アジアのマイナーな土地をコスパに旅しよう asiadiver.jp/


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

あじあの☆くん

Author:あじあの☆くん


住所不定永遠の旅行者

将来の終生の棲み家を

探す旅をしています。


blog 使用 機材




2013年下半期以降の
blog カメラは
RICOH GR APS-C



2013年以降の
blog サブカメラは
Canon PowerShot S110



2012年前半の
blog 画像は
Nikon D7000
AF-Sナノクリ・85/1.4



2012年前半の
blog サブカメラは
Nikon V-1

gf-1

2011年後半の
blog 画像は
Nikon D90 AF-S
DX 18-200G VR

s95

2011年後半の
サブカメラ
Canon S95

gf-1

2009年12月以降の
blog 画像は
Panasonic GF1



2008年8月以降の
blog 画像はLX-3



2008年8月以前の
blog 画像はGX100



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


このblogの記事を検索する!


カテゴリー


全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

あじあ tea & cafe 旅日記を
最初から通しで読めます!


最近の記事


最近のコメント


リンク

このブログをリンクに追加する


LCC 交通機関 リンク

Cebupacific Air

Cebupacific Air

jetstar Air

jetstar Air

Tiger Air

Air Asia

Tiger Air

Tiger Air

PAL Express Air

Cebupacific Air

peach Air

peach Air


多機能 検索エンジン




2005年当時に私が
撮影した動画で

周辺民家は現在取り壊され
空地に成っちゃいました。




2007年に訪れた
インドネシアです。
あじあんタイム♪


お願い

読み終えたら↓クリックしてくださいね

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へブログランキング・にほんブログ村へ


FC2カウンター


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


フィリピン プエルトガレラ サバン日本人会

2016年2月10日
iphone 6 画像編集・リサイズ後に更新
今回の旅での使用 機材 RICOH GR APS-C & iphone 6

旅先での更新のために画像・文章は控えております。
お暇な時にでも再訪して下さい。



久しぶりにサバンビーチ上陸。。って言っても2014年に
相方に知人のQ太郎くんと訪れてダイビングを楽しんでいる。

今回の目的はダイビングではなく、当ブログを読んで
頂いている読者さまである太田氏との情報交換がメインに
いろいろと旅のお話をしていきたいと考えている。


20160216221957348.jpeg





201602170737278aa.jpeg


変貌仕切ったサバンビーチ。。。
「昔は良かったなど」と野暮なことを書こうとは思わない。

じゃあ今はダメなのかい。。どうなんだい。。
って話になり、もう戻る事は出来ないのだから
今を楽しめば良いだけの話である。


2016021707375481a.jpeg


今回、私をサバンビーチに導いてくださった太田氏(写真中央)
左の方は、今回が初対面になる修さん。。

実は太田氏とは数年前に大阪駅前で1度だけ顔を合わせて
いるのだが、なにぶん急な事だっただけに時間もなく

数十分程度の立ち話をしただけにすぎない、ほんの少しの
コンタクトだったので、強いて言えばご両人とは今回が
初めてのお喋りと言っても過言ではない訳でもある。


20160217073754333.jpeg


太田氏に修さんとは同じ大阪人と言う事で地理的な内容は
お互い黙認して会話が弾み、ご両人が仲良くされてる共通の

知人でもある、シゲさん(右側から三人目)関東在住
カイさん (右側から三人目)岩手県 在住

お二人を紹介して頂けた。皆さんは、サバン日本人会の
メンバーであり、今のような日本が厳冬期はもちろん
年間、数回、サバンビーチへ骨休めに来られるようである。


20160217073752ed6.jpeg


サバンビーチも宿はもちろんのこと、レストランなど
来るたびに新規開店、もしくは代変わりと目まぐるしく

出来ており、そうなると美味しいレストランだけが
生き残ると、滞在者・旅行者には喜ばしい事である。


201602170737252e5.jpeg


巻頭で書いたように、現在は各国からの旅行者で溢れ
サバンビーチの宿が品薄状態が続いている。

その証拠にいつもなら、バタンガスからのバンカーボートを
下船後は宿の斡旋を生業にしている人間が近寄るやいなや

早口でまくしたてるように宿の紹介をされるのだが
今回は皮肉にもまったく誰一人と声をかけられなかった。





関連記事



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。