アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン ティカオ島 サンフェルナンド

2016年2月6日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



マスバテからティカオ島(BATUAN)の港へ降り立ち
乗り合いVANに揺られ30分余りでルソン島・BURANへ

渡るバンカーボートが出ている港町のサンフェルナンドに
到着した。途中小さな町を通り過ぎたが宿泊施設らしき

ものは見なかった。それ以外にもフィリピン人が利用する
料金だけは立派なビーチリゾートと呼ばれるベーシックな
宿も見なかった。そのうちにVANはサンフェルナンドに到着


20160212182109b9f.jpeg





20160211191553682.jpeg


ここサンフェルナンドもVANの車窓から見た限りでは
宿らしき建物も確認出来ず、しかも小一時間もあれば

町の全貌を見て回れるほどの小さな町で、ここで泊まるのは
どうしたものかと脳裏に浮かんだが、幸いにも

ルソン島・BURANへの次のバンカーボートは13:00発
現在時刻は10:30分、選択の最終決断には時間はたっぷりとある。


20160211191218bec.jpeg


港から直ぐの所にサリサリストアがあるので
少しばかりの小銭を渡し大きなバックパックを預かって

もらおうと叔母さんに頼むとお金は受け取らず、気にせず
置いとけと言う。行為に甘え身軽なカッコで町歩きを始めた。


201602111917280c3.jpeg


サンフェルナンドの街は歩いて見てまわっても
15分も有れば見て回れる程度と小さく宿泊施設なども

無いので、これ幸いと今日は13:00の最終バンカーで
ルソン島・BURANまで抜ける事にした。


20160211192050617.jpeg


この島、この街には都会には無い、恐ろしくのんびりした

島時間が流れており、何も無いが平和な時が流れていた。


20160211191823994.jpeg





20160211191934d4e.jpeg


ひととおり、町を歩きまわったが最終バンカーボートの
出航時間の13:00まで、まだまだ時間がある。
次はいつ来るかも知れない、この港町を目に焼き付けておこう。





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。