アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


セブ島 リロアン ナカタゲストHOUSE&レストラン

2016年1月22日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



マンダウェイ市 ASフォーチュナストリートの
タナカメンバーズHOUSEでとりあえずは1泊だけして
次はマンダウェイ市から北へ30分に位置したリロアン地区へ


20160126061358998.jpeg


セブ島には南の端のリロアンが有名だが、そこではなくて
そのリロアンにも仙台の安倍ちゃんの定宿があるらしく

案内してもらった。タナカメンバーズHOUSEからの
アプローチは良く、宿の目の前からジプニー15ペソ
37円で行けてコストパフォーマンスは申し分ない


20160126061357027.jpeg


このリロアンって街はセブ北部へ向かうバスは必ず
通る交通の要のハイウェイ沿いにあり、ダナオ市の

少し手前にある街であり、ここに日本人が経営する
宿があり1階はレストランになってるらしい


20160126061319e1a.jpeg


ジプニーをリロアンのガイサノスーパー前で降りて歩くこと
3分で到着、お店には「ビラ・ナカタ」とサインボードが

出ていて、1階はこじんまりとしたレストランと呼ぶよりも
食堂が併設されており料理一品の値段も安くお得感に溢れている。


20160126061322ad0.jpeg


宿は長方形に長く奥行きがすごくあって突き当たりは

海に面して眺めも良く海風も心地よく落ち着けた。


201601260614414f7.jpeg


今回、あてがわれた部屋である。
エアコン・ホットシャワーがついたツインルームで

通常時の料金は1泊 1000ペソ 2500円、今回はオーナーの
KENさんの計らいで半額の500ペソ1250円で泊まらせて頂けた。

(今後はバックパッカーHOUSEも作る予定だそうです)


20160126061439577.jpeg


中央 黄緑色のシャツの人がオーナーのKENさんで
昔は関東で活躍していた「ザ・コミックス」と呼ばれる
お笑いのグループのいちメンバーだったそうだ。


ここをクリックすると今回、お世話になったチロリン村のブログが見れます。





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。