アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン ティカオ島からバンカーボートでルソン島・BURANへ

2016年2月6日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



予定ではルソン島・BURANへの船着場がある町の
ティカオ島 サンフェルナンドで1泊しようと町を散策したが

宿泊施設は見当たらずじまいで、それならばと予定を
変更して一気にルソン島・BURANへ抜ける事にした。

バンカーボートの出発時間は13:00で、この時間で
どうやら1日の最終の便らしい。


20160212182109b9f.jpeg




20160212074246cd8.jpeg


ここで整理するとマスバテ島からティカオ島へ向け乗船した
9:00発のバンカーボートは正解であった。

もしマスバテの港をのんびりと出発しここサンフェルナンドに
到着していれば13:00の最終バンカーボートに乗れない
可能性が出てくる。くれぐれも注意である。料金は120ペソ


20160212074254851.jpeg


13:00発のルソン島・BURAN行きバンカーボートは

地元、サンフェルナンドの子供達に見送られ港を後にした。


20160212083256643.jpeg


バンカーボートは1時間の航海でルソン島・BURANへ

到着した。港の桟橋から見たBURANの街並み


2016021208362693c.jpeg


ルソン島・BURANの港からはトライシケルで20ペソ

およそ15分の距離でバスターミナルに到着である。


2016021208370571c.jpeg


バスターミナルを出て直ぐの車窓からは田舎町の印象を受けた。


20160212083757b3f.jpeg


このあたりも一昨年にサマール島を襲った台風「ヨランダ」の
影響があったのか途中で椰子の木が倒れていたり

トタン屋根が剥がれていたりと、いたるところで
その爪痕らしきものが見られ、教訓からか多くの

家屋の屋根が危険なトタン屋根からニッパの屋根に
張り替えられてる村・町が目に見えた。

さてバスは今宵の宿泊地であるソルソゴンへ向けて走る。





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。