目的地チェンナイへ

43) 2015年5月20日 南インド チェンナイ 旧市街を散歩

44) 2015年5月21日 南インド旅を終えてマレーシア・クアラルンプールへ

45) 2015年5月22日 クアラルンプール空港で一夜を過ごしTravel Hub Guesthouseへ

46) 2015年5月23日 クアラルンプール ブギビンタン地区の屋台街でお一人様

47) 2015年5月24日 マレーシア クアラルンプールからペナン島へ移動する。

48) 2015年5月25日 マレーシア ペナン島での楽しみの飲茶編

49) 2015年5月26日 マレーシア ペナン島 チャイナタウン 豪華旅社周辺

50) 2015年5月28日 ペナン島 ラピードバス 乗り放題チケット周遊 1

51) 2015年5月29日 ペナン島 ラピードバス 乗り放題チケット周遊 2

52) 2015年5月30日 ペナン島 ラピードバス 乗り放題チケット周遊 3

53) 2015年6月1日 Good-Bye マレーシア ペナン島で出会った日常の風景

54) 2015年6月2日 マレーシア ペナン島からタイ ハジャイへ移動する。

55) 2015年6月3日 タイ南部 ハジャイのおすすめバジェトHotel

56) 2015年6月4日 タイ南部 ハジャイで5日間ほど居座る。

57) 2015年6月6日 タイ南部 ハジャイでB級グルメ

58) 2015年6月7日 タイ南部 ハジャイから路線バスでスラターニへ

59) 2015年6月8日 タイ南部 スラターニで街歩き-1

60) 2015年6月9日 タイ南部 スラターニで街歩き-2

61) 2015年6月10日 スラターニからバスでホアヒンへ向かうがバンコク直行と判明し途中で降りる。

62) 2015年6月10日〜 旅もいよいよ終盤にタイ ホアヒンでプチ沈没する–1

63) 2015年6月10日〜 タイ ホアヒンでレンタルバイクを借りてワット・タキアップへ

64) 2015年6月10日〜 タイ ホアヒンでリゾートHotelに宿泊者気どりでお茶しに行く。

65) 2015年6月16日 タイ ホアヒンから帰国に向けてバンコクへ列車移動する。

66) 2015年6月17日 ホラッポーン駅前の華人宿からカオサン付近の定宿へ移動する。







関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。