アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本日のレート&マンダウェイ市 居酒屋 神楽

2016年1月21日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



今回はマンダウェイ市の宿に滞在のために
セブでのいつもの両替所「オスメニアサークル」までは

歩いてアクセス出来ないのでジプニーを乗り継いで向かう。
先ずはマンダウェイ市のタナカメンバーズHOUSE前の

AS フォーチュナ ストリートから1回目のジプニーに乗車
そのジプニーでMC ブリオーンズストリート「通称 ハイウェイ」
まで7ペソで向かいハイウェイと交差するジョルビーで下車


20160124074823e9c.jpeg


交差するMC ブリオーンズストリートから「セブシティ」と
ジプニーの横ボディに書かれたのに乗っかり25分は

走るだろうか。終点が「セブ メトロポリタン カテドラル」
日本風に言うと「セブ メトロポリタン大聖堂」

ここから数分のところに有名な「サントニーニョ教会」がある。
帰りもここから乗ればマンダウェイ市まで帰れちゃう。
合計14ペソ 35円のドライブである。


20160124074854f7e.jpeg


セブシティでの両替はオスメニアサークル付近に
多く見られる両替所へ行けば良い。今回はロビンソンからの

陸橋を渡って降りたところに地下にある両替所があり
他の店よりも高く1万円→4075ペソだった。その後は恒例で

旅で履くお気に入りのサンダルをロビンソンで買って、ダウンタウンの
コロン地区を歩きマンダウェイ市までジプニーで戻った。


20160124074923ebf.jpeg


夜は仙台の安倍ちゃん行きつけの日本料理店「神楽」で

年金暮らしの邦人組と混ざって飲み会に参加


201601240750480e8.jpeg


邦人組の皆さんは昼間はゴルフ。夜はここ神楽で

反省会と称した飲み会のようで老後を満喫されておられた。


20160124074954463.jpeg


マンダウェイ市の日本料理屋だけにお代は日本と変わらないか

高いくらいで、1人 1000ペソ〜1500ペソの予算だろう


201601240750488c2.jpeg


向かって左端の方が神楽の名物社長でナオキさん

商売繁盛って顔ですね。ありがとうございます。





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。