アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中国 広東省 恵州から広州へ

2015年12月10日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



朝方は半袖シャツの上に薄い長袖のシャツの服装
ダウンベストは鞄にしまいこむ。

さてさて寄り道の恵州では1泊だけで広州へ向かう。
今年の9月の広東省旅では広州をスルーしていたので
久方ぶりくらいの広州訪問である。


20151218194033161.jpeg


恵州バスターミナル

恵州バスターミナルには自動チケット販売機が
設置してあり、試しに広州 天河まで購入の操作を

行うと今日、明日と二日分の時刻表が現れ最後の
精算まで進み買えそうになるが、最後は銀通とかの

カード払いの画面が現れ、キャッシュが使えず
購入までは至らなかったが時刻表の確認としては

この自動チケット販売機の利用価値がありそうだ
恵州バスターミナル 9:20発


2015121819395863a.jpeg


広州バスターミナル

今や中国のどこの土地へ行くのも同然に
恵州バスターミナルを出発したバスは高速道路に
乗っかり目的地までは時間短縮になったのだが

畑ばっかりが目につく退屈な景色の中を広州へ向けて
突っ走る。広州 天河バスターミナル 11:30着

広東省をまわる旅で広州を暫くスルーしていたのは
広州駅周辺にはコスパの悪いホテルが目立ち

宿の呼び込みに着いていこうが、安かろう悪かろうの
ホテルが多く、そんな理由から遠のいていた。

(たぶん私が知らないだけなんだろうが…。)


201512181940324d0.jpeg


それと広州駅周辺は町歩きもさほど興味のある地区に
行き当たらず、さほど触手が伸びなかったので

今回は広州で1番の繁華街がある最寄りの駅である
北京路の周辺で宿探しをしてみようと思う。

それと広州には2泊する予定なのでコスパも
念頭に探さなければダメである。


20151218194000e45.jpeg


先ずは天河バスターミナルから
地下鉄6号線に乗り北京路を目指す。

乗り換えが要らないのでアプローチは楽である。
北京路駅に着いてからは歩行街のあるA出口を上がり

歩行街に進み、直ぐの交差点の右側に京福賓館と
書かれたビルが見えたので高いだろうとダメ元で
料金だけを聞きに行ってみた。


201512181939573d3.jpeg


正式名は京福商務酒店

フロントの女姐が言うのは180元であったが
2泊するとの条件で1泊160元にしてくれるのと
そこそこ綺麗な部屋だったので泊まる事にした。

後日、街歩きも兼ねて北京路駅周辺の宿をあたったが
さすがに繁華街だけに、一様に高かった。


20151218194033440.jpeg


それとこの宿であるが繁華街の北京路からは
横道にそれて、10分程度離れているので静かである。

なんと言っても地下鉄 北京路駅までは
歩いて3分の距離と利便性も良い。




関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。