FC2ブログ
アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2019.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

全ての記事を表示する

ここを開くと
全ての旅日記を
検索できます。


プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


フィリピン ルソン島 ナガ 街ぶら歩き-1

2016年2月7日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。




移動の旅はルソン島 ビコール地方 ナガで滞在している。
ルソン島に上陸してからソルソゴンを初めとして雲の多い

天候が続いている。ただ幸いなのはバスで移動中に雨に降られ
目的地に到着すると雨がピタリと止む幸運を引き連れている。


20160214090001f7f.jpeg




20160213190809eb1.jpeg


宿に荷物を置いて、街ぶらに出かけようと、空を見上げ
折り畳み傘を持参すべきか自問している。

以前は街ぶらの際にはモンベル製のディパックを
背負っていたので、バックの一部にやはりモンベル製の

折り畳み傘を収納するポケットが有り、出掛ける際は
忘れる事は無かったのだが最近は小型ショルダーバックを

愛用し、コンパクトなゆえ、ディパックから傘を積み替えて
ショルダーバックが膨らむのを避けるがゆえ
ついつい部屋に置き忘れる始末である。


20160213191019839.jpeg


取り敢えず向かったのは、クリスチャンでも無いのに
Naga Cathedral 要するに教会である。

この時は教会の扉は固く閉ざされミサも行われて
いないだけに、人の姿も少なく静まりかえっていた。
地元の人は、ナガのメイン教会だと教えてくれた。


20160213191150826.jpeg


ナガ教会から歩くこと10分の所にあった『左手』
サンフランシスコ教会であるが、こちらは打って変わって
庶民の人々がたくさん訪れており活気はあった。


20160213192114802.jpeg


その後はあてもなく、気分次第、目に入った雰囲気次第で
ナガの繁華街と呼ばれる地区を歩きまわった。

General Luna ストリートと呼ばれる区域が賑やかで
食べ物屋も多く地元の人で終日、混雑していた。


201602131922466f5.jpeg


この日、町歩きでたった1台だけ見た馬車である。
ここナガも12月〜1月にかけてビコール地方では

有名なフェスティバルが催されるらしが
普段は、何処にでもあるような地方都市にすぎなかった。





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY