アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン ドゥマゲッティ 安宿 ヴィンテージInn

2016年1月24日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



セブからバスとフェリーを乗り継いで5時間、ようやく
ドゥマゲッティに到着した。ここでの宿はいつもの

ヴィンテージInn ゲストハウス、ここからは安倍ちゃんから
僕にバトンタッチしていろいろとフォローミーしていく。


20160128100712f17.jpeg


ドゥマゲッティの町は地方都市でありながら一応は都会と
呼んで良いのか、わからないが大型スーパーやら

マクドナルド、外人向けのレストランと揃っていて
イミグレーションも街中にあったりと利便性が良いだけに

ここ数年、欧米人のリタイア組をすごく目にする。
ここでの庶民の足、トライシケルにしてもたとえ流しで

あろうが一律 8ペソと決まっており値段交渉は不要だ。
たまに外国人と見ると料金をごまかそうとする輩もいるが
降りる際に8ペソ払って、黙って立ち去れば万事OKである。


20160128100710432.jpeg


兎にも角にもフィリピン人の明るさには心が和むね
この時も市内のバスターミナルへ帰りのセブまでの

スケジュールを調べに行くと、ガードマンと職員が
目ざとく近寄って来て写真を撮れって具合でポーズを決める。


201601281007548c8.jpeg


ドゥマゲッティでの定宿であるヴィンテージInn ゲストハウス
受け付けには昼勤務の「マツコデラックス」こと

「ガマガエル」似の叔母さんが1年半ぶりの訪問ながら
僕の顔を見るや即座に名前を覚えていて呼ばれたのには驚いた。


201601281007581dd.jpeg


シングル・エアコン・トイレ・ホットシャワー

575ペソ 1440円 Wi-Fi 完備である。


20160128100734281.jpeg





201601281007328fe.jpeg


夕食兼夜の呑みは、ここドゥマゲッティは学生の町だけに
おかずを選んで皿にのせてもらうコストパフォーマンスな

トロトロ「フィリピン版 食堂」スタイルの店へ入った
ものの学生の風紀上からか残念ながらお酒が置いて無く

それならばと持参の隠し酒「隠しワイン」で
ご満悦の飲んべえ仙台の安倍ちゃんww

さて明日はシキホール島へと渡る。





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。