アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン ティカオ島 BATUAN サンフェルナンド

2016年2月6日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



さてマスバテ島を移動して次なる地へ向かうとする。
たいそうに書いてはいるが実は、直ぐ上の小さな島で

マスバテ島から45分の距離にあるティカオ島である。
ここも例外ではなく、ネットでの詳しい情報が無く

現地点での予定は、今夜はティカオ島で1泊して明後日には
ルソン島・BURANへ上陸してやろうと考えている。


20160212182109b9f.jpeg




20160210223902aa2.jpeg


そんな訳から、マスバテ市内の宿からトライシケル8ペソで
さほど遠くも無い歩いてでも行けるメインの港へGO

マスバテ〜ティカオ(BATUAN)港 80ペソ 200円
ターミナルフィー 30ペソ 9:00出発


20160210224035d7d.jpeg


海上はいたって穏やかで海風が心地よいバンカー日和だ
バンカーボートから発するバタバタと唸るエンジン音も

凪いでるだけにいつになく耳につく移動だった。

ティカオ(BATUAN)港 10:00着


20160210224154559.jpeg


港に到着するやバンカーから降りてくる乗客目当ての
ポーターやらここからの移動手段であるハバルハバル

(バイクの後ろに乗っかるタクシーと呼ばれる)
ドライバーやらに取り囲まれる。

(旅行中の更新のために画像は極端に控えています。)

ティカオ(BATUAN)の港では宿泊施設は確認出来ずだ
のんびりとスローな時間が漂う、1泊くらいなら泊まっても
良いな〜〜って思わす、観光化とは無縁の港町である。


2016021022431596f.jpeg


港には予想どおりにVANが待機しており、バンカーボートから
降りた客、数名が先を争うように乗り込んだ。

VANに乗り車窓から見るティカオ島をひと言で
言い現わすとネイティヴ。。。 辺境とも言える
手つかずの自然が色濃く残る素朴さが詰まった島である。


20160210224501ad0.jpeg


途中で道路を閉鎖して警察官による検問が行われていたが

軍の姿は見られなかったのでキナ臭い土地では無いのだろう


2016021022553515e.jpeg


ティカオ(BATUAN)港を10:00頃に出た乗り合いの
VANはティカオ島の西海岸から東海岸を30分余りで横断し

VANのドライバーはおもむろに後部座席に座っている私を
見ながら、ルソン島 BURANに渡るんだろう

ここサンフェルナンドで降りろと次のバンカーボートは
13:00だと合図し手を振って「良い旅を」とひと言

言い残して車を発進させて行った。
ティカオ(BATUAN)〜サンフェルナンド 80ペソ 200円
僕はバックパックを背負いこの小さな港町を探索するのであった。






関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。